iTunesと同期中、iPhoneがiTunes接続画面にフリーズした2つの対処法

  何年間使っていたiPhone の動作が遅くなったり、時々勝手に再起動になったりするので、iPhone XS/XS Max/Xr/X/8に機種変更しました。古いiPhoneをiTunesに同期しようと思ったのですが、バックアップを取ったところ、iPhoneがiTunesの接続画面にフリーズしてしまいました。

  また、最新のiOS 12へアップデートして、バックアップも必要です。iPhoneがケーブルでiTunesにつながってるの画面のまま動くなくなりました。何度電源をきったりしてずっとiTunesのとケーブルのアイコンこの画面のままです。大変困りますので、何かよい直し方がありませんか?

iTunesと同期中、iPhoneをiTunes接続画面から復元する方法

  ここではiTunesと同期中、iPhoneがiTunesマークにフリーズした2つの対処法をご紹介したいと思います。まず、「Tenorshare ReiBoot」をおすすします。iPhone不具合を解消するアプリ「ReiBoot」は文鎮化だけでなく、リンゴループ、再起動ループ、勝手に再起動、などの不具合も解消できます。

iPhoneがiTunes接続画面にフリーズした不具合を解消

  先ほど述べた「iTunes+USBアイコン」の画面から動かないこの不具合は簡単に解消できます。以下は対処法です。一つの方法はiTunesと同期中フリーズしたアイフォンを強制再起動します。手順は以下のとおり:「電源」ボタンと「ホーム」ボタンを数秒間長い押します。

iPhoneを強制再起動

  手動でiPhoneを再起動できない場合は、「Tenorshare ReiBoot」で試します。手順は簡単で、以下のように:

  ステップ1:「Tenorshare ReiBoot」をインストールし、立ち上げる→そうすると、Tenorshare ReiBootはiTunesマークにフリーズしたiPhoneを自動的に認識します。

  ステップ2:「リカバリーモードを解除」をタップします。

ReiBootでiPhoneを再起動

  すると、アイチューソブと同期したところ、iPhoneがフリーズこの不具合を解消します。

iTunesマークにフリーズしたiPhoneのOSを復元

  1の方法でiTunesの接続画面にフリーズして固まるこの不具合を解消できない場合は、下記の方法で試みます。下記の直し方は全てのデータを削除せず、ずっとiTunesマークのままを表示していたiPhoneのOSを復元します。ご心配なくご利用ください。

  また、この方法もiOS 11 beta 1/2のダウングレードの不具合を解消して、10.3.2に戻ります。

  では、始まります。

  ステップ1:iPhoneをパソコンにつなぐ→「Tenorshare ReiBoot」を起動する→「あらゆるiOS不具合を修復」→「修復開始」をクリックします。

iOS不具合を修復

  ステップ2:「ダウンロード」をクッリクします。すると、iTunes画面のままフリーズになったiPhoneに適切なファームウェアをダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

  ステップ3:「今すぐ修復」をクリックします。少し時間がかかりますので、完了までお待ちください。

iPhoneのOSを修復
最後に

  以上です。iOS 12のアップデートとダウングレード後で、お使いのiPhoneがiTunes接続画面にフリーズして動かない際に、この記事を読んでください。ご参考になれば幸いです。今日も最後読んで頂いてありがとうございます。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能