iPhone・iPad を売却または譲渡する前に完全に初期化する方法

機種変更した後、以前に利用していたiPhoneやiPadを家族に譲渡したり、中古ショップやキャリアへ下取りに出したりするのはよくありますね。iPhoneを他人に渡す前に、個人情報の漏えい防止のために、デバイス内を初期化して、データを完全削除しておくことが大事です。

iOSデバイスを初期化する方法はいろいろありますが、ここでは、4つの方法(ツール)をご案内します。ちなみに、初期化を実行する前に、しっかりバックアップを取って、「iPhoneを探す機能」を停止してiCloud からサインアウトしてください。

方法1:iPhoneの設定ですべてのコンテンツと設定を消去

設定アプリの「リセット」機能を利用してiPhone、iPad、iPod touchのすべての情報を消去するのはデバイス単体でも実行できる最も便利な方法です。「設定」→「一般」→「リセット」の順にタップして、「すべてのコンテンツと設定を消去」を選んで、入力画面が表示されたらパスコードと Apple ID のパスワードを入力します。しばらく待つと、デバイスのデータが消去されます。

iPhone データ削除

方法2:iTunesでデバイスをリカバリモードから初期化

iTunesを使ってデバイスをリカバリモードから初期化するのも、広く用いられているもう一つの方法です。操作手順は以下通りです。

  • 1.iTunesを立ち上げて、iPhone/iPadをPCに接続します。
  • 2.デバイスを手動でリカバリーモードに入れます。
  • 3.iTunesで「アップデートまたは復元を必要としているiPhoneに問題があります」というポップアップが表示されたら、「復元」を選択します。
iPhone 初期化

方法3:Tenorshare ReiBootを使ってiPhone/iPadを工場出荷状態に戻す

Apple公式ツール以外にも、iOSデバイス用の専門修復ツール『Tenorshare ReiBoot』でも、お使いのiOSデバイスを工場出荷状態に戻すことができます。この方法は、アイフォンをリカバリモードにすることはいりません。ソフトを起動して、デバイスをパソコンに接続できたら基本画面の右上にある「≡」マークをクリックして、「iPhoneを工場出荷状態に戻す」を選択します。そして、画面の指示に従って進めば初期化作業が行われます。

iPhone 出荷状態

方法4:Tenorshare 4uKeyでアイフォンのすべての情報を消去

上記三つの方法以外に、『Tenorshare 4uKey』を使ってアイフォンのすべての情報を消去することもできます。この製品は、アイフォンやiPadのパスコードを忘れてロック解除できない時に役立つツールです。

この方法では、たった2ステップでデバイスのすべての情報を数分内で消去できます。

  • 1.ソフトを起動して、iPhone/iPad/iPod touchをUSBケーブルでコンピュータに接続します。
  • 2.デバイスが認識されたら、「開始」をクリックし、最新のiOSソフトウェアをダウンロードできたら、「今すぐ解除」をクリックすれば初期化作業が開始されます。5分ほど待てば、アイフォン内のすべての情報が消去されます。
iPhone 消去
最後に

iPhoneやiPad を売却または譲渡する前に上記4つの方法でデバイスを完全に初期化することができます。また、作業を実行する前に必ず「iPhoneを探す機能」を停止してiCloud からサインアウトしてください。

4uKey
Tenorshare 4uKey
iPhoneのパスコードロックを素早く解除
  • 安全かつ効率的にiPhone・iPad・iPodのパスコードロックを解除可能(100%成功)
  • 4桁や6桁の数字コード、Touch ID/Face IDまたはカスタムの英数字コードなど各種パスコードに適用
  • 全てのiPhone・iPad・iPodをサポート(iPhone XS/XS Max/XRを含む)

/ Posted by 山崎 あずさ to iPhone初期化 Follow @山崎 あずさ