当ウェブサイトでは、クッキーを使用しております。当サイトを継続してご利用いただくには、クッキーの使用を承認する必要があります。クッキーポリシー
同意して閉じる

iTunesエラーコードとそれぞれの状況に応じた解決方法一覧

  iTunes を使用する際に、特定のエラーコードが記載された警告メッセージが表示される場合があります。エラーコードは結構 ありますが、エラーメッセージはだいたい「不明なエラーが発生しました」、「iPhoneを復元できませんでした」、「iPhoneを更新できませんでした」、この三つがよく表示されます。

  今回の記事では、これまでによく報告されたエラーコードとそれぞれに対応する解決方法をまとめてみました。以下の方法では100%解決できるというわけではないですが、ご参考程度にしていただければ幸いです

iTunesエラーコード一覧
0 - 100 -1、2、3、4、6、7、9、10、11、12、13、14、16、17、20、21、23、26、27、28、29、34、35、36、37、39、40、-48、-50、53、-54、56
101-999 306
10xx 1002、1004、1011、1012、1013、1014、1015
16xx 1600、1601、1602、1603、1604、1611、1638、1643-1650、1667、1669、1671
2xxx 2001、2002、2005、2006、2009、2324
30xx 3002、3004、3013、3014、3015
31xx 3194
32xx 3200、3212、3253、3259
42xx 4260、42408
50xx 5002
11xxx 11503
130xx 13014
Hex Codes 0x80090318、0x80090326
警告メッセージ iPhoneを同期できません;iPhoneを更新できません;iPhoneを復元できません;原因不明のエラーが起きたため、iTunesはこのiPhoneに接続できませんでした;このパッケージをインストールするときに予期しないエラーが検出されました。このパッケージは問題がある可能性が有ります。

iTunesエラーが発生した時に考えられる原因

iOSデバイスやiTunesに通信故障が発生する場合

  表示可能なエラーコード:17、1638、3014、3194、3000、3002、3004、3013、3014、3015、3194、3200(注意:エラー1671 が表示される場合は、必要なソフトウェアをダウンロード中ですので、ダウンロード終了までしばらく待ってから、もう一度試してください。)

  警告メッセージ:「iPhoneを復元できません」、「ソフトウェアをダウンロード中に問題が起きました」、「このデバイスは、要求されたビルドには使用できません」…

  対処法:上記のコードが出た場合は、だいたいiTunes がアップデートサーバと通信できないことが原因であると考えられます。 その時は「hosts」ファイルを確認することが必要です。詳しくは「不明なエラーが発生しました(3014)の解決方法」までご確認ください。

 iTunes エラー

USBの接続に問題がある場合

  表示可能なエラーコード:9、13、14、1600、1601、1602、1603、1604、1611、1643 〜 1650、2000、2001、2002、2005、2006、2009、4005、4013、4014

  警告メッセージ:「無効な応答」、「iPhoneを復元できません」…

  対処法:上記のコードが表示される場合は、、Wi-Fiの信号が弱い、デバイスの容量不足、USBケーブルに触れてしまって接続が不安定になるなどが考えられます。別の USB ポートに切り替える、またはiPhone/iPad/PCを再起動してから、再実行します。詳細情報は「iTunesでエラーコード9、4005、4013、4014が出た時の対処方法」をご参考ください。

古いソフトウェアや不正改造されたソフトウェアを利用した場合

  エラーコード1015が出ると、「必要なリソースが見つかりませんでした」というメッセージが表示さます。その場合は、デバイスのジェイルブレイクや脱獄など、iOS が不正に改造されている疑いがあります。または、古いバージョンの iOS をインストール (ダウングレード) しようとしている可能性も考えられます。

他社製のセキュリティソフトウェアに影響された場合

  表示可能なエラーコード:4、6、20、21、23、26、28、29、34、36、37、40、1630 〜 1641、3000 〜 3999、9000 〜 9999*

  エラー症状:iPhone/iPad/Pod touchがiTunesで認識されない、バックアップ/復元/アップデート/同期/アクティベーションできない、iTunes Store に接続できず、コンテンツを購入またはダウンロードできない、iTunes が開かない。

  対策1. コンピュータで日付と時刻、時間帯が正しく設定されていることを確認します。

  対策2. ゲストアカウントではなく、管理者ユーザアカウントにログインします。

  対策3. iTunes、OS X、Windowsまたはセキュリティソフトウェアをアップデートします。

  対策4. 接続を確認して、セキュリティソフトウェアを一時的に削除してからiTunesを操作してみます。

専門ツールでiTunesを修復

  iTunesエラーの修復には、専門的な修復ツールの「Tenorshare TunesCare」が利用できます。特定のエラーコードについて検索する必要もなく、ソフトのメイン画面にある「iTunes同期の不具合解消」ボタンをクリックすれば、必要に応じて自動修復を自動的に実行します。

:iTunes 復元

  他に、「全てのiTunes不具合の解消」をタップすると、より高度な修復作業が行われます。修復中に、破損したソフト関連ファイルの復元を行って、iTunesを最新バージョンにアップデートや再インストールし、最適化にしすることができます。

最後に

  iTunesに不明なエラーが発生した場合は、基本的にiTunes、OS X、Windowsの更新、ウイルス対策ソフトの無効化、USBデバイスやインターネット接続の確認などの方面から対応します。もし、もっと時間や手間を節約できる方法がいいと思うなら、ぜひTunesCaraの修復機能を利用してみてください。

/ Posted by 石原 侑人 to iTunesエラー Follow @石原 侑人