iPhoneの電源が突然頻繁に落ちる場合の対処方法

  使っているiPhoneの電源が突然頻繁に落ちる場合の対処方法は、実際に起こったとき冷静に行動するために知っておいて損はありません。このようなトラブルの発生時には、自分の使い方が荒いせいで壊してしまった、寿命を迎えてしまったとあっさり決め付けず、できることを実践するのが大切です。

iPhoneの電源が突然頻繁に落ちる時考えられる原因

  iPhoneの電源が頻繁に落ちるようになる原因はさまざまですが、主なものとしてはアプリをあげることができます。

  名指しでどのアプリが原因になった事例があると詳しく述べることはしませんが、これまで多くのアプリが原因でこのようなトラブルが起こりました。

iPhoneの電源が頻繁に落ちる時の通常対処方法

  iPhoneの電源が突然頻繁に落ちる問題の対策としてはさまざまな方法があります。

  • iPhoneのハードリセット
  • iOSのアップデート
  • バッテリーリフレッシュ
  • リカバリソフトウェア

iPhoneをハードリセットする

  iPhoneのホーム画面で「設定」をタップし、次に「一般」→「リセット」を選択し、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。パスコードを設定していれば入力を求められますので、その場合ハードリセットの実行は入力後です。

  この方法を行なう場合には事前のバックアップ取得を推奨します。

iOSを最新バージョンにアップデートする

  「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」の順に選択していけばOKです。

  バッテリー残量がまだけっこうあるはずなのに、まるで突然死でもするかのようにiPhoneの電源が入らない状態になる場合には、次のバッテリーリフレッシュを試してみてはいかがでしょうか。

バッテリーリフレッシュを試す

  iPhoneを充電量100%まで充電後、0%で電源が落ちるまで消費させ、再度100%まで充電します。実際量と表示にズレが生じていることがあるため、100%表示になったあと1~2時間は充電を続行、0%になったあとも何時間か放っておくのがおすすめです。

データをさ消去せずにiPhoneを電源が落ちる不具合から簡単に復元

  上記三つの方法を実行してもiPhoneの電源が頻繁に落ちる問題を修復できない場合、iOS不具合修復ツール「Tenorshare ReiBoot」を試してみましょう。このソフトを利用すれば、4ステップでiPhoneを起動障害、画面フリーズ、リンゴループなど様々なトラブルから救出することが可能です。

  ステップ1:Tenorshare ReiBootをダウンロード&インストールします。そして、iPhoneをUSBでパソコンに接続します。

ソフトを起動

  ステップ2:一番下にある「全てのiOSフリーズを修復」ボタンをクリックして、今すぐ修復を選択します。

iPhoneを修復

  ステップ3:iPhoneを修復するための最新ファームウェアがをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

  ステップ4:「修復開始」をクリックして、修復作業を開始します。作業が完了後、デバイスが頻繁に落ちる状態から復元するようになります。

iPhoneを復元

  複雑な操作を行なうわけでもなく、誰でも簡単に利用可能なのがTenorshare Reibootのいいところです。修復中にデータを削除することもないので、安心して利用できます。

最後に

  どの方法も簡単に実践できますので、ひとつひとつ試してトラブルが解決しないかチェックしてみましょう。お金がかかる修理や別の機種への買い替えは、ひと通り今回ご紹介した対策を実行したあとでも遅くありませんし、症状が改善されれば余計な費用が発生することがなくお得です。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS不具合修復 Follow @山崎 あずさ