iOS不具合修復

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

リンゴループでiphoneの電源切れない?対処法を紹介

iPhoneを起動したらAppleロゴのリンゴマークが消えない状態になり、電源が切れないという話を聞いたことはありませんか。iPhoneでリンゴマークが表示され続ける状態をリンゴループと呼び、この不具合には電源が切れない、強制終了ができないなどの特徴があります。iPhoneが操作できず、電源も切れない場合、リンゴループを直すためにどんな方法が取れるでしょうか。本記事では、iPhoneがリンゴループになり電源が切れない場合の対処法をご紹介します。

Part1:リンゴループが起きてしまう原因

まずは、リンゴループが起きてしまう原因から見ていきましょう。

原因1:ソフトウェアの不具合

iPhoneでリンゴマークが表示されたまま消えない原因としてソフトウェアの不具合が挙げられます。iPhoneのソフトウェアとは命令を出すプログラムであるiOSを指し、iOSの不具合を改善する方法を試すと症状が解消されます。

原因2:iPhoneの基板が故障

基板とはiPhoneの通信や入力操作など様々な機能を司る部品です。iPhoneを落としたり、水没させたりするとiPhoneの基板が故障してリンゴマークが出たまま電源が切れないなどの不具合が発生する場合があります。

原因3:iPhone本体が破損

iPhoneは起動するときに各部品が正常に動作しているのか確認する機能があります。そのため、画面が割れていたり、ホームボタンが破損していたりするとシステムがiPhone本体の損傷を感知して動作を停止、結果としてリンゴマークがついたり消えたりする現象に陥ることがあります。

原因4:アップデートに失敗

アップデート中にネット回線が切れてまったり、容量が不足している場合はリンゴループが起こる可能性があります。

Part2:リンゴループでiphoneの電源切れない時の対処法

次はリンゴループでiPhoneの電源が切れない時の対処法です。

対処法1:IOS不具合修復ソフトでリンゴループから復元

IOS不具合修復ソフトは何種類もありますが、ここでは業界No.1のIOS不具合修復ソフトreibootをご紹介します。Reibootはデバイスのデータを保持したまま修復が可能な機能性の高いIOS不具合修復ソフトです。iOS不具合の修復以外に、リカバリーモードの起動と解除、iOSデバイスの初期化とアップデートなど豊富な機能が備わっています。画面に表示される指示に従い操作するだけでiPhoneのリンゴループを修復できる、非常に使いやすい操作性が最大の特徴でしょう。事前準備としては、パソコンにiOS不具合修復ソフトReibootをダウンロードしてインストールします。

  • パソコンでReibootを起動します。USBケーブルを使用してパソコンにiPhoneを接続して、 「開始」をクリックします。

    Reibootを起動
  • 「普通モード」を選択します。高級モードは「普通モード」よりも強力な修復モードとなり、デバイスのデータは消去されます。そのため、「普通モード」で修復してもiOSの不具合が改善されない場合の利用が推奨されています。

    普通モードを選択
  • ファームウェアが検出されるので「ダウンロード」を押します。「普通モードを開始」をクリックします。

    iOSファームウェアを読み込み 普通モードを開始
  • 修復が完了するとiPhoneは再起動されます。

対処法2:iPhoneを強制再起動

iPhoneを操作できなければ通常の方法で電源を切ることはできません。そのため、強制的に電源を切る操作をしてiPhoneを強制終了させましょう。強制終了の方法はiPhoneのモデルによって異なります。iPhoneの電源を切った後は、通常通りの方法でiPhoneの電源を再び入れてリンゴループが解消されたか確認します。

  • iPhone 8以降:1.音量を上げるボタンを押して素早く放し、同じ手順で音量を下げるボタンを押します。2.サイドボタンを長押しします。3.Appleロゴのリンゴマークが表示されたら、ボタンを放します。
  • iPhone 7、7plus:1.音量を下げるボタンと電源ボタンの両方を同時に押し続けます。2.リンゴマークが表示されたら、両方のボタンを放します。
  • iPhone 6以前:1.ホームボタンと電源ボタンを同時に押し続けます。2.リンゴマークが表示されたら、両方のボタンを放します。
iPhoneを強制再起動

ヒント:

電源ボタンやホームボタンが効かない場合は、搭載されているアクセシビリティを使ってiPhoneの電源をオフにすることが可能です。注意するには、あらかじめ設定していなければ同機能は利用できません。

対処法3:バッテリーが切れるまで放電

iPhoneがリンゴループのまま強制終了できない時はバッテリーが切れるまで放電してみましょう。バッテリーの状態によっては1~2日かかる場合もありますが、電源がオフになることで不具合が解消されるケースがあります。

対処法4:iTunesで最新バージョンにアップデート

アップデート失敗によるリンゴループは、iTunesを使って最新iOSバージョンにアップデートすることで、リンゴループを治る可能性があります。手順は以下の通りです。

  • Step1: パソコンにiTunesを起動し、iPhoneをケーブルでiTunesに接続します。

  • Step2: iTunesウインドウの左上近くにあるデバイスボタンをクリックし、「概要」画面に進みます。

  • Step3: 概要画面にある「更新プログラムを確認」をクリックし、情報を確認してから、「アップデートを確認」をクリックします。

    itunesでアップデート

まとめ

iPhone画面のリンゴマークが消えないと通常の方法で電源は切れないままですが、iPhoneのリンゴループで強制終了ができないケースも生じる場合があります。IOS不具合修復ソフトreibootならiPhoneが強制終了できなくてもリンゴループを改善しつつ再起動させられます。リンゴループを含め150以上のiOS不具合に対応できるため、非常に役立つでしょう。

関連記事: 【iOS 15】「インターネットへの接続が解除されているため」と表示された時の対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone 13/13 mini/13 Pro/Pro MaxおよびiOS16 betaに対応