iPhoneがリカバリーモードに入ることができない時の対処法

  iOSの更新に失敗してしまうなどの理由で、iPhoneは不具合を起こす可能性があります。そんな時に不具合を修正するのが、リカバリーモードです。使っていると頻繁に再起動を繰り返してしまったり、いわゆるリンゴループなどが起きた時は試してみてください。iPhoneが復帰できない時にも役立つはずです。

  しかし、リカバリーモードに入るには、iPhone本体を操作しなくてはいけませんので、その方法を紹介しておきましょう。

iPhoneがリカバリーモードに入る通常方法

  まずは一番使われるiPhoneをリカバリーモードにするための方法を紹介します。ただ、リカバリーモードにしてからは、iTunesを使わないといけませんから、パソコンに最新版のものを用意しておきましょう。

iPhone 8以降のもの

  Step1、iTunesを起動したパソコンにiPhoneを接続します。

  Step2、音量を上げるボタン、下げるボタンの順で1度押してから放すを行ってください。

  Step3、電源ボタンを長押しすると、iPhoneの画面にiTunesのマークが表示されますから、指を放しましょう。

  (※この時にAppleのロゴが表示されると失敗ですから、Step1からやり直してください。)

iPhone リカバリーモードにする

iPhone 7、7plusでは

  Step1、iTunesを起動したパソコンとiPhoneを接続します。

  Step2、音量のダウンボタンと電源ボタンを同時に長押ししましょう。

  Step3、画面にiTunesのロゴがでると、手を放してください。

iPhone 6s以前のもの

  Step1、iTunes起動済みのパソコンとiPhoneを接続します。

  Step2、ホームボタンと電源ボタンを長押ししましょう。

  Step3、10秒ほどでiTunesのマークが表示されるので、指を放してください。

iPhone リカバリーモードにする

その後はiTunesの画面を操作して、アップデートか復元かを行います。修復作業には時間がかかりますから、時間の取れる時に行うのがポイントです。時間のない時に行うと、正常にできないことがあったときに対処できません。

通常方法でiPhoneがリカバリーモードに入れない場合の対策

  iTunesを使ってiPhoneをリカバリーモードにするのは確かに可能ですが、iPhoneがiTunesに認識されない、物理ボタンを押しても反応しないため、リカバリーモードに入ることができなくなった場合もあります。

  それでは、通常方法でiPhoneがリカバリーモードに入れない場合の対策を確認していきましょう。

対策1.iTunesや物理ボタンを使わずにiPhoneをリカバリーモードにする方法

  iPhoneのボタンやiTunesの調子がよくない場合に利用できる方法ですが、iOS不具合修復ソフト「Tenorshare ReiBoot」というアプリを利用すれば、もっと簡単にリカバリーモードにできるのです。

  無料機能なので、ReiBootをパソコンにインストールすればすぐに利用できます。

  Step1、ソフトを起動させて、ライトニングケーブルでiPhoneと接続します。

iPhoneをPCに接続

  Step2、「リカバリーモードを起動」という項目が、画面に表示されたらそれをクリックしてください。これだけの作業でリカバリーモードに入ることができます。

iPhoneをリカバリーモードにする

  解除方法もかなり簡単で、「リカバリーモードを解除」を選択すればiPhoneが再起動して、正常状態に戻すことができます。

対策2.リカバリーモードを使わずにiPhoneを不具合から復元する方法

  iPhoneにリンゴループや再起動ループなどが発生した場合、iTunesを使って復元を実行するには、基本的にiPhoneを手動でリカバリーモードにする必要がありますね。実はリカバリーモードを使わずにiPhoneを不具合から復元する方法があります。さらに、修復中にiPhoneのデータを消去することもありませんので、大切な個人データが失われてしまうことを心配する必要もありません。

  ステップ1、iPhoneをパソコンに接続し、ReiBoot画面上の「あらゆるiOS不具合を解消」を選択して「修復開始」をクリックます。

iPhoneを修復

  ステップ2、最新版のファームウェアが自動的に検出されますので、デバイス情報を確認して「ダウンロード」をクリックしましょう。

iOSファームウェアをダウンロード

  ステップ3、ダウンロード完了後、「今すぐ修復」をクリックすれば修復が始まります。

iPhoneを復元

  そのまま数分お待ちして、修復作業が完了します。そして、iPhoneが自動的に再起動し、不具合から復元されます。

  iPhoneがリカバリーモードに入ることができない時の、対策方法を紹介してみました。本体操作をするのも良いですが、Tenorshare ReiBootならワンクリックでリカバリーモードに入れますから便利です。さらに優秀なiOS不具合修復ツールとして、iOSアップデート失敗や復元失敗による最大80種のiOS不具合に対応できますし、iPhoneの調子がおかしくなっても自分で直すことが可能なので安心でしょう。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能
お役に立ちましたか?