iOS 14/iOS 13へアップデート中にエラーが出た時の対策

待ちにまったios13のアップデートですが、うまくインストールできないことがあります。もし最新のios13のアップデート中にエラーが出たらどうしたら良いでしょうか。例えば、ソフトウェアアップデートの欄がグレーになったまま開けない、アップデートが終わらないやアップデートを確認できない、検証できないなどと表示された場合はどう解決すれば、いいのでしょうか。以下は方法をご覧ください。

端末のデータを消さずに対処する方法があるのか調べてみました。

1、iOS 13の互換性を確認

最初に確認すべきなのはios13の互換性を確認することです。ios13のアップデートに対応している機種なのかどうかチェックしてください。

iphone6sより前の機種だと、ios13のインストールが出来ないので注意しましょう。

iOS13の対応機種

2、十分な空き領域を確認

ios13をアップデートするには十分な空き領域が必要です。アップデートする前に必要なファイルをダウンロードするのですが、それらのファイルを保存するストレージが不足するとエラーが出てしまいます。

空き領域が不足しているときは、写真やビデオのファイルを削除して対処してください。

3、安定ネットワーク環境

ネットワーク環境が不安定なときにもエラーが出てしまいます。インターネットの速度が遅くて、ダウンロードに時間がかかる場合にエラーが出てしまいますよ。

ios13のアップデートにはモバイルデータ通信ではなく、wifi環境で行うことをおすすめします。

4、ios13プロファイルを削除して再インストールを試す

アップデート中にエラーが出てしまった場合には、ios13のソフトを削除してインストールのやり直しをしてみてください。すでにダウンロードしたファイルをいったん削除してインストールするとエラーが出ないことがあります。

ステップ1:設定アプリ>一般>プロファイル>プロファイルを削除の順に選択します。

ios13のプロファイルを削除

ステップ2:プロファイルを削除した後、お使いのiPhone或いはiPadを再起動します。

ステップ3:もう一度プロファイルのダウンロードをお試しください。

4.デバイスを強制再起動してから再インストール

iphoneデバイスを強制再起動させてから再インストールするのも有効な対策方法です。どんなステップで試したら良いでしょうか。

iPhoneのを強制再起動

最新の機種iPhone 11/ 11 Pro / 11 Pro Max と iPhone X以降またはiPhone 8(Plus)の再起動手順

    1.音量を上げるボタンを押して放し、音量を下げるボタンを押して放します。

    2.リンゴマークが表示されるまでサイドボタンを押さえたままにします。

iPhone 7 と iPhone 7 Plus機種はスリープボタンとホームボタンを一緒に10秒以上押してください。

iPhone 6S と iPhone SEはAppleロゴが表示されるまでスリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンの両方を押さえたままにします。

強制再起動後にiOS 13のプロファイルの再インストールを開始します。

5、ReiBootで「iOS 13のインストール中にエラーが発生しました」を修復

簡単にエラーに対処するのにTenorshare ReiBootを使うことが出来ます。どれほど簡単なのか説明します。

ステップ1:ReiBootがインストールされているパソコンへiphoneをつなぎ、あらゆるiOS不具合を解消ボタンを押します。

あらゆる不具合を解消

ステップ2:修復開始ボタンを選択します。

修復開始を選択

ステップ3:ダウンロードボタンを押します。最新のバージョンのアップデートソフトウェアをダウンロードします。

iOS13にアップデート

ステップ4: ダウンロードが完了したら、修復を実行して、処理が完了するまでしばらくお待ちください。最新のiOSバージョンにアップデートします。

iOS不具合を解消

iphoneをつないだ後は画面に操作指示が表示されます。その指示に沿ってボタンを押していくだけなので簡単です。

このソフトの利点は簡単操作に加えて、端末のデータが削除されないことです。iphoneの中の大切なデータをしっかり保護しながらエラーに対処してくれます。

6、iTunesでアップデートする

続いてitunesでios13へアップデートする方法を紹介します。

1.パソコンのitunesを最新バージョンへアップデートする

2.iphoneをパソコンへつなぐ

3.itunesを開いてホーム画面の端末アイコンを選ぶ

4.概要を開き、アップデートを確認を押す

5.ポップアップが出てきたら、アップデートを選択します。

この手順を行っていけばitunesを使ってアップデート出来ます。この方法は古いバージョンのiosから、一気に最新バージョンへアップデートするときに有効な方法です。

まとめ

ios13へアップデートしているのにエラーが出たときに、インストールを成功させる方法はいくつかあります。一番簡単なのはreibootを使った方法です。端末を確認して強制再起動の方法を調べなくても良いですし、ios13に対応しているかをチェックする必要もありません。すべて自動でしてくれます。難しいことが苦手な方におすすめなのがこのiOS復元ソフトです。

  最終更新日 2020-09-17 / カテゴリ  iOS 13

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 4.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください