iOS 15のアップデート中に利用規約から進まない場合の対策

気になる新機能が続々と追加されたiOS15ですが、アップデート中に利用規約から進まないという話を聞いたことはありませんか?iPhoneに利用規約は表示されるのに、アップデートが突然その先に進まなくなるという問題が発生しています。そこでこの記事では、iOS 15のインストール中に利用規約から進まない場合の対策について解説しています。

対策1、アップデートの利用規約を同意する

iOS 15へアップデートするには、利用規約への同意が必要です。同意するとソフトウェアのダウンロードが開始されます。もし、アップデートの利用規約で同意しないを選択するとどうなるでしょうか?アップデートができません。iPhoneをアップデートするためには、同意を選択するしかないということですね。

iphone 利用規約

対策2、iPhone端末を再起動する

再起動とは、電源をオフにしてから電源をオンにすることです。再起動をすると完全に全てのプログラムを終了できるので、ソフトウェアの不具合を解消できる可能性がありますよ。iPhoneの再起動方法は機種により違いますが、サイドボタンを長押し、またはサイドボタンと片方の音量ボタンを同時に長押しの2パターンです。

対策3、iPhoneで初期化を行う

iPhoneは、初期化を行えます。初期化とは、お使いのiPhoneを初めて手にした時と同じ状態に戻すことです。したがって、初期化をするとiPhone内のデータは完全に削除されてしまいますので注意しましょう。

デバイスに不具合があった場合、初期化は有効な手段です。初期化の後は、バックアップデータなどをiPhoneに読み込めます。

  • 「設定」をタップします。

  • 「一般」をタップします。

  • 「リセット」をタップします。

  • 「すべてのコンテンツと設定を消去」をタブします。

  • 「iPhoneを消去」とタップします。

初期化後、データを復元する方法

リセットが完了したらバックアップからデータの復元が可能です。iPhoneでは「Appとデータ」の画面が表示されます。今回はiCloudバックアップからデータを復元する方法です。

  • 「iCloudバックアップから復元」をタップします。

  • iCloudにサインインします。

  • 復元したいバックアップファイルを選択します。

対策4、iTunesでiPhoneを復元する

パソコンのiTunesを使用してiPhoneをデフォルト設定に復元できます。この方法はiPhone内の全ての情報を削除して、最後に取ったバックアップのデータを復元することになります。

パソコンにiTunesをインストールしていない場合は、まずインストールから始めます。各種設定の後、iTunesとiPhoneを同期します。iTunesを使ってiPhoneを復元する前に、必ずバックアップを取りましょう。

iTunesを使ってiPhoneを復元する方法

  • USBケーブルまたはWi-Fiを利用して、iPhoneをパソコンに接続します。

  • iTunesを起動します。もし、iPhoneに「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されたら「信頼する」をクリックします。

  • 画面左上にあるiPhoneボタンをクリックして、「概要」を選びます。

  • 「バックアップを復元」を押してバックアップデータを選択します。

  • パスワードを入力して「OK」を選ぶと、復元が開始されます。

対策5、iTunesでiPhoneをiOS 15に更新する

iTunesを使ってiPhoneをiOS 15に更新することもできます。iTunesとiPhone が最新バージョンではない場合、iPhoneをiOS 15へアップデートする前にそれぞれ最新バージョンへの更新が必要となります。iTunesでiPhoneをiOS 15に更新する方法は、以下の通り:

  • iTunesを起動します。もし、iPhoneに「このコンピューターを信頼しますか?」と表示されたら「信頼する」をクリックします。

  • 画面左上にあるiPhoneボタンをタブして、「概要」を選びます。

  • 「更新プログラムを確認」をクリックします。

    iPhoneをiOS 15に更新
  • 再度メッセージが表示されるので「更新」をクリックします。

  • 「iPhoneソフトウェアアップデート」の内容を確認後「次へ」を押します。

  • 「使用許諾契約」が表示されるので「同意します」をクリックします。

  • 「ダウンロードしてアップデート」をクリックして、アップデートが開始されます。

対策6、iOS アップグレードの問題を解決するための専用ツールを使用する

最新iOS 15へのアップデート中に起きた不具合を解決できる専用ツールを使ってみませんか?ReiBootは、150種類以上のiOSシステムの故障を修復してきたという実績を持つ業界NO.1のiOS不具合修復専用ツールです。iOS アップデートによって引き起こされる問題については、特別な修復ソフトウェアを使用して、修正しましょう。

  • iPhoneをパソコンに接続します。純正AppleのUSBケーブルを使用しましょう。

  • iPhoneが認識されたら、あらゆるiOS不具合を解消の下にある「開始」ボタンをクリックします。

    iPhoneが認識
  • 「普通モード」を選び、ファームウェアをダウンロードして読み込みます。

    「普通モード」を選び
  • ダウンロード完了後「普通モードを開始」をクリックしてiOSシステムの修復を始めます。修復には10分ほどかかります。

    普通モードを開始
  • 修復が完了すると、iPhoneが再起動されます。

注意:高級モードは、普通モードよりも高い確率でiOSシステムの修復を成功させます。けれども、iPhoneのデータが消去されてしまいます。そのため、まずは普通モードで修復を試してみましょう。

まとめ

iOS 15のアップデート中に利用規約から進まない場合の解決方法ですが、端末の再起動で不具合が解消されない場合は、初期化などを試す必要があります。iPhoneのデータを消さずに不具合を解消したい人は、専用ツールReiBootを試してみましょう。iOSの不具合修復を専門としているので、初期化などの他の方法よりもかなり高い確率で不具合が解消できますよ。

関連記事: iOS 15のアップデート不具合と対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone 13/13 mini/13 Pro/Pro MaxおよびiOS 15.5に対応

  最終更新日 2022-05-06 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください