iPhoneがリカバリモードから復元できない時の対策法

iPhoneを使う上で、知っておきたいのがリカバリーモードですね。一般的にはiOSに不具合が起きた時などに使うものですが、まれにiPhoneの画面にずっとiTunesに接続している画面が表示され、復元できないケースがあります。

この場合はどのように対処すればいいのでしょうか。今回は、iPhoneユーザーの皆さんに、iPhoneがリカバリーモードから復元できない時の対策をご紹介したいと思います。

iPhoneがリカバリーモードになってしまう場合の原因

では、iPhoneがリカバリーモードになってしまい、復元出来ない理由はどこにあるのでしょうか。

  • アップデート中にWi-Fiの接続が切れてしまった場合
  • iTunes経由でアップデート中に、パソコンの電源が切れてしまった場合
  • WindowsのパソコンでUSB3.0を利用して接続していた場合

などが代表的な原因になります。これらを解消するためにも、リカバリーモードからの復元を覚えておく必要があるでしょう。それでは、iPhoneがリカバリーモードに陥って復元出来なくなった場合の具体対策を確認していきましょう。

リカバリーモードから復元できないiPhoneを救出する三つの方法

リカバリーモードから復元できないiPhoneをiTunesで救出

リカバリーモードから復元出来ない時の対処法として代表的なのが、iTunesを利用したものです。ではここでiTunesを利用した復元方法を紹介していきます。

Step1、パソコンのiTunesを起動させ、iPhoneとパソコンをライトニングケーブルでつなぎましょう。

Step2、iPhoneとの接続に成功していると、ポップアップが表示され、アップデートをするか復元をするかの選択がでます。

Step3、iTunesの画面で復元を選択します。これで、iPhoneが一度初期化され、リカバリーモードから復元することが可能です。

iTunesでiPhoneのリカバリーモードを解除

復元を選択した場合は、初期状態に戻りますから端末に保存していたデータがすべて消えてしまいます。大切なデータを失いたくない時は、事前にバックアップをとるようにしてください。しかし、バックアップを取っていない場合はそうすればいいでしょう。その際には、専門的な修復ツールを使ってiPhoneをリカバリーモードから復元することをお勧めします。

リカバリーモードから復元できないiPhoneを無料ツールで救出

バックアップがないのでiTunesを使いたくない、またはiTunesを使ってもiPhoneがリカバリーモードから復元できない場合は、「リカバリーモード解除」の無料対策「Tenorshare ReiBoot」を使ってiPhoneを復活することができます。データを消去する必要もなく、1クリックで実行可能ですから、初心者の方でも安心して利用できます。

リカバリーモードも解除機能は最大5回まで無料で使えますので、さっそく、下記ダウンロードボタンよりReiBootをダウンロードしてインストールしましょう。

ステップ1、パソコンにReiBootを起動して、iPhoneをパソコンに接続します。そして、ソフト画面の「リカバリモードを起動/解除」機能を選択します。

リカバリモードを起動/解除 - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

ステップ2、「解除」をクリックします。

iPhoneリカバリモードを解除

ワンクリックでリカバリーモードで、リカバリーモードが解除できるはずです。もし、それでもiPhoneがリカバリーモードから復元しない場合は、また次の方法をお試しください。

リカバリーモードから復元できないiPhoneをiOS修復で救出

上で紹介した方法を使ってもiPhoneのリカバリーモードが解除できないまま起動しない場合は、「Tenorshare ReiBoot」のiOS不具合修復をお試しください。iOS不具合修復を使用することによって、iPhoneに発生したリカバリーモードループなどの不具合を解消し、パフォーマンスを向上させることができます。手順が複雑ではありませんが、リカバリーモードから復元できないiPhoneをiOS修復で救出する方法をご案内します。

ステップ1、ReiBootをPC/Macにインストールして、起動します。そして、USBケーブルでお使いのiOSデバイスをコンピューターに接続します。

ステップ2、デバイスが認識されたら、ソフトのホーム画面が表示されます。そして、「あらゆるiOS不具合を解消」下の「開始」ボタンをクリックします。

 - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

ステップ3、次に進むと、「普通モード」ボタンをクリックします。

iPhoneの不具合を修復する - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

ステップ4、ファームウェア情報を確認して問題がなければ「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロードする - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

ステップ5、ダウンロードが完了したら、「普通モードを開始」ボタンをクリックしてiOSの修復作業を開始します。

ファームウェアをダウンロード中 - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

スッテプ6、修復完了まで待ちます、修復完了したらデバイスが再起動され、デバイスのデータを消去することがなく正常に動作していた時点の状態に戻すことができます。

iOS不具合を修復する - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

iPhoneがリカバリーモードから復元できないというケースは、主にアップデート時のエラーが原因で起こります。解決方法が複数もありますが、「Tenorshare ReiBoot」を使えば特に苦労をすることなく、ワンクリックで復元できるはずです。 さらに、リカバリーモードだけではなく、iOSデバイスによく発生するリンゴループやブラックスクリーン、再起動ループ、起動しないなど、様々なiOS不具合の解消にも対応できますので、ぜひお試してみてください。

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone 13/13 mini/13 Pro/Pro MaxおよびiOS 15.5に対応

  最終更新日 2021-01-26 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(10 票、平均: 3.5 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください