iOS不具合修復

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【2024年最新版】iPad電池(バッテリー)の減りが早い時の原因と解決方法

「iPadのバッテリーの減りが早くなった…」このような経験はありませんか。バッテリーの減りが早くなると、iPad自体が熱くなったり、充電を何回もしないといけなくなります。バッテリーが劣化する原因はいくつかあり、それに合わせた対処法を行うことが重要です。この記事ではiPadのバッテリーの減りが早くなった時の原因と対処法について詳しく解説します。

Part 1、iPadのバッテリーの減りが早い原因は何ですか?

原因1、アプリがバックグラウンドで動いている

未使用のアプリがバックグラウンドで動作しているため、バッテリーが消耗されます。特に、常に通信を行うSNSや大容量のゲームアプリは、バッテリーを急速に消耗させます。

原因2、アプリの自動更新がオンになっている

自動更新がオンになっている場合、アプリが無意識のうちに更新されるためバッテリーの消費が激しいです。

原因3、「位置情報サービス」を使用している

GPSを使用するアプリは常に位置情報の更新を行うため、バッテリーの減少が速いです。

原因4、iPadの画面が明るすぎる

画面が明るいと、バッテリーの消費スピードが上がります。画面の見やすい明るさにすることをおすすめします。

原因5、高温・低温による不具合

iPadの最適な温度は16〜22度です。過度に暑い環境や極端に寒い場所での使用は避け、適切な温度で利用しましょう。

原因6、バッテリーの劣化

バッテリー本体が劣化している可能性があります。バッテリーの最大容量が80%を切っていると、バッテリーが劣化しているといえます。

原因7、iPadOSバージョンが古すぎる

OSのアップデートによりバッテリーの消費が軽減されることがあります。最新のOSには、省エネ機能が組み込まれていることがあるため最新版にアップデートしましょう。

Part 2、iPad電池の減りが早い時の解決方法

方法1、不要なアプリを終了する

電池消費量が多かったり、あまり使わないアプリは削除しましょう。

不要なアプリを確認したい場合は、以下の手順を実行しましょう。

Step1: 設定>バッテリーの順に選択します。

Step2: アクティビティを確認します。

ipad バッテリー 減り が 早い

方法2、アプリ自動更新をオフにする

アプリ自動更新をオフにして、自動的にアップデートされるのを防ぎましょう。

アプリ自動更新をオフにしたい場合は、以下の手順を実行しましょう。

Step1: 設定>一般の順にタップします。

Step2: 「アプリのバックグラウンド更新」をタップします。

Step3: 「アプリのバックグラウンド更新」をオフにします。

ipad バッテリー 減り が 早い

方法3、「位置情報サービス」を無効にする

位置情報サービスが有効だと、バッテリーの消費が激しいため無効にしましょう。

「位置情報サービス」を無効にしたい場合は、以下の手順を実行しましょう。

Step1: 設定>プライバシーとセキュリティの順にタップします。

Step2: 「位置情報サービス」をタップします。

Step3: アプリごとに設定するか、全てのアプリの位置情報サービスをオフにします。

iPhoneをリセット

方法4、専門的なiOS修復ソフトを利用して、iPad電池の減りが早い問題を修正する

音量が勝手に小さくなるのは、iPhone自体に問題がある可能性があります。Tenorshare ReiBootならデータを失うことなくiOSの不具合を数分で修正できます。1クリックでリカバリモードを起動・解除できるなどの他機能もあります。

  • ReiBootをパソコンにダウンロードしてインストールします。インストールが完了したらReiBootを起動してiPhoneをPCに接続し、「開始」をクリックしてください。

    ipad バッテリー 減り が 早い
  • データを保存したまま修復を試す「普通モード」を選択して先に進みます。

    ipad バッテリー 減り が 早い
  • iPhoneに適したファームウェアのバージョンが表示されます。「ダウンロード」をクリックします。

    ダウンロード クリックします
  • ファームウェアのダウンロードが完了したら「普通モードを開始」をクリックしてiPadシステムの修復を始めましょう。

    普通モードを開始

方法5、iPadOSを最新のバージョンにアップデートする

iPadが最新バージョンでないと不具合が発生する可能性があります。iPadを最新のバージョンにアップデートしたい場合は、以下の手順を実行しましょう。

Step1: 設定>一般の順に選択します。

Step2: 「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

Step3: 「ダウンロードしてインストール」をタップします。

ipad バッテリー 減り が 早い

方法6、iPadのバッテリーを交換する

AppleCare+に登録して無料の交換サービスを利用するか正規店や非正規店でバッテリー交換を依頼する方法があります。AppleCare+はAppleが提供する正規の製品保証サービスで、故障時に手頃な価格で修理が可能です。

Part 3、iPad電池の減りが早いについてよくあるご質問

質問1、iPadのバッテリーは何年くらい持ちますか?

iPadのバッテリーの寿命は2年くらい持つといわれています。バッテリーの最大容量が80%を切っていると劣化しているので、バッテリーを交換しましょう。

質問2、iPadの充電が減らないようにする方法は?

「不要なアプリを削除する」「アプリの自動更新をオフにする」「位置情報サービスを無効にする」「OSを最新のバージョンにアップデートする」などがあります。ReiBootならデータを失うことなくiOSの不具合を数分で修正できます。

まとめ

この記事ではiPadのバッテリーの減りが早くなった時の原因と対処法について詳しく解説しました。iPadのバッテリーの寿命は2年くらいのため、バッテリーが劣化したら交換することをおすすめします。バッテリーの減りを防止するには、不要なアプリを削除したりOSを最新のバージョンにアップデートするなどがあります。Tenorshare ReiBootであればデータを削除せずに最新バージョンにアップデートしてくれます。

関連記事: 【絶対治る】iPhoneの音量が勝手に下がるの対処法まとめ

データを失わずにiPhoneフリーズ不具合を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでiPhoneのリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • すべてのiPhone・iPad、最新のiOS 17とiPadOS 17に対応