iPhoneがフリーズして固まった時の原因と対処法

  「修理から帰ってきたのです。iPhoneは突然のフリーズ等が増えてきたりと色々と大変なのです。」

  「最近iPhoneがおかしいんです。Lineなどのアプリが落ちたり、急にフリーズして動かない。」

  iPhone X/8(Plus)/7/7 Plus/SE/6s/6 Plus/6/5s/5/4sの調子が悪くて困ってしまうことを経験する人が少なくないようです。今回はiPhoneがフリーズしてしまう原因と対処法を説明していきます。

iPhoneがフリーズしてしまう14個の原因

アップルロゴでiPhoneがフリーズ

  iOS 11/10.3.3/10.3.2アップデートした後また復元している時、iPhone/iPad/iPod touchがリンゴループして起動しなっくなる場合が多いです。以下はよくある原因:

  1. iOSをアップデートしている時、不具合が発生しました。

  2. 脱獄している時、トラブルが発生しました。

  3. 有効期限が切れているiOSのベータ版を実行しています。

  4. バックアップからiPhoneを復元(初期化)します。

「iTunesと接続」画面でフリーズ

  iPhoneの画面にUSBケーブルとiTunesマークが出てきている状態を。

  iPhoneのリカバリーモードといいます。以下はよくある原因:

  1. iOS へアップデートしている時、ネット接続が切れてしまった。また、アップデートをインストールしている際、バッテリーが低いです。

  2. iTunesバックアップからiPhoneを復元している時、エラーが発生しました。パソコンに接続する時、iTunesはデバイスを認識できない。

  3. 不当な操作なのでリカバリーモードになった。

「iTunesと接続」画面でフリーズ

  1. iOSの挙動が不安定でiPhoneがフリーズしてしまう

  2. アプリのソフトウェアは問題があります。または、iPhoneを使ううちにキャッシュが多く蓄積され、容量が不足になります。これによって、アプリの起動問題が出てきました。

ホーム画面でiPhoneがフリーズ

  1.液晶保護フィルムの問題です。

  2.タッチパネルが壊れました。

  3.バッテリーが膨張していました。

  4.iPhoneを過去に落下させました。あるいは、画面割れや水濡れがありました。

  5. iOS 11/10.3.3/10.3.2システムは問題があります。

iPhoneがフリーズした場合の対処法

方法1 iPhone/iPad/iPod touchを再起動

  iPhoneの調子が悪くなったと思ったら、再起動は不具合が解決できる定番の解決法です。

  Step 1:電源ボタンを長押す→「スライドで電源オフ」を横にスライド

  Step 2: 画面が真っ暗になったら、再度電源ボタンを長押す→Appleのマークが表示され起動した後LINEを使ってみます。

方法2 アプリやiOSが最新バージョンか確認する

  アプリが最新バージョンになっていない時、フリーズしたことがあります。 なので、フリーズしてしまうアプリまたはお使いのiPhoneのiOSが最新バージョンになっているかどうかを確認してください。

  iPhone本体から最新iOSにアップデートするかを確認する方法:「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」の順に押します。ダウンロード中の画像になりますが、ソフトウェアが最新でない場合は、「iOS***」のようにバージョンが表示されています。すでに最新のバージョンになっている場合は「お使いのソフトウェアは最新です。」と表示がされます。

  もし、「ダウンロードまたはインストール」と表示がされた時、Wi-Fiに接続してダウンロードが始まり、ボタンが「ダウンロード中」の文言に変わります。ダウンロードが完了すると、「今すぐインストール」になります。「今すぐインストール」を押すとアアップデートを行うことが可能です。

方法3 リカバリーモードに突入/脱出

  ここで、iOSデバイスをリカバリーモードに入る&解除するソフトTenorshare ReiBootを勧めします。Tenorshare ReiBootはデータを紛失しない内に、画面フリーズ(Appleログ、ブラックスクリーン、起動画面、ブルースクリーンにフリーズ)、iOSフリーズ(DFUモード、リカバリーモード、ホームボタンにフリーズ)を修復できます。

  例えば、iPhone 8/7s/7/SE/6s/6/5s/5c/5/4SはAppleロゴにフリーズした場合以下の方法を参考にしてください。

  ステップ1:PCとMacにTenorshare ReiBootをダウンロードします。PCにデバイスを接続します。

  ステップ2:「リカバリーモードを入る」をクッリクします。すると、iPhone/iPad/iPodがリカバリーモードに入ります。

リカバリーモードを入る

  ステップ3:「リカバリーモードを解除」をクッリクします。すると、デバイスが再起動します。再起動すると、デバイスが正常の状態になります。

リカバリーモードを解除

方法4 iOSシステムを修復

  アプリを最新バージョンにして再インストールしてもiPhoneのフリーズを改善できない場合は、Tenorshare ReiBootの「システム修復」でフリーズの不具合を解消しましょう。

  ステップ1:iOSデバイスをPCに接続、「今すぐ修復」をタップ

Tenorshare ReiBootの「システム修復」でフリーズの不具合を解消

  ステップ2:ファームウェアをダウンロード・インポートした後、「修復開始」をタップして、システムの修復が始まります。成功に修復するには、下記のように表示します。

成功にシステムを修復

方法5 iOSデバイスを工場出荷状態に戻す方法

  リカバリーモードに突入して脱出しても無理なら、iOSデバイスを工場出荷状態に戻して試してください。iTunesを使っていない、同期したパソコンが手元にない場合は、Tenorshare ReiBootを利用すると、簡単にiOSデバイスをリセットすることが可能です。

  ステップ1:Tenorshare ReiBootをインストールし、デバイスとパソコンをUSBケーブルで接続します。

  ステップ2:ソフ基本画面の右上にある「≡」マークをクリックして、次に「工場出荷状態に戻す」を選択します。

  ステップ3:画面にある「今すぐ修復」をクリックします。これで、お使いのデバイスが初期化されます。

最後に

  もし以上の方法も無理なら、最後はAppleに修理をお願いするしかありません。iPhoneがおかしい!調子が悪くなった際のやり方をご紹介しました。iPhoneを完全に初期化されてしまう前に、大切なデータをバックアップしておくことをしっかり覚えてください。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 石原 侑人 to iPhoneフリーズ復元 Follow @石原 侑人