iOS 16

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iOS16にアップデートした後、iPhoneがWi-Fiに繋がらない?対処法をご紹介

こちらでは、突然自分のiPhoneだけがWi-Fiに繋がらなくなってしまったという問題を抱えている方に様々な解決法を紹介します。最近変化したことといえば、ソフトウェアiOS16のアップデート。この不具合、もしかしたらそのiOSのアップデートが原因かもしれません。そんな時に解決できる方法も含めて提案しています。

iOS16にアップデートした後、iPhoneがWi-Fiに繋がらない時の対処法

対処法1:お使いのiPhoneがWi-Fi環境場所にいるのか確認

ホーム画面から「設定」を開く→「Wi-Fi」をタップ(通常上のほうに位置している)。このページで、現在その端末がアクセスできるWi-Fiに関してチェックすることができます。ネットワーク名の左横に青色のチェックがあれば、そのWi-Fiに接続されているという意味です。ページ右上のバーが緑色になっている場合はWi-Fiに接続できる状態になっていて、白色になっている場合はWi-Fiにモードがオフになっています。オフになっている場合はWi-Fiに繋ぐこと自体ができない状態になっているためオンにします。オンの場合、現在位置からその端末が接続可能なWi-Fiがリストアップされます。使用したいWi-Fiがそのリストに出てくることを確認しましょう。

対処法2:他のデバイスでWi-Fiに繋げるのか確認

これは、そのWi-Fi自体に問題があるのか、又はお使いの端末に原因があるかを確かめるためとなります。お持ちのWi-Fiに接続可能なデバイス(パソコン、スマートフォン、iPad等)を使用し、Wi-Fiに接続されているか、そして使用可能であるかを確認してください。

対処法3:Wi-Fiルーターを再起動する

Wi-Fi自体に問題があるかチェックするため、Wi-Fiルーターを再起動させます。何かエラーが起きている場合再起動することででリセットできる問題もあります。それぞれの会社の説明書に従い、再起動を行います。ルーター再起動後、iPhoneのWi-Fiリストより接続できるか確認しましょう。(対処法1の手順)

対処法4:Wi-Fiルーターをリセットしてみる

Wi-Fiルーターを再起動してもまだWi-Fiに接続できない場合、ルーターの初期化を試してみます。リセット方法に関しては説明書に従いましょう。電源を切り数分待ったあと、電源をオンにします。iPhoneは新しいWi-Fiと認識するため、リセットするとパスワードを含むすべての設定が消えてしまうという注意点だけ覚えておきましょう。

対処法5:つながっているWi-Fiを削除してから再度接続してみる

Wi-Fiを削除することでエラーが解消されることもあります。ホーム画面から「設定」→「Wi-Fi」→「接続しているWi-Fiをタップ」→「このネットワークを忘れる」を選択します。接続するWi-Fi名を選択、パスワードを入力し再接続を試みましょう。

【7選】自分だけiphoneのwifiが繋がらない時の対処法

対処1:iPhoneを再起動

まずはお使いのiPhoneを再起動させてみてください。再起動の仕方についてはお使いの種類によって異なる場合がございます。デバイスを再起動させたら、その都度Wi-Fiの接続状況を確認してください。

対処2:機内モードがOFFかチェック

機内モードがオフになっている場合ネットワークに接続できない状態になってしまっています。ホーム画面から「設定」→「機内モード」へ進む。横のバーが緑色になっていればオンの状態を示します。また、オンの場合はスクリーン右上側に飛行機マークが表示されています。オフにするには右側のバー部分をタップします。

対処3:Bluetoothを「オフ」にする

さらに不必要な各機能をオフにしていきます。ホーム画面から「設定」→「Bluetooth」を選択する。右側にあるバーをタップしオフにします。緑色ではないことを確認してください。

対処4:ネットワーク設定のリセット

この作業をした場合、接続したことがあるパスワード、インターネット共有の設定、VPNの設定、モバイルデータ通信の設定の各設定がすべて削除されます。ホーム画面から「設定」→「転送またはiPhoneをリセット」をタップ。リセットを選択→「ネットワーク設定をリセット」します→パスコードを設定している場合、パスコードを入力します→「ネットワーク設定をリセット」をタップ→再起動が行われます。

対処5:ストレージを減らす: Safariなどのアプリの履歴を消去してみる

Safariなど各アプリのキャッシュクリアをすることで改善されるエラーもあります。なお、この作業を行うことでSafariなどのブラウザでの閲覧履歴が消えてしまう点は注意しましょう。ホーム画面から「設定」→「Safari」→「履歴とWebサイトデータを消去」→「履歴とデータを消去」をタップし完了。

対処6:設定からiPhoneを工場出荷時の状態にする

お使いのiPhoneからすべての情報や設定を初期化します。この作業により、端末内に保存されたものは、つまりダウンロードしたアプリ、写真、連絡先などすべて削除されます。ホームから「設定」→「一般」→「転送またはiPhoneをリセット」または「リセット」→「すべてのコンテンツと設定を消去」実行します。

対処7:iOS不具合修復ソフトReiBootを試用する

上記方法を試してもまだWi-Fiが繋げない場合、それはアップデートしたiOSの不具合によるものかもしれません。すでにiPhoneにインストールしてしまったは元のバージョンにするのは不可能。しかしTenorshare Reibootを使用することでiOSの不具合を修復できます。しかも普通モードでは、iTunesを使用せずにデータを失うことなく、安全にiOSのダウングレードが可能です。またウェブサイトの手順にしたがってとても簡単に操作できます。

  • パソコンでReibootを起動した後、USBケーブルでiPhoneを接続します。

  • 「開始」をクリックし、「普通モード」を選択します。

    Reibootを起動 普通モードを選択
  • 自動で検出された最新版のiOSファームウェアの情報を確認後「ダウンロード」を押します。

    iOSファームウェアを読み込み
  • 「普通モードを開始」をクリックします。

    普通モードを開始

まとめ

以上がiOS16にアップデートした後、お使いのiPhoneが突然Wi-Fiに繋がらない場合の解決方法でした。ソフトウェアの最新版へのアップデートの通知が毎日のように表示されるからダウンロードしたけれど、その後確認できない不具合がおこることはよくあります。元のiOSバージョンに戻すということは不可能で、ただただAppleの更新を待つのは不便利だと思います。そのような問題を安全かつ簡単に解決してくれるReiBootはとてもかしこいツールです。

関連記事: 【2022最新】iOS16 アップデートが終わらない時の対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14 Pro/iPhone14 Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 16に対応