iOS不具合修復

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【iOS17.5】ソフトウェアアップデートにかかる時間は?アップデートが遅い原因と対処法

iPhoneのソフトウェアアップデートにかかる時間はどれくらいですか?iPhoneのアップデートは遅いため時間がかかると聞いたので心配です。"

iPhoneの使用状況やAppleサーバの混雑状況など、様々な要因によってソフトウェアアップデートにかかる時間は左右されます。しかし、あまりにも長いとアップデートが正常に進んでいるのか不安になるでしょう。3月6日にiOS17.5の配信を開始しました。今回は、ソフトウェアアップデートにかかる時間、アップデートが遅い原因、対処法の3つをお届けします。

Part1:iPhoneのソフトウェア アップデートには何時間かかる?

iPhoneのソフトウェアアップデートにかかる時間は、数十分から数時間と大きな幅があります。アップデートの際、iPhoneに大きなアップデートファイルをダウンロードする必要があり、様々な原因によってアップデートにかかる時間は変わります。

Part2:iphoneアップデートが遅い原因は?

アイフォンのアップデートに時間がかかる原因を見ていきましょう。

原因1:ネットワークの接続が不安定

iOS17.3にアップデートする際、iPhoneはネットワーク回線からアップデートファイルを読み込みます。iPhoneが接続しているネットワークが不安定だと、iOS17.4へのアップデート時間が長くなる原因になります。

ネットワーク未接続

原因2:Appleサーバへの接続が混雑

iOS17.5バージョンがリリースされた後などは多くのiPhoneユーザーがアップデートを試みます。そのため、Appleサーバへの接続が混雑してしまいアップデートに時間がかかるという事象が発生します。

原因3:バックアップデータが多い

iPhoneに保存されている写真や動画、アプリなどが多いとアップデートに時間がかかります。そのため、アップデートに時間をかけたくない時は不要なデータを削除してiPhoneのバックアップデータを小さくすると良いでしょう。

原因4:iPhone側に不具合がある

iPhoneシステムに問題があったり、アップデートに必要な空き容量が確保されていなかったり、ソフトウェアアップデートに時間がかかる場合はiPhone側に不具合がある可能性も考えましょう。

Part3:アップデートが遅い時の対処法

それでは、アイフォンのアップデートが遅いため時間がかかる場合の対処法を見ていきましょう。

対処法1:ネットワークの接続状況を確認

iPhoneのソフトウェアアップデートには安定したネットワークを確保することが重要です。アップデート前には接続しているネットワークの状況を確認して、不安定な場合は安定したネットワークに切り替えましょう。

ネットワークの接続状況を確認

対処法2:時間を置いてから再試行

Appleサーバが混雑している場合など、時間をおいてから再びアップデートを試してみるとスムーズにいくことがあります。iPhoneのアップデートが遅いままの時は一度アップデートを中断し、時間をおいてから試してみましょう。

対処法3:不要なデータを削除&icloudにバックアップ

不要なデータを削除したり、iCloudにバックアップしたりして、iPhone自体に保存されるバックアップデータを小さくするとiOS17.5のアップデート時間を短縮できます。

【不要なデータを削除】

  • Step1: 「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」とタップします。

  • Step2: iPhoneの使用容量を確認しながら、不要な写真や動画、アプリなどを削除しましょう。

    不要なデータを削除

【iCloudにバックアップ】

iCloudはAppleが提供するクラウドサービスで、iPhoneのストレージ容量を使うことなくデータを保存できます。

  • Step1: 「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」とタップします。

  • Step2: iCloudバックアップからiCloudバックアップの設定をオンにします。 ※5GBまで無料となり、それ以上の容量を使用する場合は購入しなければなりません。

    iCloudにバックアップ

ヒント:

「写真」での「ストレージを最適化」がオンのまま、iPhoneの写真を整理するとiCloudの画像も消える場合があります。そのため、iPhoneの「設定」>「写真」を「オリジナルをダウンロード」に変更してからiPhoneの写真を整理するように注意しましょう。

対処法4:iOS不具合修復ソフトReibootで修復&アップデート

iPhoneのソフトウェアアップデートに時間がかかる場合、IOS不具合修復ソフトTenorshare Reibootを使うと短時間でアップデートが完了します。Reibootではパソコンを使用してiOSアップデートファイルのダウンロードをサポート、アップデートが遅い原因がiPhone側のシステムにある場合は問題を解決しつつアップデートを進められます。それでは、ReibootでiPhoneをアップデートする方法を見ていきましょう。まずは、パソコンにReibootをダウンロードしてインストールします。

  • ReiBootを起動してiPhoneを接続したら「開始」をクリックします。

    開始をクリック
  • 「普通モード」を選択します。

    普通モードをクリック
  • 「ダウンロード」をクリックしてファームウェアを読み込みます。

    ダウンロード クリックします
  • 「普通モードで修復開始」をクリックします。

    普通モードを開始

iOSアップデート時間がかかるについてよくあるご質問

質問1、iPhoneのアップデートに17時間かかるのはなぜですか?

iPhoneのソフトウェアアップデートにかかる時間は、数十分から数時間と大きな幅があります。アップデートの際、iPhoneに大きなアップデートファイルをダウンロードする必要があり、様々な原因によってアップデートにかかる時間は変わります。

質問2、OSアップデートを早くする方法は?

iPhoneのソフトウェアアップデートに時間がかかる場合に、ネットワークの接続状況を確認し、不要なデータを削除し、iOS不具合修復ソフトTenorshare Reibootを使うと短時間でアップデートが完了するなどの方法があります。

まとめ

iPhoneのソフトウェアアップデートにかかる時間はデバイスの使用状況などによって左右されます。iOS不具合修復ソフトTenorshare ReibootはiOSを最新版に更新する機能を持つため、短時間でアップデートを済ませたい時に役立つでしょう。iPhoneのシステム不具合によりアップデートが遅い場合、iOS不具合を同時にアップデートを済ませられる非常に強力なソフトです。

関連記事: 「モバイル通信をアップデートできませんでした」と表示された場合の原因と対処法

データを失わずにiPhoneフリーズ不具合を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでiPhoneのリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • すべてのiPhone・iPad、最新のiOS 17とiPadOS 17に対応