【iOS15/iPadOS15】iPhoneまたはiPadを最新バージョンにアップデートする方法

iPhone最新のOSであるiOS15がリリースされるとのニュースがありました。どのような機能が追加されたのか早く確認したくなりますが、OSをアップデートするときには注意が必要な点がいくつかあります。本記事では、最新のiOS15 アップデートに関する注意点とアップデートの操作、また、アップデート時に起きるトラブル等について考えていきたいと思います。

最新のiOS15、iPadOS15にアップデートする前の注意事項

最新のiOSが提供されたらすぐにでもアップデートしたくなりますが、操作を開始する前にいくつか注意点がありますので確認しましょう。

注意1:iOS15、iPadOS15の対応機種を確認する

iOS15、iPadOS15に対応する機種は以下の通りです。ご自身のデバイスのモデルについて確認しておきましょう。

  • iOS15の対応機種

    iOS15の対応機種
  • iPadOS15の対応機種

    iPadOS15の対応機種

注意2:iPhone、iPadをバックアップしておく

万が一アップデートによってシステム不具合が起き、デバイスのリセットが必要になった時に備えてデータのバックアップを取得しておきましょう。iCloudでバックアップを取得する方法をご紹介します。

  • iPhoneの「設定」をタップします

  • 「ユーザ名」をタップします

  • 「iCloud」をタップします

    「iCloud」をタップします
  • 「iCloudバックアップ」をクリックします

  • 「iCloudバックアップ」をオン、「今すぐバックアップを作成」をタップします

    今すぐバックアップを作成

注意3:デバイスの残り容量が十分かどうかを確認する

新しいOSは一般的に古いものに比べてより多くの容量を使用する傾向にあります。アップデートを行う前に、ストレージ容量に余裕があるか確認しましょう。これを機に不要な写真やアプリなどを整理しておくことをお勧めします。

デバイスの残り容量を確認する

注意4:バッテリー残量が十分であることを確認する

OSのアップデートは一般的に時間がかかりますので、充電残量が少ない場合はアップデートの途中で電源が落ちてしまう可能性もあります。アップデートを始める際はバッテリー残量が十分あることを確認してください。電源やPCにつないだ状態でアップデートすると安心かもしれません。

注意5:ネットワーク信号が正常であることを確認する

OSのアップデートはWi-Fiの回線を通して行われます。アップデートを始める前にWi-Fiの電波が安定していることを確認してください。また、アップデート中はWi-Fi環境に影響を与える電磁機器の使用を控えるようにしましょう。

iPhone、iPadをiOS15にアップデートする操作

注意事項の確認が終わったら、いよいよiOS15のアップデートを開始しましょう。アップデートの方法を2つご紹介いたします。

操作1:iPhone、iPad本体で最新バージョンに更新する

  • iPhone、iPadをWi-Fiでインターネット接続します。

  • 「設定」をクリックします。

  • 「一般」を選択します。

  • 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

  • 「今すぐインストール」をタップし、必要であればパスコードを入力してアップデートをダウンロードしてからアップデートを開始します。

    iOS15にアップデート

操作2:iTunesで最新のiOS15、iPadOS15に更新する

Wi-Fiが使用できない場合は、インターネット回線に繋がったPC上のiTunes経由でアップデートすることも可能です。

  • PCでiTunesを起動し、iPhone、iPadをPCにケーブル接続します。

  • iTunes ツールバーの接続したデバイスのボタンをクリックします。

  • サイドバーの「概要」を選択します。

  • 「アップデート」をクリックします。

    iTunesでiOS15に更新

iOS15にアップデートした後、アップデートをやめたい場合はどうなるのか?

iOS15にアップデートしたものの、システム障害が起きてiPhoneが使えなくなったり、ストレージを圧迫し操作性が悪くなってしまった、というようなトラブルが起きないとは限りません。一回アップデートしたiPhoneやiPadのOSを元に戻すことは可能なのでしょうか?Appleのサイトから古いOSをダウンロードしてインストールしなおす方法もありますが、今回は簡単に元のバージョンに戻すことができるOS修復専用のツール「Tenorshare ReiBoot」をご紹介します。

Tenorshare ReiBootを使って、元のバージョンにダウングレードする(Tenorshare ReiBootの不具合修復機能を使用する)

「Tenorshare ReiBoot」はボタン一つでシステム障害を一気に解消する無料のOS修復ツールです。OSのダウングレードを行う方法は以下の通りです。

  • Tenorshare ReiBoot 起動してPCとiPhoneを接続し、「開始」をクリック

    iPhoneをPCに接続
  • まずはデータを失わずに実行できる「普通モード」を選択

    iPhoneの不具合を修復
  • ファームウェアを検出したら「ダウンロード」をクリック

    ファームウェアをダウンロード
  • ダウンロードが完了した後「普通モードを開始」をクリックすると修復が開始されます。10分ほど経過するとiPhoneが再起動します

    普通モードを開始

※:「普通モード」でもトラブルが解消しない場合は、同様の操作で「高級モード」を実行し、端末を初期化します。

まとめ

今回は、iPhoneやiPadを最新のiOS15にアップデートとする方法と、残念ながらアップデートによってシステムエラーが起きてしまったときに、元のOSに戻す方法についてご説明しました。多くの場合は何のトラブルもなく最新OSに移行できるはずですが、機器にシステムトラブルはつきものです。OSアップデートにもトラブルが起きる可能性があることを念頭に、iOS専用のシステム修復ツールなど便利な修復ツールがあることをお知り置きください。

関連記事: iPhoneがiOS 15にアップデートできない時の直し方

  最終更新日 2021-09-21 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください