カテゴリ一覧

iOS 14をアップデート・インストールできない時の対処方法

9月16には正式版のリリースがされました。ただこのiOS14のインストールをするにしても、うまくアップデートができない場合があります。インストールできないと言っても実は幾つかの原因があるので、その時々の対処法について詳しく調べてみました。

Part1:iOS 14のアップデートやり方

iPhoneでiOS14をアップデートできない場合もありますが、まずは正しいやり方を紹介しておきます。まず前提として自分のiPhoneがiOS14に対応しているか確認してください。対応しないデバイスだと、アップデートできません。では手順を確認します。

本体でiPhoneをアップデート

iPhoneをiOS14にアップデートする前に、データを先にバックアップを取っておくのがおすすめです。iPhoneデータをバックアップする3つの方法

  • 1. 設定、一般、ソフトウェアアップデート、ダウンロードとインストールに進む
  • 2. パスコードを求められるので入力する
  • 3. 利用条件を確認して同意をするをタップ
  • 4. 更新データのダウンロードが開始される
  • 5. インストールの準備が整うとポップアップ画面が出るので、今すぐインストールをタップ

アップルロゴが出って、アップデート完了したら、デバイスが再起動します。

Part2:iOSインストールできない原因

iOS 14にアップデートするユーザーから、iOS14にアップデートする時すでにダウンロード済みなのに、「今すぐインストール」灰色になって、インストールできないなどの問題を報告されました。iPhoneでiOS14のインストールができない場合の原因としてはどんなものがあるのでしょうか。以下に代表的な原因を確認してみます。

空き容量を確保

原因1、アップデートに必要な空き容量が不足

iOS14がインストールできない理由で代表的なのが、アップデートに必要な空き容量が不足しているケースです。容量が不足していると、アップデートできません。空き容量を確認するには以下の手順を踏みます。

  • 1. iTunesを起動してiPhoneをPCに接続します。
  • 2. 空き容量が表示されるので確認します。
  • 3. 空き容量がない場合は、不要なデータを削除します。

    空き容量を確保

原因2、Wi-Fi・インターネットが不安定

iOSのアップデートができない原因としては、Wi-Fiなどのインターネット接続が不安定であることも考えられます。iOSの更新データ量は多いのでWi-Fi接続時にダウンロードするのですが、この接続が不安定だとダウンロードが失敗します。その結果としてインストールに失敗するのです。

原因3、バッテリーが十分に充電されていない

iPhoneがアップデートできない理由としては、バッテリーが十分に充電されていないケースもあります。基本的にアップデートには時間がかかるものです。そのためアップデート中に、バッテリーがなくなると失敗するのです。ですので充電はしっかりとしておくか、充電しながらアップデートしましょう。

原因4、アップデートサーバに接続できない

iOSのアップデートができない理由は、サーバーに接続できないこともあります。これはWi-Fiの接続が弱いのではなく、サーバーそのものに接続できないケースを指すのです。特にリリースされたてのiOSには、ダウンロードが集中します。この場合はしらばく時間をおいてから、ダウンロードしましょう。

Part3:iOS 14をアップデートできない時の対策

iOS14をアップデートできない時の対策についても確認していきます。ここでは代表的な四つの方法について見ていきましょう。改善しやすい方法なのでアップデートできない時は、試してみるのをおすすめします。

方法1、不要なデータを削除して十分な空き容量を確保

iOSのアップデートができない理由としては、とにかく空き容量を作ることです。不要なデータを削除するのも良いですし、写真や動画のデータが大量にある場合はパソコンに移すといいでしょう。

方法2、安定なWi-Fiと電源に接続してアップデート

iOSのアップデートに失敗する理由としては電源が落ちてしまったり、Wi-Fiの接続が不安定なことがあります。その場合はフリーのWi-Fiを使うのではなく、自宅のものを使うといいです。電源については充電しながらでいいでしょう。

方法3、アップデートを削除して再びインストール

iOSのアップデートができない理由としては、ダウンロードしたデータが壊れている可能性もあります。その場合は、一度データを削除してから再度ダウンロードしてみてください。

  • 1. 設定、一般、ストレージへとタップします。
  • 2. アプリリストでアップデートデータを探します
  • 3. 該当のデータを選択して、アップデートを削除をタップします。 iOS 14を削除

再度データをダウンロードするにはiOS 14のアップデートの手順を踏みます。

ReiBootでiOS14をアップデート「初心者最適」

iOSのアップデートができない場合、『Tenorshare ReiBoot』というアプリを使うのも方法の1つです。ReiBootはサードパーティ製のアプリですが、初心者でも簡単な操作でエラー修復などが行えます。アップデートもできるので、その方法を紹介します。

  • ステップ1:お使いのデバイスをパソコンと接続します。

    iPhoneをPCに接続する
  • ステップ2:ReiBootの画面から、「あらゆるiOSの不具合を解消」ボタンをクリックします。

    あらゆるiOSの不具合を解消
  • ステップ3:画面が切り替え、「修復開始」をクリックします。

    リンゴループを修復する
  • ステップ4:最新版のiOSのデータが自動的に検出されたら、「ダウンロード」をクリックします。

    ファームウェアをダウンロード
  • ステップ5:ダウンロードが完成したら、「今すぐ修復」をクリックして、iOSの修復作業が始まります。

    リンゴループを修復
  • ステップ6:次のような修復完了画面が表示されたら、ReiBootによる不具合の修正が終わります。

    iOS 不具合の修正
最後に

iOS14のアップデートをインストールできない時の対処方法についてでした。アップデートは簡単にできるケースも多いのですが、まれに失敗することもあるものです。ですのでアップデートできない時は、データ容量などに不足がないのか確認してください。

特にトラブルがないのに失敗するようであれば、ReiBootを使うといいでしょう。ReiBootは初心者でも使いやすく、簡単な操作でアップデートができます。

  最終更新日 2020-11-09 / カテゴリ  iOS 14

(クリックしてこの記事へコメント)

(2 票、平均: 2.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください