iOS不具合修復

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

機種変更後、Apple ID 設定をアップデートできない/終わらない時の対処法

Apple ID設定をアップデートできない、または終わらないといったトラブルが機種変更後に発生していませんか。アプリのダウンロードやデータのバックアップなど重要なサービスを利用する上で欠かせないApple IDですが、設定をアップデートしても進まないことがあります。今回はApple ID設定をアップデートできない時の対処法をご紹介します。

対処法1:パスワードの全角半角・大文字小文字を確認

アップルIDの設定をアップデートできないと何か問題が発生しているのではと思う方も多いですが、一旦落ち着いてパスワードの全角半角・大文字小文字を間違えて入力していないか確認してみましょう。実は、パスワードの入力ミスで次に進めなかったというケースがあります。

対処法2:iPhoneを再起動して、再試行する

iPhone本体に起きている不具合が原因でApple ID設定をアップデートしても終わらないのであれば、機種変更して新しくなったiPhoneを再起動すると解決することがあります。iPhoneが操作できる状態であれば通常の再起動を、操作できない状態なら強制再起動してみましょう。

【iPhone X以降】

  • 再起動: 片方の音量調節ボタンと電源ボタンを同時に長押しすると電源オフスライダが表示されます。電源を入れる場合は電源ボタンを長押しします。

    iPhone X以降 再起動
  • 強制再起動: 音量上ボタンを押して素早く離し、音量下ボタン押して素早く離し、電源ボタンを長押ししてAppleのロゴが表示されたら離します。

    iPhone X以降 強制再起動

対処法3:充電しながらアップデートする

iPhoneの充電が少ない状態でApple ID設定をアップデートしたけど、いつまでも終わらないため充電が切れそうという場合はiPhoneを充電しましょう。アップデートの最中にiPhoneの電源が切れてしまうと、なんらかのエラーが発生することがありますので時間がかかりそうな時は充電しながらアップデートします。

対処法4:安定したWi-Fiを接続したかどうかを確認する

Apple ID設定をアップデートするにはアップルのサーバーに接続する必要があり、通信が安定しないとアップデートがいつまでも終わらないことがあります。Wi-Fiに接続している場合は安定した通信環境であるか確認しましょう。

Wi-Fiを接続

対処法5:機内モードをオン・オフに切り替える

機内モードの設定を切り替えると受信状態が改善されApple ID設定をアップデートできないトラブルが改善する場合があります。

  • Step1: 「設定」>「機内モード」とタップします。

  • Step2: オンにしてからオフに切り替えます。

    機内モードをオン・オフ

対処法6:ネットワークをリセットしてみる

Apple ID設定をアップデートできない場合は機種変更後のiPhoneに通信機能の不具合が起きていないか確認してみます。ネットワークに起きた問題によってApple ID設定をアップデートできないのであればネットワークをリセットすると解決します。

  • Step1: 「設定」>「一般」>「リセット」とタップします。

  • Step2: 「ネットワーク設定をリセット」を選択します。

  • Step3: パスコードを入力後、「ネットワーク設定をリセット」を押します。

  • Step4: iPhoneが再起動されます。

    ネットワークをリセット
  • ※Wi-Fiのパスワード、モバイルデータ通信の設定などネットワークに関するデータだけがリセットされます。

対処法7:iPhoneを最新のiOSバージョンにする

iPhoneが最新のiOSバージョンではないことによってApple ID設定をアップデートしても進まないことがあります。

  • Step1: 「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」とタップします。

  • Step2: 「ダウンロードしてインストール」を選択します。

    最新のiOSバージョンを確認

対処法8:iCloudをサインアウトする

一度iCloudからサインアウトしてから再度サインインすると問題なくApple ID設定をアップデートできるケースがあります。

  • Step1: 「設定」→「ユーザー名」とタップします。

  • Step2: 「サインアウト」を選択します。

  • Step3: サインアウトが完了したら「iPhoneにサインイン」から再度サインインします。

対処法9:2段階認証を設定したかどうかを確認

2段階認証を設定していればブラウザからApple ID設定のアップデートを完了できます。他のデバイスからApple IDアカウントの管理ページを開き、2段階認証を設定しているか確認しましょう。2段階認証を設定していれば、他のデバイスからでもApple ID設定をアップデート可能です。

  • Step1: 他のデバイスでApple IDアカウントの管理ページを開きサインインします。

  • Step2: 2段階認証を設定していれば、6桁の確認コードの入力欄が表示されます。

  • Step3: iPhoneに表示される確認コードを入力します。

  • Step4: アカウントのページが表示さればApple ID設定のアップデートが完了です。

対処法10:iOS修復ツールReiBootを使用する

iPhoneのシステムに発生した不具合が原因でApple ID設定をアップデートできない場合はTenorshare Reibootを使用します。ReiBootはApple ID設定のアップデートが終わらない、リンゴループ、フリーズなど多種多様な不具合を改善できる強力なiOS修復ツールです。

  • ReiBootをパソコンにダウンロードして起動します。

  • iPhoneをパソコンに接続して「開始」をクリックします。

    Reibootを起動
  • 「普通モード」を選び、ファームウェアをダウンロードします。

    普通モードを選択 iOSファームウェアを読み込み
  • 「普通モードを開始」から不具合の修復を始めます。

    普通モードを開始

まとめ

Apple ID設定をアップデートできない、またはアップデートが終わらないトラブルが機種変更後に発生した時の参考になると幸いです。iPhone自体の不具合や通信環境などApple ID設定をアップデートしても進まない場合は様々な要因が挙げられるでしょう。iPhoneシステムに起因する不具合によってアップルのIDをアップデートできないならReiBootで解決です。

関連記事: iOS 16へのアップデート、リンゴループから進まない時の対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 15.7に対応