iOS 15の更新中、iPhoneが「アップデートを検証中」にフリーズして進まない場合の対応方法

今朝iOSアップデートが自動的に始まり、iPhone12が「アップデートを検証中...」のままフリーズしています。" iPadで、アップデートを検証中から進まない"

最新のiOS 15ンにをアップグレードする時に、「アップデートを検証中」画面にスタックするのはよくあることです。そこで今回は、「アップデートを検証中」エラーにフリーズしてiOS 15アップデートが進まない場合の対策をまとめてみました。

iOS 15 アップデートを検証中

「アップデートを検証中」にフリーズして進まない場合の対応方法

様々な原因が予想されるため、対処法も色々あります。ここでは、8つ紹介していきますね。

対処1:iPhone/iPadを強制再起動する

デバイスの不具合を解決できる有効な手段の一つが再起動です。一般的に、デバイスを再起動すると多くのトラブルを改善できます。

iPhone/iPadを強制再起動

対処2:Wi-Fi接続の信号強度を確認する

iPhoneが「アップデートを検証中」のまま進まない原因として、Wi-Fiが不安定なことが考えられます。Wi-Fiの接続信号を確認して、弱い場合は安定なWi-Fiに切り替えましょう。iPhoneに「アップデートを検証できません」と表示される場合も、この方法を試してみてください。

ホーム画面の右上に表示される扇状アイコンからWi-Fi接続信号の強度を確認できます。

Wi-Fi接続を確認

この方法では4段階の情報しか読み取れません。詳しくWi-Fi接続信号を調べたい場合は、Wi-Fiの電波強度を調べるアプリなどを活用しましょう。

対処3:ネットワークの設定を再調整する

ネットワークの設定をリセットすると不具合が解消されることがあります。2つの対処法を試しても、不具合が続くようであればネットワーク設定のリセットを試してみてくださいね。

  • 「設定」>「一般」をタップします。

  • 「転送またはiPhoneをリセット」をタップします。

  • そして、「リセット」をクリックします。

  • 「ネットワーク設定をリセット」をタップします。

  • パスコードを入力します。

  • 再び「ネットワーク設定をリセット」を選択します。

    ネットワーク設定をリセット

対処4:デバイスのストレージの空き容量を確認する

十分な空き容量がない場合、アップデートよりも容量の確保が優先されます。まずはストレージの容量を確認して、空き容量が少ない場合はデータを整理しましょう。

  • 「設定」をタップします。

  • 「一般」を選びます。

  • 「iPhoneストレージ」を押します。

  • iPhoneストレージ使用量がチェックできます。

    ストレージの空き容量を確認

対処5:デバイス上のiOS 15ファイルを削除する

ダウンロードしたiOS 15のアップデートファイルが正常ではないことが、不具合の原因かもしれません。一度デバイスからiOS 15のアップデートファイルを削除してみましょう。削除後に再度アップデートを試すと、フリーズすることなく完了することがあります。

  • 「設定」をタップします。

  • 「一般」を選びます。

  • 「iPhoneストレージ」を押します。

  • アプリ一覧から「iOS…」を探して「アップデートを削除」を押します。

    iOS 15ファイルを削除

対処6:iPhoneでiOS 15を再インストールする

iOS 15の削除をしたら、再インストールします。いつも通りiPhoneをアップデートする操作方法と同じです。

  • 「設定」をタップします。

  • 「一般」を選びます。

  • 「ソフトウェア・アップデート」をタップしします。

  • 「ダウンロードとインストール」からアップデートを開始します。

    iOS 15を再インストール

対処7:PCのiTunesでiOS 15にアップデートする

パソコンがWindows ならiTunes、MacならFinderを使ってデバイスをアップデートできます。それぞれの操作方法を紹介していきますね。

【WindowsのiTunes】の場合

  • パソコンとiPhoneを接続します。

  • 画面左上にあるiPhoneボタン>概要と押します

  • 「アップデートを確認」を選択します。

  • 「アップデート」をクリックします。

    PCのiTunesでiOS 15にアップデート

【MacのFinder】の場合

  • パソコンとiPhoneを接続します。

  • アップデートするiPhoneを選んで、画面上部にある一般を押します。

  • 「アップデートを確認」を選択します。

  • 「アップデート」をクリックします。

対処8:iPhoneアップデート不具合修復ツールを利用する

7つの対処法を試しても不具合が解消されないということは、原因は単純でないことが予想されます。そんな時は、iPhoneアップデート不具合修復ツールTenorshare ReiBootの使用がオススメです。非常に厄介な不具合も簡単に解消してくますよ。

  • デバイスをパソコンに接続し、「開始」をクリックします。

    iPhoneをPCに接続
  • 「普通モード」を選んでから、ファームウェアをダウンロードしましょう。

    普通モード
  • 「普通モードを開始」ボタンをクリックして、修復が開始されます。

    普通モードを開始
  • 修復が完了すると自動的にデバイスが再起動されるので、驚かないで下さいね。

    iOS不具合修復

iOS 15にアップデートする前の注意事項

アップデートする前に、注意事項が2つありますよ。

注意1:iPhone、iPadのデータをバックアップする

アップデート中はどんな不具合が起こるか分かりません。「アップデートを検証中」のままフリーズしてしまうことも。そのため、必ずアップデート前にデータのバックアップを取っておきましょう。

データをバックアップ

注意2:バッテリーの残量が十分であることを確認する

アップデートは通信環境やデータ容量により、かかる時間が変化します。長時間かかることもあるので、アップデート中に電源が切れないようバッテリーの残量を確認してからアップデートを始めましょう。

バッテリーの残量を確認

まとめ

iOS 15の更新中にiPhoneが「アップデートを検証中」のままフリーズして進まなくなったら、紹介した対処法を試してみてくださいね。特にiPhoneアップデート不具合修復ツールのTenorshare ReiBootは、厄介な不具合にも対処できる頼れる対処法の一つです。10年の経験を積んだ専門チームが開発した専門ツールなのに、操作はシンプルなので誰でも利用できます。

関連記事: iOS 15のアップデート不具合と対処法

  最終更新日 2021-10-19 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください