カテゴリ一覧

iPhoneアップデートで「アップデートを検証できません」の対策

iPhoneを使っているとソフトウェア・アップデートをすることがあります。この時にアップデートを確認できません、またはアップデートの検証できません、などの表示がでることがあります。

こうしたエラーが出た時には、どのように対処すればいいのかわからないという人も多いはずです。もう1度やってみたらできたということもありますが、しっかりと原因と対策を知っておくことが重要です。では1つずつ原因を確認していきましょう。

「アップデートを検証できません」を回避するための準備

iPhoneやiPadがiOSのアップデート時、「アップデートを検証できません」と表示されて、アップデートできなくなるのは高頻度発生するのエラーです。 「アップデートを検証できません」を避けるため、アップデートする前に、いくつかのことを確認することをお勧めします。

iPhone本体の容量を確認

iPhoneでアップデートの検証できません、と表示される原因の1つが容量の不足であるケースです。この場合の対策を確認しておきます。

  • ステップ1 iPhoneの設定から一般、ストレージとiCloudの使用状況をタップ
  • ステップ2 上部にあるストレージセクションから、ストレージを管理をタップ

ここまでで使用済みのストレージ容量と空き容量が確認できます。

  • ステップ3 余計なデータを削除する

その上で容量が足りないのなら、余計なデータを削除していくといいでしょう。

iPhone ストレージ容量を確認

wi-Fiの接続状況を確認

iPhoneでアップデートを検証できませんと表示される理由の1つが、電波の状況です。Wi-Fi接続はしていても、通信状況が悪くなっているかもしれません。その対策は下記の通りです。

  • ステップ1 iPhoneの設定からWi-Fiをタップ
  • ステップ2 現在接続中のWi-Fiの接続強度を確認

接続強度は扇形をした3本ラインのものです。

  • ステップ3 接続強度が弱ければ強いものに接続先を変更、接続されていないのならタップして接続する
  • 「アップデートを検証できません」エラーの対処方法

    ダウンロード済みのiOSアップデートファイルを削除

    先程の容量のところともカブりますが、既に何度かiOSのアップデートをしている場合だと、前回のファイルが残っている可能性があります。古いiOSのアップデートファイルが残っていると、アップデート検証できないといったエラーが出ることがあります。

    • ステップ1 設定から一般、一般からストレージとiCloudの使用状況をタップ
    • ステップ2 ストレージセクションにある、ストレージの管理をタップ
    • ステップ3 古いiOSのデータが残っている場合はタップ
    • ステップ4 アップデートの削除とでるのでタップして終了 アップデートを一度削除

    iTunesを使ってiPhoneをアップデート

    iPhoneの単体ではアップデート検証できないというエラーが解消しないケースがあります。その場合はiTunesからのアップデートが使えるかもしれません。手順は以下のようになります。

    • ステップ1 iTunesを起動したパソコンとiPhoneを接続する
    • ステップ2 iTunesでデバイスを選択すると画面が変わる
    • ステップ3 画面上部にアップデートを確認という文字があるのでクリックする iTunesでiPad OSをアップグレード
    • ステップ4 あとは画面の指示に従って操作する

    Tenorahsre ReibootでiPhoneアップデート

    iTunesからiPhoneのアップデートをしようとしても、アップデート検証ができないと表示されたら、Tenorahsre社のReibootがおすすめです。

    信頼性の高いソフトで手軽な操作で、あらゆるiPhoneのエラーに対応できます。リカバリーの機能なら無料で利用できますし、50種類以上のシステムトラブルにも対応しています。

    • ステップ1:Reibootをインストールし、起動したパソコンにiPhoneを接続する

    • ステップ2:iPhoneが認識されるとホーム画面が表示されるので、画面下にあらゆるiOS不具合を解消をクリック

      リカバリーモードを起動
      画像.- あらゆるiOS不具合を解消をクリック
    • ステップ3:修復開始をクリックし、ファームウェアのダウンロードをする

      修復開始を選択
      画像.- 修復開始をクリック
    • ステップ4:ダウンロードを完了したら、今すぐ修復をクリックでしばらく完了できます。

      iOS不具合を解消
      画像.- iPhoneを修復中

    修復完了すれば、ご利用のiPhone・iPadは最新のOSにアップデートになります。

    まとめ

    iPhoneでiOSのアップデートをする時に、アップデート検証できませんと表示される時の対応でした。シンプルな原因としては容量が不足しているケースと、Wi-Fiの接続環境が悪いものの2つがあります。これはとてもよくあるケースなので、真っ先に確認をしてください。

    それでも状況が変わらないのなら、ReibootというiOSシステム修復ツールを使ってアップデートを終わらせるといいでしょう。iTunesよりも安定していて、使いやすいと評判です。手軽に利用できる上、データも損なわれません。

      最終更新日 2020-04-13 / カテゴリ  iOS不具合修復

    (クリックしてこの記事へコメント)

    (0 票、平均: 5.0 out of 5 )

    この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください