Apple Watchがリンゴループになって起動できない時の対処法

  何年間使っていた腕時計がなんとなく使いにくく、人気を博した新作のApple Watchを購入したが、最近不具合が起こってリンゴループになりました。Apple Watchがリンゴループになったというのは再起動のリンゴマークの表示のままフリーズして、リンゴマークが消えなく、ホーム画面に戻れなくて電源が入らないのことです。

Apple Watchがリンゴループになった

  これはApple Watchユーザーにとって恐怖のことです。購入してから勝手に再起動すること何度があったのですが、急にリンゴマークが現れるのは初めてです。インタネットでいろいろ調べましたが、解決策はろくにわからないことは少なくないでしょうね。

  そのことに悩まれていた人はご心配しないでください。この記事はアップルウォッチがアップルマークになった2つの対処法をご紹介したいと思います。まず、iOSの不具合を解消するアプリ『Tenorshare ReiBoot』を簡単にご紹介します。「Tenorshare ReiBoot」はApple Watchで発生したリンゴループ、リカバリーモード、フリーズなどの不具合を手軽に解消できます。

リンゴループになったApple Watchを強制再起動

  Apple WatchのOSをアップデート後、リンゴマークが出して起動できない場合や充電ケーブル表示から動かない場合は、Apple Watchを強制再起動してみよう。

  方法は以下のとおり:サイトボタンとDigital Crownの両方を10秒以上押し続け、Appleログが表示されたら放します。

  手動でリンゴループになったApple Watchを強制再起動できない場合は、「Tenorshare ReiBoot」 で試みます。「Tenorshare ReiBoot」で1クリックだけで不具合が起こったApple Watchを安全に再起動します。操作の手順は以下のように従います。

  ステップ1:「Tenorshare ReiBoot」をダウンロード、インストール、起動する→Apple Watchをパソコンにつなぐ。

  ステップ2:PCと接続後、Apple Watchがリンゴループに自動的に認識します。「リカバリーモード解除」をタップします。

Apple Watchを強制再起動

  すると、Apple Watchはまもなく自動的に強制再起動します。

リンゴマークが消えないApple WatchのOSを修復

  1番目の方法で改善できない場合は、リンゴマークが消えなくて何度再起動に失敗したApple WatchのOSを復元してみましょう。Apple WatchのOSを修復この方法で、電源を切った状態で充電することができないこと、リカバリーモード、フリーズ、リンゴループなど不具合を安全に解消できます。

  ステップ1:「Tenorshare ReiBoot」を立ち上げる→ Apple Watchをパソコンに接続する→「今すぐ修復」をタップする。

今すぐ修復をタップ

  ステップ2:「ダウンロード」をタップします。すると、適切なファームウェアをダウンロードします。PCにファームウェアがあったら、右下の「インポート」をタップしてインストールします。

今すぐ修復をタップ

  ステップ3:ダウンロードが完了した後、「修復開始」をタップして、アップルマークになったApple Watch のOSを修復します。

OSを復元
最後に

  以上はApple Watchで不具合が起こってリンゴループになった時に試したい2つの方法です。Apple Watchの電源が入らなくて再起動できない方はとりあえず一度ご覧になれます。今日も最後読んで頂いてありごとうございます。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 石原 侑人 to Apple Watch Follow @石原 侑人