【iOS 14/13】iPhoneでミュージックアプリが勝手に起動する問題を改善する

最近、AppleがiOS 14/13.2/iOS 13.1/iOS 13などの新しいバージョンをリリースし、Appleユーザーは新しいバージョンにアップグレードしています。iOS 13にアップデートした後に、iPhoneでミュージックアプリが勝手に起動するといった現象が起きていますか。ミュージックアプリが勝手に起動する問題が発生した場合は、まずiPhoneとミュージックアプリが再起動する方法で試していますが、ミュージックアプリ不良を全然改善しません。

iPhoneでミュージックアプリが勝手に起動するといった不具合が起きたら焦ってしまいます。ミュージックアプリの不具合に、どう対処したら良いでしょうか。この記事では、ミュージックアプリが勝手に起動する問題を改善する方法をご案内いたします。初心者におすすめの方法も紹介しています。

iPhoneでミュージックアプリが勝手に起動する時の対処法

ミュージックアプリを再インストールする

iPhone 11/XR/X/8/7でミュージックアプリが勝手に起動するのは、iOS 13にアップデートにより、ミュージックアプリに何か問題を発生した可能性があります。iPhoneの再起動とミュージックアプリの再起動方法を使って、不具合を解消できない場合は、いっそうミュージックアプリを削除して、またインストールします。

ミュージックアプリを削除

「Siriと検索」の協力を無効にする

iPhoneでミュージックアプリが勝手に起動する原因は、Siriはあなたの言葉に間違って反応したかもしれません。「Siriと検索」をオフにして、ミュージックアプリが勝手に起動するかどうかを確認しましょう。

「Siriと検索」をオフにする方法:

ステップ1:iPhoneのホーム画面から設定をクリックします。

ステップ2:設定から「Siriと検索」を選択します。

ステップ3:「“Hey Siri”を聞き取る」項目をオフにします。

「Siriと検索」をオフにする

ミュージックアプリの通知をオフにする

ミュージックアプリを閉じたのに、iPhoneのロック画面からミュージックが消えないため、誤ってタッチしてミュージックアプリが再起動した可能性があります。ミュージックアプリの通知設定を変更する方法でミュージックがロック画面から消えます。これにより、誤ってタッチしてミュージックアプリを勝手に起動する可能性が低くなります。

iPhoneでミュージックアプリの通知をオフにする方法:

ステップ1:iPhoneで「設定」の中に入り、「通知」をクリックします。

ステップ2:通知から「ミュージック」を選びます。

ステップ3:「通知を許可」をオフにします。これでミュージックの通知がiPhoneの画面に表示しません。

ミュージックアプリの通知をオフにする

ミュージックアプリの利用機能を制限する

設定アプリのスクリーンタイムを選ぶと、制限できる項目を選べます。ミュージックをオフにするとミュージックの機能が制限されています。これでミュージックアプリの誤作動を防げることがあります。

ミュージックアプリの利用機能を制限する方法:

ステップ1:iPhoneのホーム画面から設定の中に入ります。

ステップ2:設定の一覧から「スクリーンタイム」選択します。

ステップ3:スクリーンタイムの画面から「常に許可」項目をクリックします。

ステップ4:「常に許可」項目から色んなアプリがあり、許可されたappから「ミュージック」を削除しましょう。

ミュージックアプリの機能を制限する

「Apple Musicを表示」をオフにする

それでも、iphoneのミュージックが自動で起動してしまうなら「Apple Musicを表示」をオフにするのを試してください。

1.設定アプリからミュージックの項目に入ります。

2.「Apple Musicを表示」の部分をオフにします。

「Apple Musicを表示」をオフにする

ReiBootでミュージックアプリの不具合を修復する

初心者におすすめな簡単なミュージックアプリの不具合の対処法は、ReiBootというトラブル解消ツールを使う方法です。

Tenorshare ReiBootは、専門的なiOS 不具合 修復ソフトとして、起動障害、iOSクラッシュやアップデートによるエラーをはじめ、データを消去せずにiPhone/iPad/iPodを各種のトラブルから脱出して、正常な状態に戻れます。それに、修復操作がわかりやすくて、ワンクリックでiOSの色々なトラブルを自動で直してくれる頼もしい修復ソフトです。

ミュージックアプリの不具合をReiBootで直す方法を紹介します。

ステップ1:ReiBootがダウンロードして起動し、iPhoneを公式のLightning USBケーブルでパソコンに接続します。

iPhoneを公式のLightning USBケーブルでパソコンに接続

ステップ2:iOS デバイスが認識されたら、「あらゆるiOS不具合を解消」ボタンを選択します。

あらゆるiOS不具合を解消

ステップ3:次に進むと、「修復開始」ボタンをクリックします。

修復開始

ステップ4:前のダウンロードが完了したら、「今すぐ修復」ボタンをクリックしてiOSの修復作業を行えます。

「今すぐ修復」ボタンをクリック

修復が終了したら、「修復完了」の画面が表示されます。ReiBootは不具合を解消する際に、iPhoneに入っている音楽データが削除されないよう保護してくれるので安心です。

Appleサポートセンターに問い合わせる

何をしても直らないときには、Appleサポートセンターに問い合わせてください。担当者にミュージックアプリの不具合の状況を正確に伝えましょう。

まとめ

iPhone 11/XR/X/8/7でミュージックアプリが勝手に起動したときの対策はいくつもあります。ミュージックアプリが勝手に起動した場合は、iPhoneまたはミュージックアプリを再起動する方法以外に、ほかの改善方法もあなたの役に立つことを願っています。その中でも簡単でスピーディにトラブルを解消できるのは、ReiBootを使った方法です。iPhoneの設定アプリを使い慣れていない人におすすめの対策方法ですよ。

iOS 13にアップデータしたあとに、別の不具合が発生した場合のために、我々は、iOS 13にアップデータによるほとんどの不具合とその対処法を調べてまとめました。ご参考になれば幸いです。

関連記事: 「iOS 13にアップデートした後の不具合とその対処法まとめ

  最終更新日 2020-09-17 / カテゴリ  iOS不具合修復

(クリックしてこの記事へコメント)

(1 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください