当ウェブサイトでは、クッキーを使用しております。当サイトを継続してご利用いただくには、クッキーの使用を承認する必要があります。クッキーポリシー
同意して閉じる

データを削除せず、リンゴループ、再起動ループなどiOSの不具合を解消する方法

  話題となったiOS 12/11/10へのアップデートした時、リカバリー/DFUモードに入る最中、iPhoneを復元している時、iOSシステムは再起動ループ、リンゴループ、リカバリーモードになったまま、フリーズ、クラッシュ等不具合が発生してしまいました。その場合、どうすればいいでしょか?あるいは、iOSの不具合を解消する方法は何ですか?そういう質問を持っている方は多いでしょうね。ここでは、2つの対処法をご説明します。

  以下は必要です:

  • iOSデバイス(iPhone X/8(Plus)/7/7 Plus/6s/6s Plus/6/6 Plus/5s/5c/5、iPad、iPod)
  • Tenorshare ReiBoot

iOSの不具合を完全に解消する方法

  Tenorshare ReiBootは1クリックでDFU/リカバリーモードに入る・解除でき、システムを修復できます。Tenorshare ReiBootで発生した全てのiOS不具合、たとえば、再起動無限ループ、ブラックスクリーン、ブルースクリーン等の全ての不具合を解消できます。

リンゴループ等iOSの不具合を解消

  この方法で、さまざまなiOS不具合を解消できます。この方法は1クリックでリカバリーモード/DFUモードに入る・解除できます。iOS 12/11/10にアップデートした後またはアップデート最中、iPhoneはリンゴループ、クラッショ、フリーズして固まるまま、反応しないなど不具合が発生した場合、Tenorshare ReiBootでリンゴループを解消できます。では、手順は以下のように:

  ステップ1:ReiBootをダウンロード、インストール>Tenorshare ReiBootを起動>iPhoneをパソコンに接続

  ステップ2:「リカバリーモードに入る」をタップ、リカバリーモードに入ります。

リカバリーモードに入る

  USBやiTunesマークが表示され場合、リカバリーモードは成功に入ります。

  ステップ3:「リカバリーモードを解除」をタップし、15秒ほどデバイスが自動的に再起動します。

リカバリーモードを解除
注意:自動的にリカバリーモードに入るできない場合、手動でリカバリーモードに入ります。

クラッショなどの不具合が発生したiOSシステムを修復

  脱獄、システム崩壊などのシステムの故障なので、それらの不具合は一番目の方法でどうしても改善できない場合は、この方法をお試します。この方法は簡単、便利、安全で、初心者でも操作できます。

  Tenorshare ReiBootの「今すぐ修復」で、データを全部損失しないうちに、不具合が起こったiOSシステムを安全に修復できます。では、ご紹介します。

  ステップ2:「ダウンロード」をタップし、適切なファームウェアをダウンロードします。パソコンにファームウェアがダウンロードした場合、手動でファームウェアをインポートしてください。

  ステップ1:Tenorshare ReiBootを起動>iPhoneをパソコンに接続>「今すぐ修復」をタップ。

今すぐ修復」をタップ

  ステップ2:「ダウンロード」をタップし、適切なファームウェアをダウンロードします。パソコンにファームウェアがダウンロードした場合、手動でファームウェアをインポートしてください。

ファームウェアをダウンロー

  ステップ3:ダウンロードした後、「修復開始」をタップし、すると、Tenorshare ReiBootは自動的にシステムを修復します。少し時間がかかります、お待ちくださいね。

システムを修復

  「通常モード」で4つ以上を試して、修復できない場合は、「高級モード」を試しますね。

  さらに、以上はリンゴループ、再起動無限ループ、クラッショ、フリーズなどiOS不具合が発生した場合、よくある2つの対処法です。万が一に備えて、普段からiPhoneのバックアップを取っておくことも忘れないようにしましょう。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
信頼できる高性能iOS不具合修復ツール

  全てのiOSデバイスと最新の iOS 12 に対応し、起動障害やiOSクラッシュをはじめ、データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを50種類以上のiOS不具合問題から復旧可能。

/ Posted by 石原 侑人 to iOS不具合修復 Follow @石原 侑人