iOS 15のインストール中にエラーが起きた場合の対処法

iOS 15をインストール中にエラーが起こるのは何故ですか?" iPadOS 15ダウンロードしてインストールするができない"

Appleからは定期的に最新のiOS 15またはiPadOS 15がリリースされます。アップデートを待ちきれない人も多い中「アップデートをインストールできません」と表示されて、iOS 15に更新できない問題が多発しています。そこで、この記事では対処法を解説していきます。

ios15 アップデートをインストールできません

対処1:より電波が強いWi-Fiに切り替える

安定したWi-Fを利用して、アップデートしましょう。デバイスに接続したWi-Fiの電波が強くない場合、アップデート中に通信速度が遅くなったり途切れたりする可能性があります。

通信環境が不安定になるとデバイスに「アップデートをインストールできません」と表示されてiOS 15への更新が進まない原因に繋がります。その場合は、より強い電波を持つWi-Fiに切り替えて再度アップデートを試してみましょう。

対処2:デバイスの空き容量を増やす

アップデートには、デバイスの容量が必要になります。そのため、デバイスに十分な空き容量が無いと、iOS 15へアップデートできない原因になる場合があります。デバイスの空き容量を確認して足りないようであればデータを整理しましょう。それでは、デバイスの容量を確認する方法を説明していきます。

  • 「設定」>「一般」をタップします。

  • 「iPhoneストレージ」を選択します。

  • 一番上に表示される横グラフがiPhoneの容量です。

  • 空き容量が足りない場合は、いくつのアプリまたは不要なデータを削除します。

  • デバイスの空き容量を増やしてから、再度iOS15へのアップデートを試してみてください。

    iPhone 空き容量を増やす

対処3:デバイスのバッテリーの残量を確認する

事前にデバイスのバッテリーが十分にあるか確認してからアップデートを開始しましょう。アップデートの時間は、通信環境やファイルサイズにより異なります。そのため、バッテリー残量が不安な時は充電しながらアップデートを行ってください。なお、iOS 15をアップグレードする場合は、50%以上のバッテリーが残っている必要があります。

もし、アップデート中にデバイスの電源が落ちてしまうと、iOSシステムはダウンロード済みなのにインストールできないことがあります。これは、アップデート中に電源がオフになったため正常にiOSシステムをダウンロードできなかったことなどが原因です。

対処4:端末を再起動する

再起動するだけで、デバイスの不具合が解消されることがあります。意外に効果がある方法なので一度試してみましょう。再起動方法は、デバイスにより異なります。

iPhone 再起動

対処5:アップデートをもう一度やり直す

もし前にiOS 15ベータ版をダウンロードしてインストールしたことがありましたら、iOS 15 Beta プロファイルを消去して、再度アップデートを行う方法です。まずは、アップデートファイルの削除方法を解説していきます。

  • 「設定」>「一般」を選びます。

  • 下にスクロールして、「iPhoneストレージ」を押します。

  • アプリ一覧から「iOS…」>「アップデートを削除」をタップします。

  • アップデートファイルを削除したら、次は再度アップデートを行います。

    iOS 15 アップデートファイル 削除

iOS 15またはiPadOS 15にアップデートしたいなら、次のアップデートやり方をご参考ください。

関連記事: iPhone、iPadをiOS15/iPadOS15にアップデートするやり方

対処6:iTunesでiOS 15のアップデートを行う

iPhoneやiPadはデバイスからアップデートする以外にiTunesを利用してiOS 15へのアップデートが可能です。

  • デバイスをパソコンに接続します。

  • iTunesを起動して、画面左上にあるデバイスアイコンをクリックします。

  • 「概要」を選び、お使いのデバイスがiOS 15でサポートされている場合、システムはiOS 15のアップグレード画面を自動的にポップアップします。

  • 「ダウンロードしてインストール」ボタンをクリックし、画面の指示に従って、iOS 15の更新作業を行います。

    iTunes iOS 15 アップデート

対処7:ReiBootでiOSアップデート不具合を修正する

ReiBootでiOSアップデートの不具合を修正できます。ReiBootには、デバイスのデータを消去せずに修復できる、150種類以上のシステムエラーに対応しているなど業界No.1と言われるだけの実用性と機能性の高さがあります。

さらにiOS不具合の修正以外にも、ベータ版から正式版へのダウングレードやApple TVのフリーズも対処できるのでReiBootをインストールしておけば大抵のことは対応できるでしょう。

  • デバイスをパソコンに接続して、画面の「開始」ボタンをクリックします。

    iPhoneをPCに接続
  • 「普通モード」を選び、修復に必要なファームウェアをダウンロードします。

    iOS 15 不具合を修復
  • ファームウェアがダウンロードされたら、「普通モードを開始」をクリックします。

    普通モードを開始
  • しばらくすると、アップデートエラーが修正され、iPhoneが再起動されます。

    iOS 15 不具合の修復が成功

まとめ

iOS 15へのアップデート中に「アップデートをインストールできません」とエラーが表示された時は、この記事を参考に対処を行ってみてください。色々な対処法がありますが、効果的にアップデートの不具合に対処できる方法はReiBootの使用でしょう。総利用者数も世界中で63,482,249人と圧倒的に多いですし、やはり、専門的に開発された手段に勝るものはありませんね。

関連記事: iOS 15のアップデート不具合と対処法

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14Pro/iPhone14Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 15.7に対応

  最終更新日 2021-10-19 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(2 票、平均: 4.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください