iOS13.2.3にアップデート後iPhoneが勝手に再起動するときの対策

最新のiosにアップデートすると、iPhoneに何らかの不具合が出ることはたまにあります。特にiOS13.2.3にアップデート後iPhone勝手に再起動するという現象は、多くのユーザーから報告されています。何もしていないのに、急に画面がロックしたりシャットダウンしたりして、再起動をするのです。iPhone勝手に再起動するというのではなく、何回も繰り返し再起動することもあり、壊れてしまったのではないかと心配になるほどです。これはiosアップデート後の不具合ということで、スマホ側ではなくシステムの方に問題がありますので、設定によって回復可能です。

iPhoneが勝手に再起動するときの対策

1.iPhoneの全ての設定をリセット

アップデート後iPhone勝手に再起動という問題では、ちょっと設定をいじるだけで回復することはあまりなく、ios13のアップデート自体をキャンセルもしくは復元する必要があるケースが多いです。そのため、いろいろやっても直らないという時は、ios13のすべての設定をリセットする必要があります。

すべての設定をリセット

2.iTunesで復元する

もう一つの方法は、必要なスマホ内のデータをバックアップして、iTunesで初期化します。

  • ステップ 2スマホを認識された後、アイコンをクリックし、「概要」の「アップデートを確認」をクリックする。

    iTunesでiPhoneを初期化
  • ステップ 3スマホを認識された後、アイコンをクリックし、「概要」の「アップデートを確認」をクリックする。

    iPhoneを初期化する

3.iOS修復ツール(ReiBoot)で復元する

アップデート後の不具合によってiPhone勝手に再起動という問題で復元が必要になる場合、Tenorshare ReiBootという修復ツールがとても使いやすく安全です。このツールを開いた状態でiPhoneにつなぐと、不具合やiPhoneの最新の状態を検知して、どんな解決策を採るべきかを診断してくれます。そして、アップデート後の不具合をなくすための作業をしてくれるのですが、入っていたデータを無くすことなく行ってくれるのです。現在ReiBootでは無料試用できます。

  • ステップ 1 ReiBootをインストールされているPCでiPhoneを接続する

    iPhoneをPCに接続
  • ステップ 2三番目のあらゆるiOS不具合を解消の項目を選択する

    あらゆるios不具合を解消」を選択
  • ステップ 3修復開始ボタンを押して、指示通りに行く

    「修復開始」をクリック

簡単の手順でiPhoneの不具合を修復できます。iPhoneが勝手に再起動のトラブルだけではなく、リンゴループやフリーズ、突然死などの問題も修復できます。

まとめ

ios13にアップデート後の不具合では、iPhone勝手に再起動という問題があり、システムの復元や初期化が必要になることが多くなります。しかし、初期化などの作業では、iPhoneに入っていたデータがすべて失われてしまうなどのデメリットもあります。その点、アップデート後の不具合を修復するための優れたツールであるReiBootを使えば、データを保存したまま作業ができるなどのメリットがあります。しっかりと問題の直接的な原因を診断して修復してくれますので、無駄のない作業ができるのが魅力です。

  最終更新日 2019-12-26 / カテゴリ  iOS 13

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 votes, average: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください