iPhone X/8 スクリーンショットが撮れない・反応しない時の対処法

  画面キャプチャでメモする、または画像に表示されているものを友達に共有するのはごく普通なことです。しかし、iPhoneではスクリーンショットが撮れない・反応しない時があります。特にiOS 11.2.1にアップデートした後、一部のiPhone X/8にはスクリーンショットできない不具合が発生しました。

iPhoneでスクリーンショットが撮れない時の対策

  原因についてiPhone本体の動作不安定、操作ボタンの反応が悪い、この二つの原因が考えられます。解決方法は難しくないですので、下記の詳細対策を見てみましょう。

1.本体の物理ボタンが反応しない場合、Assistive Touchでスクリーンショットを撮る

  普通、iPhoneで対応するボタンを同時に押すだけでスクリーンショットが撮れます。iPhone 8/7/6s Plus/6s/SE/5s/5/4s/4などは、本体上部または側面にある「スリープボタン」と「ホームボタン」を同時に押し、iPhone Xの場合は、電源と音量(+)ボタンを同時に押すことによって画面をスクショを撮ります。しかし、偶にはボタンを押しても反応がない時もあります。その時は Assistive Touch を利用します。 iPhoneの「設定」アプリで「最上位メニューをカスタマイズ」を設置し、スクリーンショットのアイコンを追加します。そして、画面にあるボタンをタッチすれば簡単にスクリーンショットを撮れます。

iPhone 設定

2.iOSデバイスを強制再起動する

  スマホを長時間で使用する、または最新ソフトウェアにアップデートしたら、本体が不安定になってしまう可能性があります。その場合は、お使いのアイフォン/iPadを一回強制再起動する必要があります。
iPhone XとiPhone 8の強制再起動方法以前のモデルとは違います。手順は以下通りです。

  • 音量(+)ボタンを押して直ぐ離し、続いて音量(-)ボタンを押して直ぐ離します。
  • アップルロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

  これで、デバイスが一回リセットされます。

アイフォン 強制再起動

3.修復ツールTenorshare ReiBootでiPhone X/8の不具合を解消

  Appleの公式ソフトiTunes以外に、もう一つ安全かつ便利なiOSシリーズ専用の修復ツール「Tenorshare ReiBoot」が利用できます。この修復ツールの操作方法はiTunesよりずっとシンプルで、データ消失防止対策もしっかりしています。それでは、操作手順を見てみましょう。

  • ソフトをインストールし、起動します。そして、USBケーブルでアイフォンをコンピューターに接続します。
  • 端末が認識されたら、画面にある「全てのIOSフリーズを修復」をクリックして、「今すぐ修復」へ進みます。
  • 画面の指示に従ってファームウェアをダウンロードして、それが終わったら修復を実行します。

  修復が完了したらスマホが自動に起動します。そして、スクリーンショットが正常に撮れるかどうかを確認してください。

iPhone 修復
最後に

  iPhone X/8 でスクリーンショットが正常に撮れない・機能しない時の対処法は上記三つがあります。もちろん、他のモデルも同じ方法で対応できます。リンゴループや再起動ループ、リカバリーモードから脱出できない不具合が発生する時もTenorshare ReiBootで解決できますので、ぜひ、お試しください。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS不具合修復 Follow @山崎 あずさ