iPhoneでスクリーンショットが撮れない・反応しない時の対処策

画面キャプチャでメモする、または画像に表示されているものを友達に共有するのはごく普通なことです。しかし、iPhoneではスクリーンショットが撮れない・反応しない時があります。特に最新バージョンのiOSにアップデートした後、一部のiPhone X/8にはスクリーンショットできない不具合が発生しました。

iPhoneでスクリーンショットが撮れない時の対策

原因についてiPhone本体の動作不安定、操作ボタンの反応が悪い、この二つの原因が考えられます。解決方法は難しくないですので、下記の詳細対策を見てみましょう。

対策① iPhoneの強制再起動でスクリーンショットが撮れない問題を解決

スマホを長時間で使用する、または最新ソフトウェアにアップデートしたら、本体が不安定になってしまう可能性があります。その場合は、お使いのiPhone/iPadを一回強制再起動する必要があります。

iPhone XとiPhone 8/ 8 Plusの強制再起動方法以前のモデルとは違います。手順は以下通りです。

  • 音量(+)ボタンを押して直ぐ離し、続いて音量(-)ボタンを押して直ぐ離します。
  • アップルロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。
アイフォン 強制再起動

これで、デバイスが一回リセットされます。iPhoneが再起動後、スクリーンショットが撮れない問題が解決されたかを確認しましょう。iPhoneの強制再起動で症状が改善されない場合は、対策②を利用するはできます。

対策② 物理ボタンが反応しない場合、Assistive Touchでスクリーンショットを撮る

通常の場合、iPhoneで対応する物理ボタンを同時に押すだけでスクリーンショットが簡単に撮れます。

iPhone 8/ 8 Plusまで:本体上部または側面にある電源/スリープボタンとホームボタンを同時に押すことによってスクショを撮ります。

iPhone X 以降のモデル:本体右側にある電源/スリープボタンと音量(+)ボタンを同時に押すことによってスクショを撮ります。

しかし、たまには物理ボタンを押しても反応がない時もあります。その時はiPhoneのAssistive Touchでスクリーンショットを撮ることが可能です。

設定方法も簡単で、iPhoneの「設定」アプリで「Assistive Touch」→「最上位メニューをカスタマイズ」の順に進み、そこでスクリーンショットのアイコンを追加します。そして、画面にあるボタンをタッチすれば簡単にスクリーンショットを撮れます。

詳しくは「Assistive Touchでスクリーンショットを撮る方法」にてご確認ください。

iPhone 設定

対策③ iOS修復でiPhoneでスクリーンショットが撮れない不具合を解消

iOSソフトウェアやあるアプリの原因でiPhoneでスクリーンショットが突然撮れなくなった場合は、iOS修復で不具合を解消することが可能です。ここで、Appleの公式ソフトiTunes以外に、より安全かつ便利なiOSシリーズ専用の修復ツール「Tenorshare ReiBoot」をお勧めします。

ReiBootのiOS修復によって、iPhoneやiPadの使用中に発生する画面ブリーズや物ボタンが反応しない、さらにリンゴループやリカバリーモードに陥って起動しないなど、最大80種のiOSトラブルをデータ紛失せずに修正することができます。それでは、まず下記よりソフトをインストールして、詳しい操作手順を確認していきましょう。

ステップ1、ReiBootをPC/Macにインストールして、起動します。そして、USBケーブルでお使いのiOSデバイスをコンピューターに接続します。

ステップ2、デバイスが認識されたら、ソフトのホーム画面が表示されます。そして、「あらゆるiOS不具合を解消」下の「開始」ボタンをクリックします。

 スクリーンショットが正常に撮れない・機能しない不具合修復- Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

ステップ3、次に進むと、「普通モード」ボタンをクリックします。

iPhoneの不具合を修復する - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

ステップ4、ファームウェア情報を確認して問題がなければ「ダウンロード」をクリックします。

ファームウェアをダウンロードする - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

ステップ5、ダウンロードが完了したら、「普通モードを開始」ボタンをクリックしてiOSの修復作業を開始します。

ファームウェアをダウンロード中 - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消

スッテプ6、修復完了まで待ちます、修復完了したらデバイスが再起動され、デバイスのデータを消去することがなく正常に動作していた時点の状態に戻すことができます。

スクリーンショット不具合を修復する - Tenorshare ReiBootあらゆるiOS不具合を解消
最後に

iPhone X/8 でスクリーンショットが正常に撮れない・機能しない時の対処法は上記三つがあります。もちろん、他のモデルも同じ方法で対応できます。リンゴループや再起動ループ、リカバリーモードから脱出できないなどの不具合が発生する時もiOS不具合修復ツールTenorshare ReiBootで解決できますので、ぜひ、お試しください。

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14Pro/iPhone14Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 15.7に対応

  最終更新日 2021-01-26 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください