iOS 12でiPhoneのバッテリー消費異常の時の対策

  iOS 12へとアップデートしたところ、iPhoneのバッテリー消費異常が起こったという方がいます。充電の減りがやけに早くなったなどの問題が発生した際には、以下の方法を実行してみてください。これまでより電池の減りが緩やかになるなどして解決できる見込みがあるためです。

iOS 12:iPhoneのバッテリー消費異常不具合を解消

対策 1:バッテリーの使用率が高いアプリを確認

  iPhoneの電池の減りが異常に早いと感じる場合、原因となっているアプリを調べましょう。

  設定からバッテリー画面へと進み、バッテリーの使用状況をチェックします。24時間以内と7日以内で切り替えてみると、その間にバッテリー消費量の激しいアプリがどれなのかわかります。パーセンテージが高いものほど、大きく電池を消費していることを意味しています。

  使用率の高いアプリを使うのを控えることにより、バッテリーの持ちが良くなる可能性があるでしょう。

対策 2:iPhoneの低電力モードを利用

  設定からバッテリー、低電力モードと進み有効にすれば、低電力モードを利用することが可能です。これにより、iOS 12でiPhoneの電池使用時間を延ばす効果が期待できます。

  ただ、パフォーマンスが多少低下してしまう点には気をつけなければいけません。

iPhone 低電力モード

対策 3:iOSデバイスをリセット

  設定から一般、リセット、すべての設定をリセットと選択していき、すべての設定をリセットできます。この方法を実行することにより、iOS 12のiPhoneで電池の減りが早い問題に良い変化が起こることがあるでしょう。

  こうした方法を試してみてもダメな場合、またはいろいろ試すのが面倒くさいという方は、次にあげる便利なツールを使ってトラブルが解決できないか試してみることをおすすめします。

対策 4:ReiBootでiPhoneのバッテリー消費異常を修復

  アップデートしたら電池の減りが早いと感じる場合には、iOS修復ソフト「Tenorshare ReiBoot」を使ってデバイスを修復することで、iOS 12でiPhoneのバッテリー消費異常不具合を解消することが可能です。ReiBootはパソコンにダウンロードし、インストールすることによって使用が可能となるものです。

  ステップ1:ReiBootをインストールして起動させ、不具合の起こっているiPhoneとパソコンをUSBケーブルを使って接続します。

iPhoneをPCに接続

  ステップ2:画面下部に表示されている「あらゆるiOS不具合を解消」をクリックし、デバイスが接続されましたというメッセージが表示されたシステムを修復の画面で「修復開始」をクリックします。

iPhone 修復

  ステップ3:オンラインでファームウェアをダウンロードしますと書かれた画面に進むため、iPhone修復のための適切なファームウェアを取得します。

iOS 12 ダウンロード

  ステップ4: 修復開始を選択すると、進行状況がわかる画面が表示されて完了するのを待ってください。

iOS不具合を解消

  修復中の画面が表示されているあいだは、デバイスの接続は切断せず、デバイスの操作も行わないようにしましょう。

最後に

  このようにiOS 12でiPhoneのバッテリー消費異常が起こったときの対策は複数あります。今まさにトラブルが発生中の方はさっそく試し、まだの方は問題が起こったとき再び今回ご紹介した情報をチェックするか、頭に入れておくと良いでしょう。

  また、まだ問題が起こっていない方は、事前に「ReiBoot」を取得しておくのも賢明な判断です。これは単純な操作で問題解決が狙える、無料で試せるカバリソフトウェアです。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS 12 Follow @山崎 あずさ