カテゴリ一覧

iPhone・iPadのタッチパネがたまに反応 しない時の原因と対策

iPhoneやipadのタッチパネルがたまに反応しないということがあります。まったくタッチパネルが反応しなくなったという訳ではないのですが、時々反応しなくなってしまうのです。

たまにだけ起きるのでiPhoneを買い換えずに使い続けますが、タッチの反応が鈍いのはストレスがたまります。

今回は何が原因でタッチパネルが反応しなくなるのか、どんな対策方法があるのかを説明していきます。

iPhone・iPadのタッチ 反応が悪い原因

iPhoneやipadのタッチパネルの反応がたまにしないときの原因は、画面に張っている保護ガラスや保護フィルムかもしれません。タッチパネルは人間の指の静電気に反応していますが、保護ガラスや保護フィルムが静電気を邪魔してタッチの反応が悪くなることがあるのです。

別の原因はiOSにエラーがあったり、バッテリーに問題があったりすることです。iOSのメジャーアップデートがあった直後はエラーが出やすいです。またバッテリーが古くなってくると膨張して画面を圧迫し、タッチパネルの反応が悪くなります。

iPhone・iPadのタッチパネルが反応しない時の対処方法

iPhoneのタッチパネルが反応しない時にすべき対処方法を紹介します。タッチパネルが無反応になる原因には様々な要因があるかと思いますので、以下の方法を試してください。

iPhoneのケースや液晶保護フィルムをはずす

そこまで古くないiPhonexのタッチパネルが反応しないときやipadのタッチ反応が鈍いときには、保護ガラスや保護フィルムを剥がしてみてください。もし保護ガラスや保護フィルムが静電気を通しにくい素材ならこれで問題が解決されます。

フィルムが古くなっていると、汚れや傷が付いてタッチの障害になっているのかもしれません。保護ガラスにヒビが入っていたり、一回剥がして再度取り付けたときの折り目が付いていたりするとタッチパネルが反応しにくいことがあります。

柔らかい布で画面を拭く

糸くずの出ないような柔らかい布を少し湿らせて、画面をていねいに拭きます。iPhone/iPadのディスプレイが汚れており、タッチ操作の反応が悪くなっている可能性があります。

iPhoneのタッチスクリーンの感度を調整する

設定 > アクセシビリティ > タッチ > タッチ調整から、タッチスクリーンの反応を調整することができます。

iPhone・iPadのタッチ 反応が悪い時iPhoneのタッチを調整する

iPhoneを再起動する

iPhoneを再起動します。再起動後、タッチスクリーンが正常に反応するか確認しましょう。

iOSを最新バージョンへアップデート

アイフォンのタッチパネルが反応しないなら、iOSを最新バージョンへアップデートすることもできます。iOSにエラーがあるなら最新バージョンでは解消されているはずです。アップデートの手順を説明します。

iPhoneやipadの画面が反応せずに設定アプリを開けないならiTunesへ繋いでアップデートしてください。

  • iPhone・iPad本体で最新バージョンへアップデートするやり方:
    iPhone・iPadのホーム画面から、設定の一般項目を選んでソフトウェアアップデートを確認すると、最新バージョンへアップデート出来ます。
  • iTunesで最新バージョンへアップデートするやり方:
    iPhone・iPadをPC/MacのiTunesに接続して、概要を開き、アップデートを確認を押しします。

iPhone・iPadをリカバリーモードで復元してみる

リカバリーモードで復元してみることも、iPhone やipadのタッチしたときの反応が悪い時に試してみたい対策方法です。どのようにリカバリーモードで復元できるか解説します。

関連記事: iPhoneをリカバリーモードにするやり方

関連記事: iPadリカバリモードの入り方と解除方法

iPhoneを強制再起動する方法は機種によって異なります。再起動後にはiTunes に接続というメッセージが出ますので、その後にiTunes側で復元ボタンを押してください。

iTunesでiPhoneを強制的に初期化する

復元ボタンをクリックする場合、デバイスのデータは消去されてしまいます。バックアップを取っていない場合は、アップデートをお勧めします。

Tenorshare ReiBootを使って不具合を修復する

iPhone・iPadのタッチパネルの不具合がiOSに起因する問題だった場合、Tenorshare ReiBootを使ってエラーを修復することができます。ReiBootは簡単にiPhoneやipadの不具合を自動で解消してくれるソフトです。使い方は次の通りです。

  • ステップ1 ReiBootが入っているパソコンにデバイスを繋げる

    リカバリーモードを起動
    画像 ー お使いのデバイスをReiBootと接続する
  • ステップ2 あらゆるiOS不具合を解消項目を選ぶ

    修復開始を選択
    画像 ー ReiBootのあらゆるiOS不具合を解消機能を選択する
  • ステップ3 修復開始ボタンを押す

    iOS不具合を解消
    画像 ー ReiBootでiOSデバイスを修復しています。

この手順だけで自動でiOSの不具合を解消してくれます。タッチパネルの不具合だけではなく、リンゴループやブラックアウトの不具合も修復できます。問題を解消する際にiPhoneのデータが保護されるのも優れているポイントです。

iPhoneを正規修理に出す

iPhoneを正規修理に出す方法もあります。AppleStoreへ直接持ち込むときには事前に予約をするようにしてください。 もしAppleStoreが近くにないなら、正規修理をしている家電量販店へ出すこともできます。正規修理のお店では、その場でiPhoneの本体交換をしてくれることもあります。

まとめ

iPhoneやipadのタッチパネルがたまに反応しないときの原因は、保護フィルムやiOSです。iOSが問題の時にはReiBootを使って解決する方法がオススメです。 初心者でも簡単にiOSの不具合を解消できますし、iPhoneの中のデータを失うこともありません。少ないステップで素早く問題を解決したいときにはReiBootを試してみるのが良いかもしれません。

  最終更新日 2020-05-12 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください