iPhoneが起動しない時の対策

  iPhoneを使おうとした時に突然起動しなくなると困ってしまいます。

  電話やメールが使えないのでとても不便ですし、どうしたらよいか分からないかもしれません。ここでは、iPhoneが起動しない場合の対処法について調べてみましょう。

iPhoneが起動しない時、考えられる原因まとめ

  iPhoneが起動しない原因はいくつか考えられますが、一つにはアプリ側のハードウェア性能に対応できていないことがあります。古い機種を使っているならその可能性があるので、その場合は機種変更をしたりアプリの使用をやめることが必要です。

  また、ケーブルや充電器に問題があるのかもしれません。いつも使っているのとは別のケーブルや充電器を試すことができます。ストレージの容量不足が原因となることもあります。アプリや動画、写真などを削除して容量に空きを作ることで対処できるでしょう。

iPhoneが起動しない時の対処方法

  iPhoneが起動しない時はまず、下記二つの方法で緊急対処を行いましょう。

iOSデバイスの充電確認

  iPhoneが起動しないのは、ただバッテリー残量が少なくなっているのかもしれませんので、電源が入らない時は起動できるまで、充電してみましょう。

  バッテリーがない状態で長時間放置すると、充電しても充電表記やAppleロゴが表示されないことがあります。それでも10分後には画面に充電中の表示が出るので心配いりません。充電が完了すると電源が入り解決される場合が多いです。

  それでも解決されないなら、ケーブルや充電器に問題がないかチェックしてみましょう。

iPhoneをリカバリモードにして起動

  iPhoneをリカバリモードにして、iTunesによって復元することでデバイスを起動しない状態から復元することが可能です。

  ステップ1:USBケーブルでiPhoneをPCに接続して、iTunesを起動します。

  ステップ2:iTunesを起動したまま状態で、デバイスの電源ボタンとホームボタン(iPhone7以降の場合は電源ボタンと音量(-)ボタン)を同時に長押しします。

  ステップ3:iTunesで以下のウインドウが表示されたら、「アップデート」をクリックしてiOSを再インストールします。

起動しないiPhoneを復元

  ステップ4:インストール終了後、起動できないiPhoneが正常な状態に戻る可能性があります。

  デバイスの状態は改善しない場合、次のiOS障害修復をご利用ください。

起動しないiPhoneを修復

  iPhone/iPad/iPod専用の不具合修復ツール「Tenorshare ReiBoot」を利用すれば、iOS更新失敗・脱獄失敗・アプリクラッシュなどのによるiPhone起動失敗できない問題を簡単に解決できます。

  ステップ1:Tenorshare ReiBootをインストール起動します。そして、USBケーブルで起動できないデバイスをパソコンに繋がってください。

  ReiBootを起動  

  ステップ2:「全てのiOSフリーズを修復」をクリックして適切な修復モードを選択します。

iPodを修復

  ステップ3:ReiBootはデバイスを修復するためのファームウェアが自動的に検出したら、ダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

  ステップ4:ダウンロード完了後、「修復開始」をクリックして起動障害の修復を開始します。

iPhoneを起動しない状態から復元する

  これで、アイフォンを起動しない状態から復元することが可能です。操作は簡単でデータも削除されませんので、初心者の方でも安心して手軽に利用できます。

最後に

  以上は、iPhoneが起動しない場合の原因と対処方法です。また、Tenorshare ReiBootはiOSデバイス起動障害のほか、リンゴループ、画面フリーズなどにも対応できますので、ぜひ試してみて下さい。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS不具合修復 Follow @山崎 あずさ