iPhone、iPad、iPodがDFUモードにフリーズ、脱出方法は?

  iPhone、iPad、iPodは脱獄やiOS 11/10へのアップデートしている時、iOSデバイスをDFUモードに入る必要となります。この場合、iPhone X/8(Plus)/7/7 Plus/SE/6s/6s Plus/6/6 Plus/5sがDFUモードにフリーズした可能性がよくあるでしょう。この記事はiPhoneを例に、フリーズしてしまったiPhone、iPad、iPodをDFUモードから脱出方法、あるいは、DFUモードの解除方法をご紹介します!

iPhone、iPad、iPodがDFUモードから脱出する3つの方法

  iPhone 7/7 Plus/SE/6s/6s Plus/6/6 Plus/5s/5/4sがDFUモードから脱出する一番簡単な方法は、「Tenorshare ReiBoot」を使用します。Tenorshare ReiBootは1クリックでiPhone、iPad、iPodをDFUモードから抜けることができ、フリーズしたiPhoneを再起動します。

方法1:無料Tenorshare ReiBootでiPhone、iPad、iPodを強制再起動(一番おすすめ)

  1、まず、Tenorshare ReiBootをダウンロード、インストールして、起動します。

  2、デバイスをパソコンに接続すると、Tenorshare ReiBootは自動的にDFUモードにフリーズしたiPhone、iPadを認識します。そして、「リカバリーモードを解除」をクリックして、リカバリーモードから解除します。DFUモードから解除する流れがほぼ同じです。

リカバリーモードから解除

  3、20秒ほど、iPhoneがDFUモードから脱出して、再起動します。

方法2:iTunesでiPhone をDFUモードから抜け出す

  操作方法は以下のように:

  1、iTunesを起動させる

  2、iPhone、iPod TouchをMac/PCに接続する

  3、10秒間ほどホームボタンと電源ボタンを押し続ける

  4、ホームボタンと電源ボタンを放す

  5、スリープ/スリープ解除ボタンを押す

  iPhone、iPad、iPodが再起動しますと、成功にDFUモードから解除します。

方法3:電源ボタンとホームボタンでDFUモードにフリーズしたiPhoneを救出

  以上の方法で改善できない場合、この方法で試してね。

  1、5秒間ほど電源ボタンを押す

  2、電源ボタンを押し続け、10秒間ほどホームボタンを押す

  3、電源ボタンを放し、アップルログが表示するまでホームボタンを押し続ける(30秒ほど)

注意: データ復元ソフトを使用しようとしたら、Tenorshare UltDataはDFUモードから抜け出すことができ、削除してしまったデータを復元できます。

DFUモードから脱出した後、紛失したデータを復元する方法は?

  DFUモードを終了する際、大切な連絡先、写真、大事なメモなどの重要なデータを削除、紛失する可能性があります。もしこの前、デバイスをバックアップしたら、iOS 11/10/9/8/7デバイスでの失われたデータをバックアップファイルから復旧できます。しかし、バックアップしない場合は、どうすればいいでしょう?

  ここでは、Tenorshare UltDataをおすすめします。データ復元アプリTenorshare UltDataはiPhone、iPad、iPodから直接に連絡先、写真、メモ、メッセージなどの数20以上のデータを復元できます。操作の流れは以下のように:

  1、「Tenorshare UltData」をダウンロード、パソコンで「Tenorshare UltData」を起動します。

  2、iPhoneをPCに接続して、スキャンします。

  3、スキャンすると、写真、連絡先、メッセージなどのデータをプレビューして、パソコンに復元します。

最後に

  フリーズしたiPhone、iPad、iPodをDFUモードから脱出する方法は以上です。「ReiBoot」はDFUモードの解除以外に、iOSアップデート失敗や脱獄失敗によるリンゴループ、再起動ループなど50種類以上のiOS障害を手軽に修復することもできますので、ぜひお試しください。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能