iOS 12アップデート後iPhoneが頻繁にフリーズしてしまう時の対策

  iOS 12アップデート後、iPhoneが頻繁にフリーズするときは、今回ご紹介する対策を実践してみましょう。ショップに持ち込む場合より解決にお金をかけずに済む可能性があります。

iOS 12アップデータ後iPhoneが頻繁にフリーズする原因

  iOS 12のiPhoneがよくフリーズするのは、主に以下の3つの原因が疑えるでしょう。

  iOS方面:主なフリーズの原因のひとつとして、iOSの不具合をあげることができます。iOSの動作が不安定な状態で固まる場合があるのです。なお、iOS自体が原因のフリーズは、アップデート中にも多発しています。

  アプリ方面:同時に多くのアプリが起動中では、CPUとメモリの処理能力の限界を突破して固まることがあります。また、このような状態になくても、特定のアプリの不具合によりフリーズすることもあります。

  バッテリー方面:バッテリーが劣化しているとフリーズの原因になることがあります。バッテリー容量がない中で充電とゲームを同時にするなどした結果、固まることがあるのです。

iOS 12でiPhoneが頻繁にフリーズする時の対策

対策1:iPhoneの強制再起動を行う

  iOS 12のiPhoneが頻繁にフリーズする場合、強制再起動で復元を試みる方法があります。やり方はiPhoneのモデルによって変わります。

  iPhone Xや8/8 Plusは音量を上げるボタンを押してすぐ指を離し、次に音量を下げるボタンを押してすぐ離してください。そしてアップルのマークが表示されるまでサイドボタンを押しっぱなしにします。

  iPhone 7/7 Plusは音量を下げるボタンとスリープボタンを、アップルのマークが表示されるまで同時に押し続けます。また、iPhone 6s以前のモデルの場合、アップルのマークが表示されるまで、ホームボタンとスリープボタンを同時に押し続ければOKです。

iPhone 強制再起動

対策2:iTunesでiPhoneをリカバリモードから復元

  ステップ1:iTunesの画面で復元、復元と更新、次へ、同意するの順にクリックします。

  ステップ2:IDやパスワードの入力や、ダウンロード更新または更新設定を選択する画面が表示された場合は入力、選択します。

  ステップ3:新しいiPhoneへようこその画面が出るため、利用開始設定やバックアップデータの復元を行ってください。

  なお、この作業は20分以上の時間を要することがあります。また、復元作業が終わるまでケーブルの接続は切ってはいけません。

iOS 12でiPhoneが頻繁にフリーズ問題を修復

  iOS修復ソフト「Tenorshare ReiBoot」を使用し、フリーズが頻発するiPhoneの復元を試みることが可能です。

  ステップ1:ReiBootをPCにインストールし起動後、iPhoneをUSBケーブルでPCに接続します。

iPhoneをPCに接続

  ステップ2:「あらゆるiOS不具合を解消」をクリックし、次の画面で「修復開始」をクリックします。

iPhone 修復

  ステップ3:iPhoneが頻繁にフリーズしてしまう不具合を修復するためのiOS 12ファームウェアをダウンロードします。

iOS 12 ダウンロード

  ステップ4: 修復開始をクリックし、修復状況が100%になるまで待ちます。

iOS不具合を解消

  その後フリーズしなくなれば、復元は成功です。

最後に

  iOS 12アップデート後、iPhoneが頻繁にフリーズするときの対処方法は以上です。「ReiBoot」を使えば、iOSアップデート失敗やiデバイスの脱獄失敗による50種類以上のシステム問題を修復可能なので、ぜひお試しください。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS 12 Follow @山崎 あずさ