パソコンなしの場合を含み、iPhoneを強制初期化する方法

例えばiPhoneが急に動かなくなったり、パスコードを忘れてロックを解除できなくなったり……このような場合には、iPhoneを強制的に初期化する必要があります。しかし、多くの方はその方法をご存じないと思います。

そこで、本記事ではiPhoneの強制初期化の方法をまとめてご紹介します。「パソコンを持っていないので、できるか不安……」という方もご安心ください。パソコンを使わないやり方にも触れていますので、是非トライしてみてください。

iPhoneで強制初期化が必要な場合

iPhoneに不具合がある場合(例えば:アップデートできない、カメラロールをうまく使用できない…)。普通に電源が入って操作できるものの、一部の動作がおかしい、という時にも強制初期化は有効です。例えばiOSのアップデートが上手くいかない、カメラロールが開けないなど、このような症状が出ているときには無理して使い続けずに強制初期化しましょう。

iPhoneの電源が入らない場合

あるいは、バッテリーが十分に残っているにもかかわらず電源が入らないという場合には、iOSが破損している可能性が考えられます。強制初期化でソフトウェア(iOS)を新しくダウンロードすることにより、再び動くようになるかもしれません。本体のほうに原因がある場合もありますが、まずは強制初期化してみましょう。

iPhoneを他人に譲る場合

機種変などで不要になったiPhoneを他人に譲る場合にも、強制初期化は必要になります。「手動でデータを消していけばよいのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、iPhoneを完全に明け渡すにあたって初期化(つまり工場出荷状態に戻す)しておいたほうが確実ですし、何より安心です。見落としによるトラブルを防ぐためにも、iPhoneを手放す前には必ず強制初期化を行いましょう。

iPhone画面ロックを解除できない場合

パスコードを忘れるとロック画面から先に進めなくなり、iPhoneが全く使いものにならなくなります。そんな時にも強制初期化は有効で、パスコードを含めたiPhoneに関する・データを一度ゼロにすることができます。

iPhoneを強制初期化する前にやっておくこと

強制初期化すると、当然ながらiPhoneのデータはすべて消去されてしまいます。よって、残しておきたいデータがある場合は、バックアップを取って後で復元できるようにしましょう。なお、iPhoneでのバックアップの取り方はiCloudとiTunesの二つが一般的です。

iCloudでiPhoneのバックアップを行う

パソコンをお持ちでない方は必然的にiCloudでバックアップを取ることになります。

ただし、iCloudでバックアップを取るにはWi-Fiに接続する必要があります。また、5GB以上のデータを保存する場合は有料になることだけ注意しておいてください。無料分の5GBのストレージはすぐに一杯になってしまうので、月額課金(最安値の50GBプランで130円/月)が前提の方法となります。

  • まず、iPhoneをWi-Fiに接続し、[設定]アプリを開きます。次に、一番上の[(ユーザー名)]を開き、その中の[iCloud]をタップします。

    iCloud バックアップを行う
  • 下のほうにある[iCloudバックアップ]を開き、同項目をオンにすると表示される[今すぐバックアップ]をタップします。

  • あとは自動でバックアップを作成してくれますので、完了するまでWi-Fiとの接続を切らずに待っていればOKです。

    iCloud バックアップを行う

iTunesでデータをバックアップする

パソコンをお持ちの方は、iTunesでバックアップを取ったほうがよいでしょう。パソコンを立ち上げ、ケーブルを使ってiPhoneを接続するという手間の代わりに、こちらはどれだけ大きいデータを保存しようとも無料です。

  • まだiTunesを持っていないという方は、Microsoft StoreなどからiTunesをインストールしましょう。それからLightningケーブルなどを使ってiPhoneとパソコンを接続します。

  • なお、初回時はiPhoneの画面のほうに「このコンピュータを信頼しますか」と表示されますので、[信頼]をタップします。また、パスコードを設定している場合はそちらも併せて入力しましょう。

    このコンピュータを信頼しますか
  • iTunesがiPhoneを認識すると、初回時は画面上に「新しいiPhoneへようこそ」と表示されます。画面上の必要な項目にチェックを入れ、[続ける]→[開始]をクリックしてください。

  • すると、画面の左上にiPhoneのアイコンが表示されますので、こちらをクリックします。

  • iPhoneの情報の画面に切り替わります。このうち、「バックアップ」という項目内の[今すぐバックアップ]をクリックします。

  • 自動的にバックアップが開始するので、iPhoneとの接続を解除せず、そのままお待ちください。

パソコンなしの場合にiPhone 初期化を強制的にする方法

バックアップは取りましたか?では、実際にiPhoneを強制初期化しましょう。以下ではパソコンを持っている場合/持っていない場合で分けてご紹介しますので、ご自身の状況に合った方法をお選びください。

方法1: iPhoneのリセットから消去する

まずは、本体の設定からのやり方です。

  • [設定]アプリを開き、[一般]>[リセット]とタップしていきます。

  • 上から二番目の[すべてのコンテンツと設定を消去]をタップします。

  • なお、iCloudでバックアップを取っている方は、ここで「消去する前にiCloudバックアップをアップデートしますか?」と聞かれます。既に最新版のバックアップがあれば、[今すぐ消去]をタップしても大丈夫です。

  • パスコードを設定している場合は、ここでパスコードを入力します。

  • 確認ウィンドウの[iPhoneを消去]を2回タップすると、iPhoneの初期化が開始します。

    iPhoneをリセット

方法2: 別の端末で「iPhoneを探す」からiPhoneを初期化する

別のデバイス(タブレット端末など)をお持ちの場合は、iCloud経由で強制初期化を行ってもよいでしょう。先ほど紹介した「設定」アプリにアクセスできない場合、つまりパスコードを忘れてホーム画面に進めなくなってしまった方はこちらを利用しましょう。

  • まず、iCloudの「iPhoneを探す」にアクセスし、画面の入力欄にApple IDとパスワードを入力します。

  • すると、iPhoneの現在地周辺の地図が表示されます。画面上部の「すべてのデバイス」をクリックし、デバイス一覧から該当するiPhoneを選択します。

  • 選択したiPhoneに対する操作が表示されるので、このうち「iPhoneを消去」をクリックします。

    「iPhoneを探す」からiPhoneを初期化
  • 次のウィンドウが開いたら[消去]をクリックします。

  • 確認のため、再びApple IDのパスワードを入力します。

  • この後、iPhoneに表示する電話番号やメッセージを入力するよう求められますが、無視して先に進んでください。すると、iPhoneが遠隔で初期化し始めます。

    「iPhoneを探す」からiPhoneを初期化

方法3: 同じApple IDを登録しているデバイスで「探す」を利用する

先ほど紹介したのは「iPhoneを探す」のブラウザサイトからの方法でした。他にお持ちのデバイスがiOSデバイスの場合は「探す」アプリが利用できるため、こちらの方法も見てみましょう。

  • まず、同じApple IDでサインインしている別のiOS端末(iPadなど)で「探す」アプリを開きます。デフォルトアプリなのでホーム画面のどこかにあるはずですが、見当たらない場合はApp Storeで「探す」と入力して検索すれば出てきます。

  • すると、自分のiOSデバイス一覧が表示されますので、強制初期化したいデバイスのところでタップします。

  • 選択したiPhoneに対する操作オプションが表示されます。下にスクロールし、[このデバイスを消去]というところをタップします。

    「探す」でiPhoneを初期化
  • 「iPhoneを消去しますか?」と出ますので、[続ける]をタップします。

  • ブラウザ版の時と同じく、電話番号やメッセージの入力は無視して先に進みましょう。「メッセージを入力」画面で[消去]をタップすると、Apple IDのパスワード入力が求められます。

  • 入力後、再び右上の[消去]をタップします。これでiPhoneが遠隔で強制初期化されます。

    「探す」でiPhoneを初期化

パソコンがある場合にiPhoneを強制的に初期化する方法

パソコンをお持ちの場合は、iTunesやソフトウェアを使って行うと便利です。

方法1:iPhoneをリカバリーモードにして強制初期化する

  • まずは、iPhoneを「リカバリーモード」という状態にして行う方法です。この方法ではiTunesが必要なため、まだインストールしていないという方は最初にインストールしましょう。

  • 次に、iPhoneをリカバリーモードにしますが、大きく分けて①iPhone 8以降、②iPhone 7シリーズ③それ以前 でやり方が異なります。お使いのモデルを確認し、以下の手順に従ってiPhoneを操作してください。

    iPhone 8以降のモデル(iPhone 12, iPhone SE(第2世代), 11, Ⅹなど)をお使いの場合:

    • 電源オフスライダが表示されるまでサイドボタンと片方の音量ボタン(上げる or 下げる)を同時に押し続ける

    • スライダをドラッグしてiPhoneの電源を切り、サイドボタンを押したままパソコンに接続する

    iPhone 7および7 Plusの場合:

    • サイドボタンを長押しして電源オフスライダを表示させる

    • 電源を切ったら、音量下げるボタンを押したままパソコンに接続する

    iPhone SE(第1世代)およびiPhone 6s以前のモデルの場合:

    • サイドボタン(またはトップボタン)を長押しして電源オフスライダを表示させる

    • 電源を切ったら、ホームボタンを押したままパソコンに接続する

  • リカバリーモードに成功すると、iTunes上に次のようなウィンドウが表示されます。二つの選択肢のうち、[復元]を選択してください。

    iPhone リカバリーモード 強制初期化
  • 「工場出荷時の設定に戻してもよろしいですか?」と表示されたら、[復元とアップデート]を選択してください。

    iPhone リカバリーモード 強制初期化
  • これでiPhoneの初期化が始まります。

方法2:Tenorshare ReiBootを利用して、iPhoneを強制リセットする

リカバリーモードが上手くいかない場合などには、より簡単な操作で強制初期化できるソフトウェアを使うとよいでしょう。中でもTenorshare ReiBootは直感的な操作が特徴のソフトで、パソコンが不得意な方でも簡単にiPhoneを強制初期化できるため、オススメです。

  • まず、お使いのパソコンにTenorshare ReiBootをインストールします。次に、Apple純正のケーブルを使ってiPhoneをパソコンに接続します。

    iPhoneをPCに接続する
  • メイン画面が開いたら、[デバイスをリセット]をクリックしてください。

    iPhoneを初期化
  • 次の画面では、初期化方式を選択します。このうち、[完全リセット]をクリックしてください。

    iPhoneを完全リセット
  • [ダウンロード]をクリックし、最新のファームウェアをダウンロードします。

    「ダウンロード」をクリック
  • ファームウェアのダウンロードが終わったら、[リセット開始]ボタンをクリックします。

    「リセット開始」をクリック
  • iPhoneの初期化には少し時間がかかります。そのままの状態でしばらくお待ちください。これで初期化が完了しました。

    リセット完了

動画の説明付き:

まとめ

本記事では、iPhoneの調子が悪い時に有効な方法として、強制初期化のやり方をご紹介しました。「電源が入らない」「特定の機能が使えない」などの症状の大半はiOSの破損が原因ですので、ほとんどの場合は強制初期化を行えば改善します。また、人にiPhoneを譲渡する場合にも強制初期化が必要です。その際、データを残しておきたいのであれば必ずバックアップを作成しましょう。また、強制初期化方法にはiCloud、iTunesなどがありましたが、パソコンをお持ちであればTenorshare ReiBootを使った方法が一番簡単です。他の方法が難しくて上手くいかなかった場合などには、是非Tenorshare ReiBootをご利用ください。

関連記事: パスコードなしでiPadを初期化するやり方

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone 13/13 mini/13 Pro/Pro MaxおよびiOS 15.4に対応

  最終更新日 2021-09-23 / カテゴリ  iPhone初期化

(クリックしてこの記事へコメント)

(3 票、平均: 4.3 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください