【iOS13&iPadOS特集】iOS 13 / iPadOSの対応機種、アップデート不具合と対処法のまとめ

Appleは開催されたWWDC2019では、iPhoneやiPod touch向けのメジャーアップデート「iOS 13」のほかに、iPad向けに新OS「iPadOS」が発表されました。iOS13、iPadOSのパブリックベータ版2までもをリリースしました。iOS 13 beta 2では、複数の新機能追加やレイアウト変更などが行われたようです。沢山の方はもうインストールしてアップデートして試用しました。いろいろなバグも報告してきました。この記事でiOS 13及びiPadOSの不具合と対策を解説します。

iOS 13 および iPadOS 13の対応機種

iOS 13の対応機種

  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE
  • iPod touch (第 7 世代)

iPadOS 13の対応機種

  • 12.9 インチの iPad Pro
  • 11 インチの iPad Pro
  • 10.5 インチの iPad Pro
  • 9.7 インチの iPad Pro
  • iPad (第 6 世代)
  • iPad (第 5 世代)
  • iPad mini (第 5 世代)
  • iPad mini 4
  • iPad Air (第 3 世代)
  • iPad Air 2

IOS 13のパブリックベータ版の更新不具合のワンストップの解決策

ベータ版試用者はアップデートしたがめっちゃ多いため、さまざまな解決策を探してきました。不具合が多発で一つずつを解決すれば、かなり面倒くさて時間もかかります。この問題を解決するために便利な解決策を求めています。今回,Tenorshare ReiBootが役に立てます.このツールは、iOSの更新、iOS13をダウングレード、リンゴループなど、日常の使用に関連する50以上の不具合を解決することができます。また、このiOSシステム修復ソフトウェアの最大のメリットは、不具合を解消してもデバイスのデータを残されています。

それでは、多発の不具合の情報とそれぞれ対処法をみてください。

不具合1、iOS 13のインストール中にエラーが起き、アップデートできない

iOS 13ベータ2では、一部のユーザーが「アップデートをインストールできません」というエラーが表示されてアップデートをインストールできないと報告しました。

つまり、ユーザーはiPhone / iPad / iPodにiOS 13パブリックベータ版をインストールできません。

iOS 13のインストールまたはダウンロード中にエラーが発生したエラーも表示される場合は、修正するためにいくつか軽いやり方があります。

アップデートをインストールできません

クイック修復方法:

  • iPhoneがインターネットに接続されていることを確認してください。
  • iPhoneまたはiPad / iPod touchを強制的に再起動してください。
  • ダウンロードした更新プログラムを削除してから、更新プログラムを再ダウンロードしてインストールしてください。
  • デバイスのストレージをさらにクリアして、一般的にアップデートサイズの2倍空き領域にしてください。
  • [設定]>[一般]> [ソフトウェア・アップデート]から最新のiOSをダウンロードできない場合、iTunesを使ってアップデートすることができます。

推薦修復方法:

iPhoneが更新されない場合、ReiBootを使用してiOS 13に正常に更新されます。 このソフトウェアは、iPhoneのアップデートに関する不具合を解消し、手間をかけずに最新のiOSにアップデートするのに役立ちます。

関連記事: iOS 12アップデート不具合情報と対処法まとめ

不具合2、iPadOSアップデートを検証中に止まった進めない

最新のOSをインストールしようとしたが、10分以上経っても「アップデートを検証中」ポップアップが消えません。結局は「アップデートを検証できません」エラーが発生し導入できず。iPadがアップデートの検証にフリーズした可能性が非常に高いです。 これは、かなり困りになります。

アップデートを検証中…

クイック修復方法:

  • iPhone/iPadが利用できるWi-Fiネットワークに接続されていることを確認してください。
  • iPhoneを強制再起動してみてください。
  • iOSアップデートを削除して、もう一度ダウンロードしてください。iOSアップデートをタップして、「アップデートを削除」をタップします。デバイスからコンテンツを削除し、もう一度アップデートしてみてください。

お勧めの修復方法:

ReiBootを使用して、アップデートの検証時にiPhoneが詰まっていた問題を迅速に修正できます。このシステム修復ソフトウェアを利用してシステムの修復を行うと、iPhone/iPad/iPodのiOSバージョンが最新の公式IOSバージョンに更新できます。

関連記事: アップデートが終わらない時の対策

不具合3、iOS 13及びiPadOSの「アップデートがアップデートを要求しました…」、「ダウンロード中…」に進まない

アップデートを要求しました…

iOS 13とiPadOSが「アップデートがアップデートを要求しました…」で止まってしまった不具合にいつか解消方法を解説します。

クイック修復方法:

  • ベータ版をインストールする場合は、ベータプロファイルを削除し、デバイスを再起動してからプロファイルファイルをもう一度インストールしてみてください。
  • 迅速かつ安全なネットワークに接続していることを確認してください。iPhoneがアップデートを要求した主な理由の1つは、iPhone / iPadのWi-Fiへの接続が弱いか、まったくないためです。
  • お使いのiPhoneは、そのソフトウェアがクラッシュしたために要求されたアップデートで動かなくなる可能性があります。iPhone / iPadを強制リセットしてデバイスをアンフリーズすることができます。

関連記事: 更新中にiPhoneがフリーズして反応しない時の対処法

不具合4、iOS 13アップデート後電池の減りが早い

iOSアプデしてからというもの電池の減りが半端なく早い、バッテリー交換済なので容量は100%だったのにといったようなユーザーもいます。もしあなたも同じ困りがあるなら、以下の対策を試していてください。

クイック修復方法:

  • この問題は、「設定」>「バッテリー」>「低電力モード」を選択して、低電力モードを有効にして改善になります。
  • 低電力モード
  • バッテリーを節約するために、あなたはなるべく画面を明るさ下げて、そしてアニメーションをオフにすることも重要です。またアプリの自動アップデートも行わないてください。

関連記事: iPhoneバッテリーの減りが早い?効果的な改善ポイントを

不具合5、iOS 13アップデート後LINE、Yahoo、Twitterなどのアプリが動かなくなる

LINEでキーボード出したままリプライ不可能、LINEが開かない、LINE、Twitter、Yahooの挙動おかしい、開かない、LINEは送信した文字無くなる、文字入力できなくなる、フリーズしてiPhone自体が落ちる...アプリを開こうが勝手に落ちるなとのケースも少なくないようです。以下いつか改善対策を見てください。

LINEが開かない

クイック修復方法:

  • 利用可能なアップデートがある場合はLINEをアップデートしてください。 App Storeに移動して、下部にある「アップデート」をクリックします。
  • ネットワーク環境が不安定でLINEのデータを読み込めない可能性もありますので、迅速かつ安定なネットワークを接続していることを確認してください。
  • デバイスを再起動してからLINEを開きます。

お勧めの修復方法:

iOS 13はまだパブリックベータですので、ほかのアプリの互換性の不具合があると思われます。公式版のiOS12に戻すのがお勧めです。iTunesでそのダウングレード方法は以下となります。

ステップ1:ipswファイルをMacまたはWindows PCにダウンロードしてiPhone/iPad/iPod touchを接続ます。

ステップ2:最新バージョンのiTunesを起動させてMacならOptionキー、Windows PCならShiftキーを押しながら「アップデートを確認」をクリックしてください。

ステップ3:ファイルの選択画面が表示されるため先ほどダウンロードしたipswファイルを選択してください。

ステップ4:“iPhoneはiOS 12.X.Xソフトウェアにアップデートされます。アップデートはAppleにより検証されます。”が表示されたら「アップデート」をクリックすると「iOS 12」へのダウングレードがスタートする。

関連記事:iOS 12にアップデート後、LINEが重い・落ちる場合の対処方法

不具合6、iOS 13アップデート後メールで不具合が多発

多くユーザーはtwitterでiOS 13アップデート後、新規でメールが受信できないのは相当やばいって話しました。受信状態も悪くなった不具合を解消するために以下の方法を行ってみてください。

クイック修復方法:

  • 安定なネットワークに接続していることを確認してください。メッセージを送信できないのは、iPhoneが携帯電話ネットワークにもWi-Fi機能にも接続されていないためかもしれません。
  • 受信者の電話番号/ Eメールを確認してみてください。
  • メッセージアプリを終了して再起動します。
  • 端末を再起動してみてください。
  • iMessageシステムの状況を確認してください。
  • ネットワーク設定をリセットします。

関連記事: iOS 12でiMessageが送信できない時の対処法

不具合7、iOS 13アップデート後AirDrop出来ない

iOS 13をアップデートしてからファイル共有のAirDropがうまく動作しなくなることがあった人がいます。AirDropが使えなくなった場合の対処方法をご紹介します。

AirDrop出来ない

クイック修復方法:

  • AirDropの設定を確認してください。「受信しない」「連絡先のみ」「すべての人」の間に設定を変更して試してみてください。
  • AirDropに使うBluetoothとWi-Fiをオフにして、再度オンにすることで切り替えて復活してみてください。
  • メッセージアプリを終了して再起動します。
  • 端末を再起動してみてください。

関連記事: airdropできない・使えない時の対処法

不具合8、iOS 13ベータからダウングレードしようとしたが、エラー26、エラー4014が発生

iTunesでiOS13 beta4からiOS12.3.1にダウングレードしようとしたのですが、リカバリー始まると、一瞬アップルマークは出ますが、消えて不明なエラー4014、エラー26が発生してうまくいきませんでした。 そのまま放置したのですがロゴマークから動かず、すすまなくなります。ケーブルを抜いたらリカバリモードになってしまいました。 そのあと試しても同じ状況になるばかりで、13のベータを入れ直すことでリカバリモードは脱しましたが、どうすればダウングレードできるのわかりせん。

iTunesでダウングレードする時エラーが出てくる場合は以下の対応をご参考ください。

クイック修復方法:

  • 1.最新バージョンの iTunes をインストールします。iTunes がすでに開いている場合は、一度閉じてから開き直してください。
  • 2.USB ケーブル、コンピュータ、およびネットワークが正常に動作しているか確かめます。その上で、iOS デバイスの復元をさらに 2 回試してください。
  • 3.ダウンロードしたリストアイメージを削除して改めてダウンロードします。

お勧め修復方法

iTunesでダウングレード出来ない場合は、ReiBootでダウングレードしましょう。

  ステップ1:ソフトをインストールして起動させ、iPhoneをコンピューターをに接続し「あらゆるiOS不具合を解消」をクッリクと進んでください。

「今すぐ修復」をタップ

  ステップ2.そして、「高級モード」>「ダウンロード」の順をクリックしてダウングレードを始めます。

ダウンロードする

関連記事: iOS 13 betaからiOS 12にダウングレードする方法

まとめ

以上はiOS 13およびiPadOSアップデートした後よく発生した問題です。ここまで読むとこれらの問題に対する基本的な解決策を知っていたと思います。どの解決策でもうまくいかない場合は、 Tenorshare ReiBoot を使用することもできます。現在はベータ3まで公開されたが、性能面での問題、バグや互換性の不具合があると思われます。日常的に使用している端末へのインストールは推奨されていません。もしアップデートして試用した方がiOS 12に戻したい場合、是非ダウングレード記事を参考してください。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能
Update 2019-07-30 iOS 13
お役に立ちましたか?
はい
いいえ

/ Posted by 石原 侑人 to iOS 13 Follow @石原 侑人

ディスカッションに参加して、あなたの意見をここに共有してください