iPadをリンゴループから復元する方法

  リンゴループでiPadが使えなくなったという、非常に困った事態に直面するユーザーは少なくありません。今回は復元する方法をご紹介しますが、ほかにもそもそもリンゴループとは一体何なのかもあわせて解説させていただきます。

iPadのリンゴループとは?

  リンゴループとは、iPadなどのiOSデバイスの起動時に出現するリンゴマークが出現したまま、画面が固まって反応しなくなる状態になるものです。既に多くのユーザーが経験している問題で、日本だけでなく海外でもリンゴループにはまっている方は多いです。

  主な原因としては、アップデートがうまくいかなかったことや、強制終了が繰り返し起こること、そして脱獄をあげることができます。

リンゴループに陥ったiPadを復元する二つの方法

iPadをリンゴループから復元する一般的な対策

  リンゴループに陥ったiPad Mini/Air/Proを救出する時によく使われる対処方法は以下の通りです。

セーフモードiPadを強制再起動

  セーフモードを試してみることによって、iPadをリンゴループ状態から元の正常な状態に復元できる可能性があります。

  Step 1:まずはiPadの電源を一度切ります。

  Step 2:電源が切れている状態で、音量(+)ボタンを押し続けたまま、電源ボタンを長押しします。

  Step 3:しばらくすると、iPhoneが再び起動します。起動が成功したら、音量(+)ボタンは抑えたまま、電源ボタンから手を放してください。すると、ホーム画面が表示されます。

  あくまで応急処置のような起動方法ですので、この方法でiPadをリンゴループから救出できない場合も多いです。

iTunesでリンゴループになったiPadを復元

  セーフモードでiPadが起動できない場合、iTunesからiPadを復元するによってリンゴループ問題が解決できる確率は高いです。

  下記の操作手順を参照してください。

  まずは、iPadの電源を落として、USBケーブルでパソコンと接続してiTunesを起動します。

  次に、iPadのホームボタンと電源ボタンを10秒ほど押し続けます。そして、電源ボタンを放して、ホームボタンはそのまま押し続けます。パソコンで以下の画面が表示されたら、ホームボタンを放します。

DFUモードでiPadを初期化する

  「復元」ボタンをクリックして、指示に従ってデバイスを初期化することでiPadをリンゴループから復元することが可能です。

注意:「復元」をクリックするとiPadが初期化されて全データが消去されますので、バックアップを作成していない場合はおすすめしません。

データを消去せずにiPadをリンゴループから復元

  iPad内のデータを消去せずにリンゴループから復元したい場合は、iPhone/iPad/iPod専用の修復ツール「Tenorshare ReiBoot」の使用をおススメします。「Tenorshare ReiBoot」をインストールしたら、以下の手順に従って操作してください。

  ステップ1:ソフトを起動して、USBケーブルでiPadをパソコンに接続します。

iOS修復ツールを利用

  ステップ2:リンゴループのiPadが認識されたら、画面にある「全てのiOSフリーズを修復」をクリックし、ご使用中のiOS のバージョンによって修復モードを選択します。

iPadを修復

  ステップ3:iPadをリンゴループから救出するためファームウェアを取得して、ダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

  ステップ4:ファームウェアがダウンロードされたら、「修復開始」をクリックして修復作業を開始します。数分間終わりますので、修復が完了するまでお待ちください。

iPadをリンゴループから復元

  これでデータを消去せずにiPadをリンゴループの状態から復元することができます。

最後に

  以上は、iPadをリンゴループから復元する三つの方法です。リンゴループからデバイスを復旧するには、データ紛失のリスクがかなり高いですので、ぜひTenorshare ReiBootを活用していきましょう。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS不具合修復 Follow @山崎 あずさ