iOS 16

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iOS16 ロック画面のカスタマイズ機能を使ってみた! ロック画面を変更できない時どうする?

9月13日にiOS16が発表されました。中でも過去最大のアップデートが行われたロック画面のカスタマイズ機能に注目が集まっています。iPhoneのロック画面のフォントやカラーなど今までからは想像も付かない次元でのカスタマイズが可能になります。今回、iOS16ロック画面のカスタマイズ機能を試してみたので詳細をお伝えします。

Part1:【iOS16】ロック画面のカスタマイズ機能とは?

iOS16から追加されるロック画面のカスタマイズ機能では、ロック画面の時間の後ろに写真の人物を配置したり、日付や時間のフォントスタイルや色を変更したりして自分らしくカスタマイズできる機能です。ロック画面にウィジェットを追加する機能も増え、一目で多くの情報を確認できるようになります。ロック画面のカスタマイズ機能のほかにも大きなロック画面上の変更があります。

通知の表示位置

ロック画面で表示される通知の位置が画面の下側となり、積み重ねて表示されます。

集中モードと連動

ロック画面の壁紙やウィジェットが集中モードと連動できます。集中モードの設定で通知の非表示、通知を受け取るアプリや相手の指定が可能になります。

ライブアクティビティ

ロック画面上で現在行われているアクティビティの状況を確認できるようになり、ロックを解除する手間が不要になります。

Part2:iOS16のロック画面のカスタマイズ機能を実際に使ってみた

それでは、iPhoneのロック画面のカスタマイズ機能を実際に試してみましたので、その詳細をお伝えしていきます。

【ロック画面の壁紙を変える】

iOS16でロック画面のカスタマイズ機能を使うために「設定」から「壁紙」をタップしました。すると、「新しい壁紙を追加」の項目が追加されています。「新しい壁紙を追加」では多種多様の壁紙があり、写真、写真シャッフル、Emoji、Weatherなどのテーマ別に壁紙が表示されるので、1つずつ確認して自分の気に入った壁紙を選べます。お気に入りの壁紙を見つけたら選択して「完了」を押しましょう。壁紙とロック画面に表示されているiPhoneのロック画面が変更されます。

iOS16 ロック画面を変更

【ロック画面にウィジェットを追加する】

次は、壁紙とロック画面内で新しい壁紙になったロック画面をタップします。時刻の下にある「+」を押すとウィジェットを追加の項目が現れます。 カレンダー、アラーム、天気、バッテリー、フィットネスなどのウィジェットが表示されるので、ロック画面に追加したいウィジェットをドラッグで自国の下にある枠の中に移動しましょう。1つだけでなく、複数のウィジェットを追加できます。

iOS16 ロック画面にウィジェットを追加

【時刻のフォントとカラーを変更する】

時刻をタップするとフォントとカラーの項目が表示されます。フォントの種類やカラーを選択して自分好みにカスタマイズしましょう。

iOS16 時刻のフォントとカラーを変更

【日付の表示形式を選択する】

時刻の上の日付をタップするとウィジェットを追加の項目が表示され、日付の表示形式を変更したり、カレンダーの内容を表示させたりできます。

iOS16 ロック画面に日付の表示形式を変更

Part3:iOS16のロック画面のカスタマイズ方法

それでは、ロック画面をカスタマイズする2つの方法を紹介します。

ロック画面のカスタマイズ方法1:新規壁紙作成の場合(新しい壁紙を追加する)

  • Step1: 「設定」>「壁紙」>「新しい壁紙を追加」とタップし、表示される壁紙の中から1つ選択します。(ここは「アストロノミー」の壁紙を選びました)プレビュー画面に進みます。

    iOS16 ロック画面をカスタマイズ
  • Step2: iPhoneのロック画面である「時刻」の枠をタップし、文字のフォントとカラーなどを変更できます。

  • iOS16 ロック画面時刻を変更
  • Step3: 時刻の上の日付をタップすると日付の表示方法を変更できます。事前にアプリ内に設定したら、カスタマイズアプリのウィジェットも追加できます。

  • iOS16 ロック画面日付を変更
  • Step4: 時刻の下にある「+ウィジェットを追加」をタップするとウィジェットの項目が表示されます。追加したいウィジェットをドラッグして時刻の下にある枠内に移動して追加します。複数のウィジェットを追加できますが、小のウィジェットを最大4個(大の場合は2個)のみ設置可能です。ウィジェットの左上にある「-」ボタンをタップして、不要なウィジェットを削除できます。

    iOS16 ロック画面ウィジェットを追加
  • Step5: ロック画面の設置が完了した場合、右上の「完了」をタップして、下の「ホーム画面をカスタマイズ」をタップして、ホーム画面の壁紙の設置画面へ進みます。

    iOS16 ホーム画面をカスタマイズ

ロック画面のカスタマイズ方法2:ロック画面からの変更方法

  • Step1: ホーム画面の左上からスワイプして、ロック画面に進み、長押しすると、下に「カスタマイズ」ボタンが表示されます。それをタップして、ロック画面のカスタマイズができます。また、新しい壁紙を作成したい場合、右下の「+」ボタンをタップして、新しい壁紙の追加画面へ進みます。

    iOS16 ロック画面からの変更方法
  • Step2: カスタマイズ画面を左右にスワイプして、設置された壁紙を簡単に切り替えます。

    iOS16 ロック画面の壁紙に切り替え

Part4:iOS16のロック画面を変更できない/ウィジェットを追加できない?

iOS16がリリースされた後、「iOS16ロック画面変更できない」、「iOS16ではロックの画面を長押しても変更できない」「iOS16ウィジェット追加できない」…などの声も上がっています。原因としては、以下のいくつか考えられます。

原因

  • 画面がロックされたため
  • 一時的なバグ
  • アプリが非対応/アプリ側のバグ
  • iOSの不具合がある

対処法1:設定方法の確認

ロックされた状態のまま、壁紙をカスタマイズすることができません。ロック画面から壁紙を変更したい場合、ホーム画面の左上からスワイプして、ロック画面を長押してから、カスタマイズしましょう。また、設定から壁紙をカスタマイズすることも可能です。

iOS16 ロック画面の壁紙に切り替え iOS16 設定から壁紙をカスタマイズ

対処法2:iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動

対処法3:アプリのバージョン情報を確認・再インストール

使用しているアプリがiOS16に対応していないため、ウィジェットを追加できない可能性があります。一度、アプリのバージョン情報を確認してみましょう。なお、アプリ側の不具合が発生する場合は、アプリを削除してから再インストールすることで直るケースもあります。

アプリのバージョン情報確認

対処法4:iOS不具合修復ソフトを使用

iOSの不具合が原因でロック画面をカスタマイズできない場合、iOS不具合修復ソフトを使用することがオススメです。Tenorshare Reibootなら、iOSアップデートの不具合、リンゴループ、フリーズなど150種類以上の不具合を改善できます。

  • ReibootをPCにダウンロード&インストールして、USBケーブルを使ってiPhoneと接続します。

  • 「開始」→「普通モード」の順でクリックします。

    Reibootを起動 普通モードを選択
  • 「普通モードを開始」をクリックします。

    普通モードを開始

関連動画

まとめ

iOS16の新機能であるロック画面のカスタマイズを試してみましたが、自分の必要なウィジェットを追加して機能性を高めつつ、オリジナル性の高いロック画面をカスタマイズできるので非常に充実した機能であると思います。また、iPhoneを使用する時、フリーズ、リンゴループなどの不具合が発生した場合は、iOS修復専門ソフトReiBootのご利用をおススメします。150以上のiOS不具合を修復できます。

関連記事: iOS 16へのアップデート、リンゴループから進まない原因と対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 15.7に対応