iOS 12:Safariでエラーやクラッシュ不具合が発生した時の対策

  iOS 12かiOS 11にアップデートした後、Safariの使用中にサイトページが開けなくなる(403Forbiddenエラーが発生)、Safariを開いてもすぐにアプリが強制終了してしまう、画面上部の検索バーをタップしたら落ちてしまう、または突然フリーズしてiOSデバイスやMacをクラッシュさせるといった不具合問題が時々発生します。

  これらの問題が出た時はどうすれば解決できるでしょうか。この記事は、iOS 12/11でSafariによく発生する不具合について、考えられる原因とその対策をご紹介します。

iOS 12/11:よくあるSafari不具合・バグ・問題

  まずはiOS 12やiOS 11でSafariの使用中に時々発生する不具合問題やバグについてご説明します。

サイトページが開けない(403Forbidden)

  iOS 12ベータ6以降、SafariでURLを開くと「ページを開けません。サーバが見つかりません」や「インターネットに接続していません」、または403Forbiddenエラーが表示され、webページを正常に閲覧できなくなることがあります。まずは上記いくつかのエラーメッセージが表示される場合に考えられる原因を確認しましょう。

  • アクセスするアドレスが無効です。
  • サーバに接続できませんでした。
  • インターネットに接続していません。

  エラーメッセージ「403 Forbidden」が出た場合は、「このwebページにアクセス権限を持っていない」、または「アクセスするwebページが存在しない」という意味です。アドレスの末尾に「/index.html」と入力してもう一度開くと閲覧可能になるかもしれませんが、サイトが確実に存在しますが403エラーが表示されたら、iPhoneやiPadのネットワーク接続状況を確認してください。

Safariを起動したらすぐ落ちる/強制終了する不具合

  iOS 12/11にアップデートした後、Safariを起動したらすぐ落ちてしまったり、正常に起動できたが検索バーをタップしたら突然強制終了してしまったりする問題も続々と報告されています。

  この現象を回避するには、iPhone/iPadの「設定」アプリを開き、「Safari」から「Safari検索候補」をオフにすれば完了です。また、Safariの履歴やキャッシュがたくさん溜まっていることでSafariの動作が重くなったりフリーズてしまったりする問題が起こりやすいので、定期的なSafariの履歴・キャッシュ整理も重要です。

iOS 12最新バグ:SafariがiOSやMac OSをクラッシュさせる不具合

  iPhone/iPad/iPod用最新OSの「iOS 12」は正式にリリーズされて以来、パフォーマンス改善や安定性を高めることに注力して、不具合やバグがほとんど無いのですが、ここ最近はSafariがiOSやMac OSをクラッシュさせるバグが報告されていたようです。

  具体的な症状については、Safariを起動して使用すると、突然動かなくなって、iPhoneやMacの画面が二三回点滅して再起動してしまいます。原因はまだはっきり分かっていませんが、いくつかの方法で対処可能です。それでは、iOS 12/11でSafariに上記三つの不具合が発生した時に役立つ対処方法を確認していきましょう。

Safari不具合を解消する方法一覧

  iOS 12/11端末でSafariが開けない(403エラー)・強制終了・クラッシュなどの不具合が発生する時の対処方法がいくつかありますので、知っておくとかなり役立ちます。

対策① iPhone/iPadのネットワーク設定をリセット

  iOSデバイスのネットワーク接続状況が不安定、または3G/4G(LTE)通信で接続できないなどの原因で Web ページを表示できない可能性がありますので、「ページを開けません」や「403Forbidden」が表示される場合はまず、iPhone/iPadのネットワーク設定をチェックして下記の操作を実行してみましょう。

  • 一番下から上のスワイプし「コントロールセンター」を開き、「Wi-Fi」か「3G/4G(LTE)」を数回切り替えてみてください。また、「設定」→「WiFi」の順にタップしてWiFiをオフしてから再開することもできます。
  • WiFi 再接続
  • ほかに、「設定」→「一般」→「リセット」の順にタップして、「ネットワーク設定をリセット」を実行することでiOSデバイスのネットワーク接続状況を改善することも可能です。
  • iPhoneのネットワーク設定をリセット

対策② iPhone/iPadを強制再起動

  iPhone/iPadを強制再起動することで、アプリ・端末本体に発生する数多くの一時動作不良を解決することができます。強制再起動の方法はモデルによって異なります。

  iPhone Xs/Xs Max/Xr/X/8(Plus):音量(大)ボタンを押してすぐ離し、音量(小)ボタンを押してすぐ離します。そしてサイドボタン(電源ボタン)を電源が切れるまで10秒ほど長押しします。

  iPhone 7/7 Plus: 電源が切れるまで、音量(小)ボタンとサイドボタン(電源ボタン)を同時に10秒ほど長押しします。

  iPhone 6s/6s Plus以前とiPad: 電源が切れるまで、ホームボタンとサイドボタン(電源ボタン)を同時に10秒ほど長押しします。

  端末を強制再起動することでSafariの一時動作不良を解決することが可能です。

対策③ すべての閲覧履歴とCookieを消去してSafariを軽くする

  普段は使えば使うほどSafariの閲覧履歴やCookieが溜まっていきますので、Safariアプリ自体だけではなく、iOS端末本体にも負担がかかってしまいます。Safariの使用中に動作が重くなったり、頻繁に強制終了したり、さらにOSやMac OSをクラッシュさせたりする場合は、とりあえずSafariの閲覧データやCookieを消去してからアプリの動きを確認してみましょう。

  まずは、「設定」>「Safari」>「履歴とWebサイトデータを消去」の順にタップして、すべての閲覧履歴を削除します。次に、一番下の「詳細」ページを開けて、「Webサイトデータ」をクリックして、「全Webサイトデータを削除」を選択したら、今まで保存されたCookieデータも全部消去されます。 Safariの履歴とWebサイトデータを消去

SafariエラーなどのiOS 12不具合を3ステップで解消

  iOS 12へのアップデートをした後、Safariエラーだけでなく、アップデート失敗によってリンゴループや文鎮化、画面フリーズなど様々な問題が起こす可能性があります。そのような場合は、iOS不具合対策ソフト「Tenorshare ReiBoot」を使えば簡単に解消できます。使用方法も簡単で、初心者の方でも安心して操作できます。無料機能も提供していますので、下記よりインストールすればすぐに利用可能です。

  ステップ1:インストールされたソフトを起動して、USBケーブルでお使いのiPhone/iPadをパソコンと接続します。

iPhoneをPCに接続

  ステップ2:一番下にある「あらゆるiOS不具合を解消」をクリックして、「修復開始」を選択します。

iOSを修復

  ステップ3:Safariエラーなどの不具合を解消するための最新iOSが自動的に検出されたら、ダウンロードします。

iOS 12をダウンロード

  ステップ4:ダウンロードが完了後、修復を開始して処理が完了するまでしばらくお待ちください。

iPhone 不具合修復
修復途中にiPhone・iPadとパソコンとの接続を切断したり、PCの電源を切ったりしないようにご注意ください。
最後に

  以上は、iOS 12/11でSafariに403エラー、強制終了、iOSやMac OSをクラッシュさせるなどの不具合が発生した場合の対処方法です。ちなみに、「ReiBoot」はiOSアップデートエラーや脱獄失敗など最大80種のiOS問題に対応できますので、iPhone/iPadの使用中に何か困ったことがありましたら、是非一度お試しください。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS 12 Follow @山崎 あずさ