iPhoneリカバリーモードを解除するやり方

iPhoneには、リカバリーモードが搭載されています。それは、何らかの不具合が起こった時に、iOSを復旧するのが目的となるモードです。

ただ、アップデートに失敗するなどで、予期せずリカバリーモードに入ってしまうことがあります。ここでは、そんな時のために解除方法を紹介していきたいと思います。

  • 【通常対処法】iTunesを使ってiPhoneリカバリーモードを解除する方法
  • 【簡単・無料】iTunesを使わずにiPhoneリカバリーモードを解除する方法
  • iTunesを使ってiPhoneリカバリーモードを解除する方法

    まずは、公式的な方法をご紹介します。iPhoneがリカバリーモードに陥って脱出できなくなる場合は、iTunesを使って解決可能です。詳細手順は以下の通りです。

    ステップ1、お使いのPC/MacでiTunesを起動して、最新版にアップデートしてください。そして、リカバリーモードになったiPhoneをUSBケーブルでPC/Macと繋ぎます。

    ステップ2、デバイスが認識されたら、 「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」というメッセージが出てきますので、ポップアップにある「復元」ボタンをクリックしてください。

    iTunesでiPhoneのリカバリーモードを解除

    その後、パソコン画面上の指示に従って初期化(復元)を実行すれば、iPhoneがリカバリーモードから脱出することが可能となります。ただし、この方法を実行すると、デバイス上のデータがすべて消去されます。事前にバックアップを作成していない場合は、お勧めしません。iPhoneを初期化せずにリカバリーモードから復元したい場合は、iTunes以外の方法を利用しましょう。

    iTunesを使わずにiPhoneリカバリーモードを解除する方法

    ここでご紹介したいのはiOS修復ツール「Tenorshare ReiBoot」です。このソフトを利用すれば、iTunesを使う必要がなく、たったワンクリックだけでiPhoneのリカバリーモードを解除することが可能です。最も重要なのは、デバイスを初期化する必要もありませんので、大事な個人データを安全に保存できます。

    リカバリーモード解除機能は5回無料利用可能なので、製品をPC/Macにインストルすればすぐに使用できます。さて、Tenorshare ReiBootを下記よりインストールして、手順に従って操作しましょう。

    ステップ1、ReiBootを起動して、USBケーブルでリカバリーモード状態のiPhoneをパソコン/Macに接続してください。

    iPhoneをPCに接続

    ステップ2、メイン画面にある「リカバリーモードを解除」ボタンをクリックして、リカバリーモードの脱出作業を開始します。

    iPhoneリカバリーモードを解除

    しばらくすると、お使いのiPhoneがリカバリモードから解除され、自動的に再起動します。

    iPhoneをリカバリーモードにする

    上記の方法でiPhoneをリカバリーモードから解除できない場合は、「Tenorshare ReiBoot」のiOS修復機能を使ってiPhoneを復元することも可能です。また、iOS修復ツールとして、データを消去せずにiPhoneをリンゴループやブラックスクリーン、再起動ループなど、50種以上のiOS不具合問題に対応できますので、ぜひ、お試しください。

      最終更新日 2019-07-25 / カテゴリ  iOS不具合修復

    (クリックしてこの記事へコメント)

    (1 votes, average: 5.0 out of 5 )

    この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください