iPhoneがリカバリーモードに入ることができない時の対処法

iOS更新の失敗またはiPhoneの不具合を起こった場合は、リカバリーモードを使用することでiPhoneの不具合を修復できますが、iPhoneがリカバリーモードに入ることができない経験がありますでしょうか。今回では、iPhoneをリカバリーモードに起動する手順とiPhoneがリカバリーモードに入ることができない時の対策をご紹介いたします。

iPhoneがリカバリーモードに入る通常方法

まずは一番使われるiPhoneをリカバリーモードにするための方法を紹介します。

iPhone 8以降の機種のリカバリーモードの起動方法

  • iTunesを起動したパソコンにiPhoneを接続します。

  • 音量を上げるボタン、下げるボタンの順で1度押してから放すを行ってください。

  • 電源ボタンを長押しすると、iPhoneの画面にiTunesのマークが表示されますから、指を放しましょう。

    iPhone8 リカバリーモードにする

※この時にAppleのロゴが表示されると失敗ですから、Step1からやり直してください。

iPhone 7、7plusの機種のリカバリーモードの起動方法

  • iTunesを起動したパソコンとiPhoneを接続します。

  • 音量のダウンボタンと電源ボタンを同時に長押ししましょう。

  • 画面にiTunesのロゴがでると、手を放してください。

    iPhone7 リカバリーモードにする

iPhone 6s以前の機種のリカバリーモードの起動方法

  • iTunes起動済みのパソコンとiPhoneを接続します。

  • ホームボタンと電源ボタンを長押ししましょう。

  • 10秒ほどでiTunesのマークが表示されるので、指を放してください。

    iPhone6 リカバリーモードにする

iPhoneがリカバリーモードに入れない場合の対策

iTunesを使ってiPhoneをリカバリーモードにするのは確かに可能ですが、iPhoneがiTunesに認識されない、物理ボタンを押しても反応しないため、リカバリーモードに入ることができなくなった場合もあります。それでは、通常方法でiPhoneがリカバリーモードに入れない場合の対策を確認していきましょう。

対策1.【iTunesなしで】たったワンクリックでiPhoneをリカバリーモードにする

iPhoneのボタンやiTunesの調子がよくない場合の一つの対策は、iOS不具合修復ソフト「Tenorshare ReiBoot」を使用することです。ReiBootなら、簡単にiPhoneリカバリーモードの起動・解除ができます。iPhone・iPadのリカバリーモードの起動/解除機能は無料なので、ぜひReiBootをダウンロードしてお試しください。

  • ReiBootをインストールしてから、ソフトを立ち上げます。

    ReiBootをインストール
  • iPhoneをパソコンに接続して、画面にある「リカバリモードを起動」ボタンをクリックします。

    iPhone リカバリモードを起動
  • iPhoneがリカバリーモードになるまで、しばらく待ちます。

    iPhoneをリカバリーモードに入った

対策2.リカバリーモードを使わずにiPhoneを不具合から復元する方法

iPhoneにリンゴループや再起動ループなどが発生した場合、iTunesを使って復元を実行するには、基本的にiPhoneを手動でリカバリーモードにする必要がありますね。実はリカバリーモードを使わずにiPhoneを不具合から復元する方法があります。さらに、修復中にiPhoneのデータを消去することもありませんので、大切な個人データが失われてしまうことを心配する必要もありません。

  • ReiBootを起動して、デバイスが認識されたら、「あらゆるiOS不具合を解消」下の「開始」ボタンをクリックします。

    ReiBootをインストール
  • 「普通モード」をクリックします。

    「普通モード」をクリック
  • 「ダウンロード」→「普通モードを開始」をクリックして、修復を開始します。

    「ダウンロード」をクリック

対策3.Appleサポートに連絡する

Appleのお問い合わせに連絡するのも1つの方法です。Appleには公式ホームページ、または電話で問い合わせできます。

Appleサポートに連絡

よくあるご質問

Q1: iPhone リカバリーモード 復元 どうなる?

iPhoneをリカバリーモードにして、iTunesで「復元」を選択すれば、デバイスを強制的に初期化してすべてのデータが消去されます。 

Q2: iPhoneのリカバリーモード解除方法は?

デイバスが勝手にリカバリーモードになった場合は、iPhoneを強制再起動することで解除できます。また、ReiBootを使用すれば、無料で簡単にリカバリーモードを起動・解除できます。

まとめ

iPhoneがリカバリーモードに入ることができない時の対策方法を紹介しました。本体操作をするのも良いですが、Tenorshare ReiBootならワンクリックでリカバリーモードに入れますから便利です。さらに、iOS不具合修復ツールとして、iOSアップデート失敗や復元失敗による最大150種のiOS不具合に対応できますし、iPhoneの調子がおかしくなっても自分で直すことが可能なので安心でしょう。

関連記事: iPhoneがiTunesに認識されずに初期化できない場合の対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • 最新のiPhoneおよびiOS 17/iPadOS 17に対応

  最終更新日 2022-11-21 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(33 票、平均: 3.9 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください