iOS 12をインストール中にエラーが起きた場合の解決方法

  今年の九月に正式にリリースされたiOS 12ですが、新型機種だけではなくiPhone 5s/6/6sなどの旧モデルにおいてもパフォーマンスを向上できることが期待されています。しかし、iPhone/iPad/iPodでiOS 12へのアップデートを行う際に、「今すぐインストール」をタップすると「アップデートをインストールできません。iOS 12のインストールでエラーが起きました。」というエラーメッセージが表示され、アップデートに失敗してしまうこともあります。

iOS 12 インストールできない

  そのような場合はどうすればいいでしょうか?この文章は、iOS 12をアップデートする際に「アップデートをインストールできません」エラーが出る時の対処方法をご紹介します。

iOS 12のインストールでエラーが起きた時の対策5つ

  iOS 12をインストールする際にエラーが表示された場合は、以下の対策を試してみてください。

対策1:iOS 12ソフトウェアを削除して最初からやり直す

  まずは、ダウンロード済みのiOS 12アップデートを削除して、ダウンロードからやり直してみましょう。iPhoneで「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」の順にタッチして、アプリ一覧の中から「iOS 12」を探してタップします。詳細画面に入って「アップデートを削除」をタップしてiOS 12を削除してください。

iOS 12 アップデートをを削除

  削除が完了したら、もう一度「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を開いて、iOS 12をダウンロードしてもう一度インストールしてみてください。

対策2:ネットワーク設定を確認

  iPhoneやiPadのネットワーク状態が不安定・悪い時にも、iOS 12のアップデートにエラーが発生する可能性がありますので、一度iOSデバイスのネットワーク設定をリセットしましょう。「設定」>「一般」>「リセット」をタップして、「ネットワーク設定をリセット」を選択し、パスコードを入力すればデバイスのネットワーク状態がリセットされます。

iPhoneネットワーク設定をリセット

対策3:iPhoneを強制再起動して再インストール

  iOS 12のインストールでエラーが起きた時に、iPhoneを強制再起動することによってインストールできない問題を解決することも可能です。各iPhoneモデルの強制再起動手順は以下の通りです。

iPhone 強制再起動
  • iPhone 6s以前:電源ボタンとホームボタンを同時に10秒ほど長押しします。
  • iPhone 7/7 Plus:電源ボタンと音量(小)ボタンを同時に10秒ほど長押しします。
  • iPhone X/8(Plus):音量(大)ボタンをタップして放し、音量(小)ボタンをタップして放し、電源ボタンを10秒ほど長押しします。

  これで、お使いのiPhoneは自動的に再起動が行われます。その後、もう一度インストールしてみてください。

対策4:iPhoneの空き容量を確認

  iPhoneのストレージ容量が不足のため、iOS 12がインストールできない不具合が発生することもあります。「設定」アプリを開き、「一般」>「iPhone/iPadストレージ」の順にタップして、ストレージの利用状況が確認した上、普段使わないアプリや、写真動画などを端末から削除してストレージ容量を増やしましょう。

対策5:iOS 12エラーを回避するインストール方法

  上記四つの対策以外にも、iPhone/iPad/iPod向けiOS不具合復元ソフト「Tenorshare ReiBoot」を使えば、簡単にiOS 12アップデートのエラーを回避してインストールすることができます。使用方法も簡単で、iOS 12をインストール中にエラーが起きた場合は、初心者でもiPhoneに発生したエラーを修正する同時に、最新のiOS 12を簡単にインストールできます。下記よりReiBootをPCにインストールして、以下の手順でiOS 12をアップデートしてください。

  ステップ1:パソコンにiOSのデバイスを接続しましょう。

iPhoneをPCに接続

  ステップ2:ReiBootを起動して、一番下の「あらゆるiOS不具合を解消」ををクリックします。

iPhone 不具合を修復

  ステップ3:次に「修復開始」をクリックすると、修復に必要な最新のiOS 12のファームウェアがダウンロードできます。

iOS 12 ダウンロード

  ステップ4: ダウンロードが終わると修復を開始するをクリックすると、ReiBootが自動的に修復をしてくれるでしょう。

iOS不具合を解消

  完了までにはすこし時間がかかるケースもありますが、とても簡単な方法でiOS 12エラーを回避してインストールできます。

最後に

  iOS 12をインストール中エラーが出た場合の対処方法は以上です。複雑な対策がありませんが、「ReiBoot」を使った方法は操作手順がシンプルで初心者でも安全なのでおすすめします。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 石原 侑人 to iOS 12 Follow @石原 侑人