カテゴリ一覧

iPhoneで「アップデートを検証中」と表示されたままの対策

iPhoneに搭載されているiOSは、定期的にアップデートをする必要があるあります。ですがアップデートをしている途中にエラーでフリーズするケースも少なくありません。そうした時にどのように対処をすればいいのでしょうか。

ここではiPhoneでアップデートを検証中と表示されたままになる時の、対策について調べてみます。意外とこのアップデートの検証中で画面がフリーズするケースは少なくありません。操作そのものを受付けなることもあるので、対策を知っておいた方がいいでしょう。

再起動してもう一度アップデート

iPhoneに搭載されているiOSをアップデートする時に、最初に画面に表示されるのがアップデートを検証中です。意外と高い確率で、この画面が固まってしまいます。こうした状況になった時に、最初にやっておきたいのがiPhoneの再起動になります。では具体的な方法を紹介しておきましょう。

iPhone8以降だと以下の通りです。

  • ステップ1 iPhone音量を上げるボタン、下げるボタンの順にタップしてからすばやく放します。
  • ステップ2 サイドボタンをAppleロゴが表示されるまで長押しします。

iPhone7と7 Plusでは

  • 音量を下げるボタンとスリープ/スリープ解除ボタンの両方を押さえたままにします。
  • Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを放します。

iPhone6シリーズとそれ以前だと

  • スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンの両方を押さえたままにします。
  • Appleロゴが表示されたら、両方のボタンを放します。
iPhoneのを強制再起動

デバイスを再起動して、「アップデートを検証中」にフリーズした画面から抜き出し、アップデートを終了してからやり直します。

iTunesでiOSをアップデート

iPhoneのアップデートを検証中が終わらない時は、iTunesを使うのも方法の1つです。iTunesはパソコンにインストールして利用するソフトで、方法は以下の通りです。

iPhoneをiTunesを起動したPCに接続して、iTunesの画面でポップアップのダウンロードしてアップデートを選択します。(普通新しいバージョンのアップデートがある場合、ポップアップが出ってくる。)

ポップアップ

ポップアップがない場合は、「概要」をクリックし、「アップデートを確認」をクリックします。

iTunesでiPhoneをアップデート

更新プログラムの確認とあるので画面の指示に従って操作します。以上がiTunesでのアップデート方法です。

iOS修復ツールでアップデート

もう一つの方法はiPhoneでアップデートを検証中のまま進まない、フリーズしたという場合に修復ツールを使う方法を紹介します。ここではTenorshare ReiBootというツールを使います。

  • ステップ1:まずReiBootをお使いのパソコンにインストールして起動します。

  • ステップ2:ソフトを起動させ、お使いのiPhoneをパソコンに接続します。

    ReiBootのホーム画面
    画像.- ReiBootのホーム画面
  • ステップ3:iPhoneが認識されたら、あらゆるiOS不具合を解消をクリックします。

    リカバリーモードを起動
    画像.- あらゆるiOS不具合を解消をクリック
  • ステップ4:修復開始をクリックし、お使いのデバイスに適用な最新のファームウェアのダウンロードをします。

    修復開始を選択
    画像.- 修復開始をクリック
  • ステップ5:ダウンロードを完了したら、今すぐ修復をクリックでしばらく完了できます。

    iOS13にアップデート
    画像.- 最新のファームウェアのダウンロード

Reibootはデータを消すことなく、OSに起きた不具合を解消できるのが魅力です。他にも様々なiOSに関する不具合解消が手軽に行えるのが特徴でしょう。

まとめ

最初に強制再起動をかけてから、再度アップデートを試すのがいいでしょう。それでもダメならツールを使って行います。iTunesを使う方法もありますが、こちらも不具合が起こるリスクがあるのです。そのためReibootのような信頼性の高い、サードパーティ制のiOSシステム修復ツールがおすすめです。手軽に利用できる上、データも損なわれません。

  最終更新日 2020-04-11 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください