iPhoneのiOSアップデート不具合、「App Storeに接続できません」…

  iPhone X/8/8 Plus/7/7 Plus/SE/6s/6s/5sなどのiOSデバイス向けの最新バージョンiOSが正式リリースされました。しかし、最新iOSにアップグレード後、iTunes Store、iBooks Store、App Store を開こうとしたときに、「iTunes Store に接続できません」という警告メッセージや似たようなメッセージが表示されることがあります。iTunes Store、App Store、iBooks Store に何も読み込まれなかったり、コンテンツのダウンロードの途中で予期せず停止してしまったりすることもあります。

  その時は、どうすれば改善できますか?今回は、iOS 12にアップデートした後、「App Storeに接続できません」という不具合が出た場合の対処法について、ご紹介しています。

アップデート不具合、「App Storeに接続できません」と表示される時の通常対策

1. AppStoreを一度終了して、再開する

  まずはAppStoreアプリを一度終了してから再開します。ネット環境による読み込みが遅い場合、アプリの終了と再会を数回繰り返せば、問題が簡単に解決できるかもしれません。

2. iPhoneで3G/4GとWi-Fiの両方で試す

  また、自身の通信環境に原因がある可能性があります。インターネットに接続しているかどうかを確認して、接続中であれば、3G/4GやWi-Fiを切り替えてサインインを試みてください。

iphone wifi

3. 日付、時刻、時間帯の設定をチェック

  iOSデバイスの日付、時刻、時間帯が正しく設定されていない場合、iTunes Storeの動きに支障が出る事もあるそうですので、「設定」を開き、この3つの項目が正確に設定されたかを確認してください。

4. iPhone/iPad/iPod touchを再起動

  普通、iPhoneやiPad本体を再起動してから、またApp Storeにサインインを行う際は、ストアサイト内の内容が表示できるようになります。

iphone 再起動

App Storeに接続できない問題を修復ツールで修正

  iOS修復ツール『Tenorshare ReiBoot』の利用で、iPhoneの不具合を改善することもできます。操作手順については、まず「リカバリーモードに入る」をクリックして、接続中のデバイスをリカバリーモードに突入させてたら、次に「リカバリーモードを解除」をクリックします。しばらくして、携帯が自動的に起動します。その後、App Storeはうまく動作するかをもう一度チェックしましょう。

アイフォン 復元

6. データ消去せずにiPhoneをiOS 11へダウングレード

  上記の方法で全部ダメな場合は、Tenorshare ReiBoot の「全てのiOSフリーズ修復」機能によって、既存データを消去せずお使いのデバイスをiOS 11にダウングレードすることができます。

  「全てのiOSフリーズを修復」→「今すぐ修復」の順にクリックして、修復を始めます。5分ほど待てば、お使いのデバイスはiOS 11にダウングレードできます。

iPhone ダウングレード
最後に

  以上はiPhoneのApp Storeに接続できない問題の対処法です。iOS 12にアップデートした後、App Storeアプリを起動したら「App Storeに接続できません」というエラーメッセージが表示される時は、上記の方法を試してみましょう。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS 11 Follow @山崎 あずさ