iOS 12にアップデートする前に空き容量を確保する方法

  数多くの新機能が搭載されたiOS 12がついに公開され、早速アップデートを考える人が多いでしょう。しかし、iOS 12をインストールするには、iPhoneやiPadに数GBの空き容量が必要になります。空き容量不足でiOS 12へのインストールがうまく行けないという事態を避けるため、iOS 12をにアップデートする前に十分な空き容量を確保する簡単な方法をご紹介します。

iOS 12のアップデートに必要な空き容量

  iOS 12にアップデートをするのなら空き容量を確保しなければいけません。トラブルが起きてしまうと、データ紛失などが起こる可能性が高くなるので十分に注意しましょう。では、実際にどのくらいの空き容量が必要なのかですが、現時点では約1.9GB程度のファイルをダウンロードしなくてはいけません。余裕を考えると3GB程度の空き容量は欲しいところです。

iOS 12インストール前後、iPhoneを快適に使える空き容量を確保

  iOS 12へのアップデートする前の準備事項だけでなく、アップデートが完了後、iPhoneの空き容量が多くないため端末の動作が重くなったり、反応が遅くなったりすることもよく発生します。そういう問題を回避するため、きちんとiOSデバイス内のデータを整理し、空き容量を増やすのが必要です。ここでは、このページはiOS 12にアップデート前後に容量不足の問題を解決する方法をご紹介します。

不要な写真を削除

  代表的なのは不要な写真を削除するという方法です。写真にしても古いものや撮影しても使っていないものも多いので、iOS 12に必要な空き容量を確保するのなら、そうしたデータを削除することを最初に考慮しておきましょう。

  操作方法については、iPhoneで「写真」アプリを開き、「選択」をタップして削除したい写真を選択します。選択が終わったら、右下のゴミ箱のアイコンをタップすれば、選ばれた項目がアルバムから消去されます。しかし、これで端末から削除したわけではありませんので、「アルバム」>「最近削除した項目」も順位タップして、「選択」>「すべて削除」を実行してください。これで、デバイスの空き容量を増やすことができます。

iOS 12 iPhoneの写真を削除

  削除が完了したら、もう一度「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を開いて、iOS 12をダウンロードしてもう一度インストールしてみてください。

アプリのキャッシュデータを削除

  iOS 12へアップデートをする時に空き容量の確保をする方法としてはアプリのキャッシュを削除するのも効果的です。アプリのキャッシュを削除するには、各アプリを削除してインストールし直すのが一般的な方法になります。別の方法としては一括削除を利用する方法です。

  設定からアプリ、一般、ストレージとiCloudの使用状況をタップすると、使用可能と書かれた欄があります。この欄に書かれている容量を覚えておきましょう。次にiTunes Storeのアプリを起動して映画を選択します。映画情報でサイズを確認して使用可能容量を上回る作品を見つけてください。その映画のレンタルか購入をタップすると、ダウンロードできませんと表示されます。これだけでキャッシュを自動的に削除してくれます。

  また、使用容量が大きいアプリや普段ほとんど使っていないアプリを削除することによって、iPhoneに空き容量を快速に作成することができます。削除する場合は、アプリ名を長押しして、アプリアイコンの左上に「x」マークをタップして、確認メッセージで「削除」を選択すればOKです。

iPhone アプリを削除

Safariで検索・閲覧履歴等をクリア

  iOS 12のために空き容量を確保する仕方としては、Safariの履歴を削除する方法もありますので覚えておきましょう。手順としては設定からSafariをタップして、履歴とウェブサイトデータを消去という項目を探してください。さらにタップで、履歴とデータ消去を実行するとキャッシュを削除できます。

簡単なデータ管理でiOSデバイスの空き容量を確保

  上記の方法ではiOS 12アップデートする前後に容量を増やして容量不足問題を解決することができますが、デバイスで色々と操作しなければならず、少々面倒な気がしますよね。ここでは、iPhone/iPadのデータ管理や空き容量の快速作成に役立つツール「Tenorshare iCareFone」をおススメします。iCareFoneを利用すれば、iOS 12アップデート前に、iPhoneのバックアップを簡単・自由にとることができますし、要らないファイルを迅速に確認し、一括で削除することもできます。複雑の操作も要らず、パソコンやアプリの操作にあまり詳しくない方でも気楽に利用できます。試用版も提供していますので、まずは下記よりiCareFoneを無料ダウンロードしましょう。

  ステップ1:まずは、アプリをインストールしたデバイスをパソコンと接続してください。接続ができたら、一度削除してしまったデータを復元できますよう、「バックアップと復元」を選択してiPhoneのバックアップを取りましょう。

iPhoneをバックアップ

  ステップ2:バックアップした項目を選択し、「バックアップ」ボタンをクリックします。

iPhone バックアップ

  ステップ3:しばらくすると、デバイスデータのバックアップが完了します。そして、「ファイル管理」を選択します。iCareFoneはiOSデバイス内の写真や音楽、ビデオ、連絡先、メッセージ、アプリケーション、iBooks、ブックマークなど、8種類のデータを簡単に管理することができますので、ファイルごとに削除したい項目を確認して、順番に削除しましょう。

iOS 12 データを削除

  iPhoneデータの整理・削除が完了したら、一度iPhoneの電源を切って、再起動してください。そして、「設定」>「一般」>「ソフトウェア・アップデート」を開いて、iOS 12をダウンロードしてもう一度インストールしましょう。

最後に

  以上はiPhone/iPad/iPod touchをiOS 12にアップデートする前後に十分な空き容量を確保する方法です。「iCareFone」を使えば、iPhoneのデータを快速に管理することが可能で、iOSデバイスとPCの間でコンテンツを自由に転送することもできます。ぜひお試してみてください。

iCareFone
Tenorshare iCareFone
iPhoneデータ転送に最適・iOS 12まで対応
  • iPhoneやiPadの音楽、写真、ビデオ、連絡先などデータを手軽にPC/Macへ転送
  • iPhone/iPad/iPod Touchに音楽、写真、ビデオなどデータを追加、整理、削除
  • iPhoneデータの一括バックアップは勿論、選択したデータだけをバックアップすることも可能
  • iPhoneからPC/Macへ、PC/MacからiPhoneへのデータ転送がより簡単に!

/ Posted by 山崎 あずさ to iOS 12 Follow @山崎 あずさ