カテゴリ一覧

iPhoneアップデート中にエラーコード4000が出た時の対策

iPhoneをアップデートしている最中に、iPhoneをアップデートできませんでした。不明なエラーが発生しました(4000)、とのメッセージが表示されることがあります。

エラー表示が出た場合、どのように対処したらよいでしょうか。アップデート中のエラーの原因と対処法について紹介します。

【不明なエラー(4000)】とは 

原因不明なエラーが発生しました。(4000)、とのエラーメッセージは、パソコンを使ってiPhoneをアップデートするときに表示されます。

iOS14以降へアップデートする際に頻繁に出てくるとも報告されています。時には数字の4000の部分が、4001だったり4005だったりと微妙に違うことがあります。

不明なエラー(4000)

アップデート中にエラー4000が出る原因

アップデート中にエラー4000がでる時に考えられる原因は以下の通りです。

  • ①.iTunesのバージョンが古すぎます。
  • ②.iPhoneのパスコードが解除できないことが関係しています。
  • ③.何らかの理由で、パソコンとiPhoneの接続が途切れました。
  • ④.iOSまたはiTunesに関連するレジストリーが破損しました。
  • ⑤.他のソフトウェアの影響によりiTunesが動作不安定になってしまいました。

エラー4000が出てアップデートできない時の対処法

エラー4000が出てアップデートできない時の対処法は何でしょうか。試してみたい6つの対処法を紹介します。

方法1、iTunesを最新バージョンにした後再アップデート

パソコンにインストールされているiTunesを最新バージョンにしてください。iTunesを最新にする方法は以下の通りです。

ステップ:iTunesのヘルプメニューへ入る更新プログラムを確認を選びます。

iTunesを最新バージョンに

自動で最新バージョンへ更新するには、編集メニューの環境設定で仕様を変更しましょう。iTunesを最新バージョンにしてからアップデートを再度試してください。

方法2、iPhoneとコンピュータを再起動

iPhoneとコンピュータを再起動する方法もあります。Windowsパソコンであればスタートメニューから再起動できます。iPhoneの再起動の方法は下記を参照してください。

最初にiPhoneSE(第2世代)以前の再起動の方法を説明します。

  • 1.電源ボタン長押します。
  • 2.電源スライドバーが表示されたらドラッグします。
  • 3.電源ボタンを再度押しします。

iPhoneXなどホームボタンがない機種の再起動方法です。

  • 1.電源ボタンと片方のボリュームボタンを同時に長押しします。
  • 2.電源スライドバーが表示されたらドラッグします。
  • 3.電源ボタンを再度押します。

方法3、iPhoneのパスコードをオフにする

エラー4000が表示される原因のひとつは、iPhoneのパスコードが解除できないことです。そこでiPhoneのパスコードをあらかじめオフにしておきましょう。パスコードをオフにする手順を解説します。

設定アプリ→「Face IDとパスコード」の項目を選択→「パスコードをオフにする」を押してパスコードをオフにできます。

iPhoneのパスコードをオフにする

パスコードをオフにしてしまうと、Apple Payの設定を再度しなければいけないの

方法4、OTA(Wi-Fi 経由)でアップデートする

iOSのアップデートでバッテリーの減りが早い時は、すべての設定をリセットするのも良いでしょう。データやメディアは削除されずに、Apple Payに設定したカードが削除されます。

ステップ1 iPhoneの設定アプリから一般に入り、ソフトウェア・アップデートを選び、ダウンロードしてインストールをタップします。

OTA(Wi-Fi 経由)でアップデートする

OTA(Wi-Fi 経由) でアップデートする際は、安定したwifi環境で作業しましょう。

方法5、「Shift」キーを押しながらアップデートする

iTunesでアップデートする際に「Shift」キーを押しながら作業する方法も試せます。

  • 1.iTunesのアップデートを確認を表示させます。
  • 2.「Shift」キーを押しながら、アップデートを確認をクリックします。

この操作をすることでエラーが出ないことがあります。

方法6、ReiBootを利用して修復する

iPhoneの様々なエラーを簡単に解消したい時には、Tenorshare ReiBootがオススメです。ReiBootは業界ナンバーワンのiOS不具合解消ツールです。使用方法を見てみましょう。

ステップ1:パソコンにReiBootインストールして起動、iPhoneと接続します。

ステップ2:ReiBootの画面にある、あらゆるiOSの不具合を解消を選択します。

あらゆるiOS不具合を解消

ステップ3:修復開始をクリックします。

iPhoneを修復

ステップ4:最新版のiOSのデータが自動的に検出されるのを待って、ダウンロードを選択します。

ファームウェアをダウンロード

ステップ5:ダウンロードが完了したら、今すぐ修復をクリックします。

iOS不具合を修復する - Tenorshare ReiBootのガイド

これだけの操作で、後はReiBootが自動で不具合を解消するファームウェアを探し、エラーに対処してくれます。

まとめ

アップデート中に不明なエラー4000が出た際には、iTunesを最新バージョンにしたりiPhoneのパスコードをオフにしたりしてください。

色々な操作が複雑に感じる人はReiBootを利用しましょう。分かりやすいインターフェースなので初めてでも操作しやすいですし、自動でエラーを解消してくれます。

  最終更新日 2020-12-25 / カテゴリ  iTunesエラー

(クリックしてこの記事へコメント)

(6 票、平均: 2.2 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください