iOS 12アップデート後iPhoneでWi-Fi不具合が発生した時の対処方法

  iOS 12にアップデートしたあと、iPhoneのWiFiに不具合が発生したという声も聞かれます。このような形でiPhoneの快適な使用が妨げられてしまうとストレスがたまります。

  以下に不具合が起こったときの対処方法を掲載していますので、興味のある方はチェックし実践してみてください。

iOS 12:iPhoneでWi-Fi不具合が発生した時の対策

Wi-Fiをオン・オフに切り替える

  iPhoneのアップデート後にWiFiが繋がりにくく安定しない状態を招いた場合には、WiFi機能を無効にしたり有効にしたりと切り替えてみましょう。この方法を試してみることによって、繋がりにくい問題が解決する可能性があるでしょう。

iPhone WiFiをオフ

iPhoneでネットワーク設定をリセットする

  iPhoneのWiFiが不安定な状態になっている場合に、簡単に実行できる方法のひとつがこれです。

  まずiPhoneで設定、一般、リセット、ネットワークをリセットの順に進めていきます。そしてiOSのデバイスのネットワークのリセットを実行します。リセット後にはWiFiの設定から自分が利用しているWiFiを選択して、パスワードを正しく打ち込んでネットに繋ぎましょう。

iPhone ネットワークをリセット

iOSデバイスを再起動する

  iPhoneの再起動を実行してみると、WiFiの諸問題に改善が認められることが少なくありません。WiFiを有効にしたり無効にしたりしてみてもダメだった場合には、試してみても良いでしょう。

  iOS 12にアップデートしたことでWiFiに繋がらないという場合には、試してみる価値のある方法といえます。

iPhone 強制再起動

iOS 12アップデートした後Wi-Fiの不具合を修復

  「Tenorshare ReiBoot」というツールを使用することにより、iOS 12にアップデートしたことでのWiFiに繋がらない問題に改善が見られるかもしれません。このツールはPCにダウンロード&インストールすることにより扱えるようになります。

  ステップ1:ReiBootを起動させて、USBケーブルを使いPCとiPhoneを接続してください。

iPhoneをPCに接続

  ステップ2:ツール画面下部に表示される「あらゆるiOS不具合を解消」をクリックし、「修復開始」をクリックします。

iPhone 修復

  ステップ3:画面に表示されているiPhone修復のための適切なファームウェアをダウンロードします。

iOS 12 ダウンロード

  ステップ4: ダウンロードが終わったら、iPhoneの修復をスタートして作業が完了するまでお待ちください。

iOS不具合を解消

  この修復機能は最新のiOS 12ファームウェアを取得し、インストールすることで改善を狙うものです。

  注意点としては、修復中はデバイスの接続を切ったり、デバイスの操作を行ったりしないように心がけましょう。修復が完了したあとは、問題が解決していないか操作してみてチェックしましょう。

最後に

  iOS 12にアップデートしたあと、iPhoneのWiFiが繋がりにくくなった場合には、上記の対処方法を実行してみると良いでしょう。なお、「ReiBoot」は無料で試用することができるリカバリソフトウェアであるため、気軽に使用することが可能です。WiFiのオン・オフの切り替えや端末の再起動、ネットワークのリセットによるWiFiの再接続を試してみてもうまくいかなかった場合には、ReiBootで解決できないか試してみることをおすすめします。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS 12 Follow @山崎 あずさ