iPhoneのiOS 15更新中「support.apple.com/iphone/restore」が出た時の対処方法

iPhoneの画面が真っ黒?よく見ると画面の上方に白い文字で「support.apple.com/iphone/restore」と表示されている…。皆さんは、こんな画面を見たことはありますか??これはリカバリーモードと呼ばれる復元画面なのですが、アップデート中に表示されるとアップデートが失敗したことを意味する怖しい画面です。この記事では、iOS 15/15.1/15.2の更新中にリカバリーモードが出た時の対処方法をお伝えします。

対処1:iOS デバイスを強制再起動する

強制再起動とは、通常の再起動と違いシステムを正しく終了する手順を踏まずに電源をオフにすることです。iPhoneがリカバリーモードのまま作動しないなど、やむをえない時に利用します。iPhoneの機種により、強制再起動の方法は違います。以下をご参照ください。

iPhone 8以降

  • 音量アップボタンを押してすぐ放します。

  • 音量ダウンボタンを押してすぐ放します。

  • 画面にリンゴマークが出るまで、サイドボタンを長押しします。

iPhone7 /iPhone7 Plus

  • 画面にリンゴマークが出るまで、音量ダウンボタンとサイドボタンを同時に長押しします。

iPhone6s 以前

  • 画面にリンゴマークが出るまで、サイドボタンとホームボタンを同時に長押しします。

  • iPhone 強制再起動

対処2:iTunesでiOS 15を再インストールする

「support.apple.com/iphone/restore」と表示されているiPhoneをパソコンと繋げ、iTunesを利用してiPhoneにiOS 15を再インストールできます。

  • USBケーブルでiPhoneをパソコンに接続します。

  • iTunesを起動します。iPhoneに「このコンピューターを信頼しますか?」と出たら「信頼する」をタップします。

  • 画面左上にあるiPhoneボタンをクリックします。

  • 「概要」を選び、「更新」をクリックして、再度「更新」をクリックします。

  • 「iPhoneソフトウェア更新」の内容が表示>「次へ」を選択します。

  • 「使用許諾契約」が表示>「同意します」を選びます。

  • ダウンロードが始まり、完了後アップデートが開始されます。

    iPhone 復元

対処3:専門的なソフトでiPhoneを復元画面から脱出する

iPhoneの復元画面から専門的なソフトを使って脱出できます。ReiBootの「リカバリーモードを解除」機能は無料で利用できるので、今回はReiBootについて紹介していきますね。

リカバリーモードからの復元は、iTunesを使ってiPhoneを工場出荷時の状態に戻すことが通常の方法ですが、iPhoneのデータは全て消えてしまいます。そこで大活躍するのがReiBootの「リカバリーモードを解除」機能です。ワンクリックでiPhoneのデータを消すことなく、リカバリーモードから復元できます。

  • iPhoneをパソコンに接続します。

  • 「リカバリーモードを解除」をクリックします。

  • iPhoneがリカバリーモードから解除されると自動的に再起動します。

    iPhoneリカバリーモードを解除

対処4:iTunesの復元機能を使って、iPhoneを工場出荷時の状態に戻す

iPhoneがリカバリーモードのまま更新が進まない時に通常取られる方法です。iTunesの復元機能を使って、iPhoneを工場出荷時の状態に戻すやり方をお伝えします。

iPhoneを工場出荷時の状態に戻すとは、お使いのiPhoneを初めて手にした時と同じ状態にするということです。したがって、iPhoneのデータはすべて削除されるので注意しましょう。

  • USBケーブルで、iPhoneをパソコンに接続します。

  • iPhoneアイコン>「概要」をクリックして、「復元」を選択します。

  • プロンプトウィンドウが再びポップアップし、「復元とアップデート」を選択します。

  • しばらくすると、iPhoneが復元されます。

    iPhone 復元とアップデート

補足:専門的な修復ソフトでiOSシステム不具合を解消できる

iPhoneがリカバリーモードのまま、更新が進まないなどの場合は、ReiBootを使用すれば、iOSアップデートの失敗でリカバリーモードに陥ってしまった場合のみならず、パソコンでiPhoneが認識されない、画面がフリーズしたまま動かないなど様々なトラブルを解決できます。

無料でリカバリーモード解除機能が使えるとお伝えしたReiBootですが、実は機能性の高い修復ソフトです。ReiBootのリカバリーモード解除を試しても不具合が解消されない場合は、原因が複雑だと推測されます。そんな時はReiBootのiOSシステム修復モードを試してみてください。

  • 純正AppleのUSBケーブルを使って、iPhoneをパソコンに接続します。

  • iPhoneが認識されたら、「あらゆるiOS不具合を解消」の下側にある「開始」をクリックします。

    iPhoneをPCに接続
  • 「普通モード」を選択して、「ダウンロード」を押してファームウェアを読み込みます。

    iPhoneの不具合を修復
  • ダウンロード完了後「普通モードを開始」をクリックしてiOSシステムの修復を始めます。

    普通モードを開始
  • 修復には10分ほどかかります。修復完了後、iPhoneが再起動されます。iPhone内のデータを消さずに修復してくれるので、安心してください。

まとめ

iPhoneがiOS 15へアップデートするときに、「support.apple.com/iphone/restore」が出た時の対処方法を5つ紹介しました。その中でもReiBootなら、無料でリカバリーモードの解除が試せます。さらに、iPhoneのデータを消すことなく不具合の解消を試せるのも嬉しいポイントですね。手間をかけずに早期に「support.apple.com/iphone/restore」と表示される不具合を解決してiOS 15を楽しみたいなら、まずはReiBootを試してみるといいかもしれません。

データを失うことなくフリーズ状態を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • iPhone14/iPhone14 Plus/iPhone14Pro/iPhone14Pro MaxおよびiOS 16/iPadOS 15.7に対応

  最終更新日 2022-04-19 / カテゴリ  iOS 15

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 票、平均: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください