iPhoneのアップデートが終わらない時の対処法

最近、最新のiOS 15バージョンがリリースされました。iPhoneをiOS 15にアップデートするには、どうすればいいでしょうか。iPhoneのアップデートを始めたものの一向に作業が終わらない時があります。アップデートが進行しない時の対処法や、アップデートが終わらない原因について最新の情報を解説していきます。正しいiOSのアップデートの仕方についても説明するので参考にしてください。

Part 1、iOS(ソフトウェア)をアップデートする方法

iOSをアップデートする方法は主に2つあります。iPhone本体でアップデートする方法と、パソコンを使って行う方法です。

アップデートの正しい方法について知っておくなら作業中のフリーズを防げるでしょう。

方法1、iPhone 本体でのアップデート方法

iPhone 本体でアップデートする際は、Wi-Fi経由で作業します。操作手順は以下の通りです。

  • 設定アプリの一般を開き、ソフトウェア・アップデートをタップします。そして、アップデートを準備中とのメッセージを確認し、アップデートを準備中とのメッセージを確認します。最後、インストール完了後にiPhoneが再起動されるのを待ちます。
iPhoneのアップデート

アップデートを準備中とのメッセージを確認する前に、パスコードの入力をする必要があります。

方法2、パソコンでのアップデート方法

パソコンでアップデートする場合、iTunesを利用します。iPhoneをパソコンへ接続し、念のために本体のデータをパソコンへ保存しておくと安心です。

windowsパソコンのiTunesを使ったアップデートの方法を紹介していきます。

  • ステップ1、iTunesの更新ボタンをクリックします。
  • iTunesの更新ボタン
  • ステップ2、iPhoneソフトウェア更新画面の次へを選び、使用許諾契約に同意します。
  • 使用許諾契約
  • ステップ3、ダウンロード開始します。後で、上部にリンゴマークが表示されたらアップデート完了します。

アップデート中はiPhoneをパソコンにケーブルで繋いだままにしておきます。

iPhoneのアップデートが終わらない時には、いくつかの問題点をチェックしなければなりません。次の項で作業が終わらない原因について説明します。

Part2:iPhoneのアップデートが終わらない原因

アップデートできないと感じた時には、以下の原因が当てはまらないかチェックしてください。

  • よくある原因はiPhoneの空き容量が不足していることです。本体のストレージが十分にないとアップデートできません。
  • ストレージ
  • 別の原因は、バッテリーが十分ではないことです。アップデートの途中に電池が無くなってしまうと作業を完了できません。
  • Wi-Fiの電波が弱かったり通信が遅かったりする時にも、アップデートが完了しないことがあります。
  • Wi-Fiの電波

Part3:iOSアップデートが終わらない時の対処法

iOSのアップデートが終わらない時にどのように対処したらよいでしょうか。試してみたい8つの対処法について解説していきます。

対処法1、必要な空き容量を確認する

iOSのアップデートが進まない場合、以下の方法でまず本体に必要な空き容量があるか確認しましょう。

     
  • 設定アプリの一般を開き、iPhoneストレージをタップします。
  • 容量が一杯なのであれば、非使用のAppを取り除くという機能を使うと空き容量を増やせます。

対処法2、充電しながらアップデートする

充電しながらアップデートすることも大切です。前の項で説明したとおり、電池が途中で切れると作業が完了しません。iOSのアップデートは電池を消耗するため、iPhoneを充電器に繋ぎながら作業するようにしてください。

対処法3、iPhoneを強制再起動してみる

iPhoneのアップデートが終わらず、画面がフリーズしてしまったら強制再起動を試してください。

使っている機種がiPhone8より前の機種であれば、以下の方法で強制再起動できます。

  • 電源ボタンを長押し、画面に表示される電源オフスライダをずらします。
  • 電源ボタン

iPhone8より後の機種の操作方法も紹介します。

  • 電源ボタンとボリュームボタンを長押し、画面に表示される電源オフスライダをずらします。

対処法4、そのまま放置してみる

アップデートが終わらないように感じても、ただ単にインストールに時間がかかっているだけかもしれません。そのまま放置してみることも対処法の一つです。しばらくの間、様子を見てみましょう。

対処法5、電波が安定しているWi-Fi環境でアップデートする

iOSのアップデートは数ギガバイトのデータをダウンロードすることがあるため、電波が安定しているWi-Fi環境で作業しなければなりません。インターネットが混み合っていない時間帯や、電波が安定するWi-Fiルーターの近くで作業しましょう。

対処法6、アップデートを一度削除して再ダウンロード

アップデートを一度削除し、再ダウンロードしてみる方法があります。下記の手順で行ってください。

  • 設定アプリの一般を開き、iPhoneストレージのアップデートを選び、アップデートを削除をタップします。
  • アップデートの削除

アップデートデータの削除完了後、再度ソフトウェア・アップデートの項目から作業を始めてください。

対処法7、iTunesでiPhoneをアップデートする

iPhone本体でアップデートして上手くいかない場合、iTunesを使ってアップデートしてみましょう。手順は、先のiTunesを使ったアップデート方法の項を参照してください。

対処法8、Tenorshare ReiBootを利用して修復する

簡単に対処したい時には、Reibootを利用して修復する方法がオススメです。ReiBootとは、iPhoneのあらゆる不具合を手軽に修復できるソフトです。アップデートが終わらない時のReiBootを使った対処法を説明します。

  • ステップ1、ReiBootをパソコンへインストールします。
  • ステップ2、iPhoneをパソコンへ接続し、開始ボタンをクリックします。
  • 開始ボタン
  • ステップ3、デバイスを修復する方法を選択します。
  • 修復する方法
  • ステップ4、最新のファームウェアを「ダウンロード」をクリックします。
  • ファームウェアのダウンロード

画面の指示に従って操作すれば、アップデート時の不具合を解消できます。自動でReiBootがiPhoneにあったファームウェアをダウンロードして対処してくれます。

まとめ

上記は、iPhoneを最新のiOSにアップグレードするやり方について紹介しました。iPhoneのアップデートが終わらない時の対処法は、空き容量をチェックすることや充電器に接続することです。 簡単に問題を解決したいのであればReibootを使ってみましょう。ReiBootが自動でアップデート失敗の原因を解消してくれます。

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14Pro/iPhone14Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 16に対応

  最終更新日 2021-09-03 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(8 票、平均: 3.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください