iTunes 情報管理

iTunes 不明なエラー 50でiTunesが同期できない場合の修正方法

先日、ある友達は「iPhone 6s PlusをMacでバックアップを取ろうとするとき、不明なエラー(-50)が発生しました。」と話した。彼はDFUモードで回復しようとしましたが、うまくいきません。同じエラーはまだ起きます。

あなたも同じiTunes エラー 50に遭遇しましたか、そうしたとき、どうすればこのiTunes 不明なエラー 50を修正しますか。このページで、iTunes エラー 50が発生した原因とその解決方法についてをご説明します。

iTunes エラー 50が発生するのはなぜですか

iTunes 不明なエラー 50とは、通常iOSデバイスが復元中、同期中またはダウンロード中に、iTunesがサーバーに接続できない場合に発生するiPhone 同期 エラー 50です。

主な原因は以下の通りです。

  • 1.USBとハードウェアの接続
  • 2.購入したコンテンツを更新できない
  • 3.インターネット接続エラー
  • 4.iTunesについてのファイルが破損している
  • 5.同期するiosデバイスとデータの乖離がある
  • 6.サードパーティー製のセキュリティソフトとの競合

iTunes 不明なエラー 50を修正する方法

USBケーブルとポートの接続を確認する

USBケーブルとポートの接続に問題があると、不明なエラー 50が発生することがあります。
USBケーブルが破損するとか、またはUSBケーブルとポートの接続が緩んでいること、同期がうまくいかなくて、不明なエラー 50が出た可能性があります。そのため、使用しているUSBケーブルが正常に機能しているかどうかを確認ください。さらに確認するには、現在のケーブルを3-5回デバイスに接続します。または、ほかのUSBポートで試してみてください。

iPhoneのSIMカードを確認する

iPhoneからSIMカードを取り出して、SIMカードなしで、iTunesを復元してみてください。

インターネット接続をチェックする

ルーターの設定を確認することもiPhone 同期 エラー 50を解決するための方法の一つです。それがiTunesが使用するポートをブロックしているかどうかを確認するべきです。

ファイヤーウォール/ウィルスの設定を確認する

ファイヤーウォールやウィルス対策ソフトウェアが、不審なプログラムと考えられるiTunesからの操作を中止することがあります。そのため、ブロックされているソフトウェアのリストを調べ、iTunesがブロックリストにふくまれていないことを確認する必要があります。

iTunesをアンインストールする

あなたはコンピューター上のiTunesが同期、アップデートあるいは回復行動をサポートするかどうかを確認するべきです。できない場合は、既存のiTunesをアンインストールして最新のiTunes再インストールすることができます。Appleのウェブサイトから最新バージョンのiTunesをダウンロードしてインストールすることをお勧めます。

iPhotoのライブラリを再構築する

iPhoneのデータを復元する時に、整合性が合わないとiTunes 不明なエラー 50が出ることがあります。 このとき、よく原因となっているのは、iPhotoのライブラリのアクセス権が不整合ということです。

    iPhotoのライブラリを再構築するには:

  • iPhotoが開いている場合は終了します。
  • 「optionとcommand」キーを押しながら、起動させます。
  • すると、ダイヤログが表示されますので、行いたい操作を選択します。
  • 再構築をするになら、iPhotoライブラリのデータベース再構築を選んでください。
  • iosのデバイスとの不具合なら、ファイルアクセス権を検証して修復を選択します。

iTunes修復ツールでiTunes エラー 50を解決する

TunesCareを利用し、不明なエラー 50を修正

TunesCareはオールインワンのiTunes修復ツールとして、iTunesが同期できない、iTunes がバックアップできない、またはiTunesアップデート中にエラーが発生したすべてのiTunes エラーや不具合を効率的に修復することができます。

このアプリは修復ステップが簡単で分かりやすいので、初心者でもパソコンに苦手な人でも手早く使ってiTunes 不明なエラーを完全に修復するようになります。

不明なエラー 50を修正するには、まず、TunesCareをダウンロードして起動します。

ステップ1:iosデバイスをパソコンに接続し、デバイスが認識されたら、「すべてのiTunes不具合の解消」をクリックします。

ステップ2:次の操作画面に入って、「iTunesのエラーを修復する」をクリックします。

ステップ3:修復作業が実行します。数分かかり、次のような画面が表示され、修復は成功しました。

最後に

不明なエラー 50が出て、iOSデバイスはiTunesで復元または同期することができない時、上記の解決方法を使ってください。iTunes 向けの修復アプリ「TunesCare」を利用して、iTunes エラー 50を修復するのは一番お勧めです。操作がわかりやすくて、手間も省けます。ぜひ試してみてください。

iPhone/iPad/iPodがiTunesと同期しようとしたとき、ほかの不具合でiPhoneがiTunesで同期がうまくいかない、また認識されない場合には、この記事「iTunesとiPhoneが同期できない時の対策」を参考しながら、不具合を解決しましょう。

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能
Update 2019-07-25 iTunesエラー
お役に立ちましたか?
はい
いいえ
ディスカッションに参加して、あなたの意見をここに共有してください