iTunes 情報管理

iTunesがアップデートできない場合の対策

情報の管理やデータのバックアップをよくするために、iTunesを最新バージョンにアップデートする必要があります。しかし、Mac /Windows パソコンでitunes アップデートができないことがよくあります。このページで、itunes アップデート失敗した場合は、簡単かつ有効なiTunes アップデート方法をご紹介します。

iTunesがアップデートできない場合の六つの対策

対策1.iTunes アップデート失敗したときにPC/Macを再起動する

iTunesだけではなく、不具合が起こった時の最も基本的なことは、一度パソコンを再起動することです。
一部のプログラムが干渉をしている場合、Mac/windowsでiTunesをアップデートできない可能性があります。
したがって、WindowsとMacに関係なく、iTunes アップデートできないとき、再起動するのが最善です。

対策2.WindowsまたはMacのOSが最新バージョンにする

WindowsまたはMacのOSが最新バージョンであるかどうかを確認してください。
iTunesを最新バージョンにアップデートできないのは、WindowsまたはMacのOSが最新バージョンではない可能性があります。
特にWindowsの場合はOSのバージョンによって、iTunesをインストールできないケースもあります。
まずは、対策として、Windows updateなどを利用して、必ずWindowsまたはMacのOSを最新バージョンにアップデートしてください。

対策3.セキュリティソフトウェアを一時的に無効にする

Windows/MacでiTunesがアップデートに失敗するというのは、セキュリティソフトがiTunesなどのアプリケーションのインストールをブロックしたためです。
iTunesなどのインストールを危険なソフトの通信だと誤判断されていると、セキュリティソフトはこの操作を阻止します。
このとき、セキュリティソフトを一時的に停止してから、iTunesをアップデートしてみてください。

対策4.管理者としてiTunes 最新バージョンにアップデートする

WindowsのパソコンでiTunesをインストールするとき、「十分なアクセス権限がありません。管理者権限のあるユーザーでログインして、このインストールを再実行してください。」というメッセージがポップアップする場合、iTunesを右にクリックして、「管理者として実行」をクリックします。
これで、iTunesをインストールし、最新バージョンにアップデートすることができます。

対策5.iTunes関連ソフトを一度完全に削除する

もし、以上の方法を試しても、iTunesがアップデートできない問題はまだ解決できない場合には、iTunesおよび関連ソフトを削除してから、再び最新バージョンのiTunesをインストールしアップデートしてください。

ステップ1:パソコンで「スタート」をクリックして、「コントロール パネル」>「プログラムのアンインストール」に入ります。

ステップ2:iTunesおよび関連ソフトをすべて削除します。

    必ず次の順番に削除してください。

  • iTunes
  • Apple Software Update
  • Apple Mobile Device Support
  • Bonjour
  • Apple Application Support(32ビット)
  • Apple Application Support(64ビット)

ステップ3:パソコンを再起動して、Apple 公式サイトから最新バージョンのiTunesをインストールします。

ヒント:上記方法をすべて試しても、iTunesアップデート 失敗した問題を解決できない場合は、お使いのiTunesに不具合が発生した可能性があり、iTunesの修復を実行した後に、またiTunesをアップデートできます。

対策6.TunesCareを利用してiTunesを修復する

Tenorshare TunesCareは専門的なiTunes修復ソフトウェアで、iTunes同期またはアップデートによって様々な不具合を簡単に解決することができます。このアプリを利用すれば、複雑な操作がなく、初心者でも簡単にiTunesを修復することができます。

ステップ1:TunesCareをインストールし、iOSデバイスをWindows/Macに接続します。

ステップ2:デバイスが認識されたら、「全てのiTunes不具合を解消」をクリックします。

ステップ3:次の操作画面に入って、「iTunesのエラーを修復する」をクリックします。

ステップ4:そのあと、iTunesドライブが自動的にダウンロードされ、修復を実行します。

ステップ5:数分がかかり、以下の修復成功な画面が表示されたら、iTunes修復が完了します。

最後は、上記はiTunes アップデート失敗する場合に、六つのiTunes アップデート方法です。iTunesアップデートできないことによる問題だけではなく、iPhoneとiTunesが同期できない、またはほかのiTunes エラーが発生した場合に、iTunes修復ソフト「Tenorshare TunesCare」を使って、iTunesを完全に修復することができます。ぜひお試しみてください。

ちなみに、もしiPhone(Xs/Xs Max/Xr/X/8/7/6S/6/5S/5/4S/4)がiOS12アップデート中またはアップデート後の使用中に、何らかのエラー・不具合が発生しましたら、Tenorshare社のiOS12アップデートによる不具合とその対処法を参照してください。この記事は間違いなくあなたの役に立ちます。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 13トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能
Update 2019-07-25 iTunesエラー
お役に立ちましたか?
はい
いいえ
記事に対するご意見・ご感想をお寄せください