iOS 17活用法

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

【2024年最新】iPhoneがリンゴマークのまま【リンゴループ】消えない場合の原因と直し方

iPhoneを使用していると突然、画面がリンゴマークになりその状態から進まなくなった経験はありませんか?この現象はリンゴループと言えます。 今やiPhoneは日常生活のありとあらゆる場面で活躍しているので、使えなくなると困る方も多いのではないでしょうか。 本記事ではiPhoneがリンゴマークのまま消えない【リンゴループ】場合の原因と直し方について詳しく紹介いたします。

Part 1、iPhoneがリンゴマークから進まない【リンゴループ】の原因は何ですか?

ここからはiPhoneがリンゴマークのまま進まない原因を4つご紹介いたします。

原因1、一時的なiOSソフトウェアの問題

一時的なiOSの不具合が発生していると様々な不具合が生じる可能性があります。 こちらは突発的な不具合になるのでいつ誰にでも起こりうる不具合です。

原因2、iOSアップデートによる不具合

最近iOSのアップデートをしませんでしたか? iOSのアップデートが失敗した際にソフトウェアに不具合が発生しリンゴマークのまま動かなくなる場合があります。

原因3、iPhoneのマザーボードに問題がある

iPhoneのマザーボードに不具合があるとリンゴマークのまま動かなくなる場合があります。 マザーボードとはiPhoneの心臓部分と言っても過言ではない基盤のことです。 このパーツに不具合があるとiPhoneは正常に動かなくなります。

原因4、iPhoneのバッテリーの劣化

iPhoneのバッテリーの劣化が原因で正常に起動することができず、リンゴマークのまま動かなくなる場合があります。 起動に必要な電力を供給できなくなっている場合が多いです。

Part 2、iPhoneリンゴループの直し方は?専門的なiOS不具合修復ソフトをお勧め

iPhoneがリンゴマークのまま動かない直し方について、まず紹介するのはReiBootという専門ソフトを使う方法です。Reibootはリンゴループ、リカバリモードやブラックアウトなど150以上のiOS/iPadOS/tvOSシステム故障を修復できるソフトで、操作方法も簡単で、誰でも利用可能です。特に、iPhoneユーザーにとって、iPhoneリンゴループの原因を特定し、正しい対処法を取るのはきっと難しいでしょうか。でも、Reibootを使うと、その不具合を自動的に診断し、修復できます。ReiBootの普通モード修復を利用すれば簡単にiPhoneのデータに影響を与えることなく「リンゴループのまま起動しない」という不具合を修復可能です。

  • ReiBootを起動してiPhoneを接続したら「開始」をクリックします。

    iphone リンゴマーク 消えない
  • 「普通モード」を選択します。

    iphone リンゴマークから進まない
  • 「ダウンロード」をクリックしてファームウェアを読み込みます。

    iphone リンゴ マーク の まま
  • 「普通モードで修復開始」をクリックします。

    iphone リンゴマーク 動かない

Part 3、iPhoneがリンゴマークのまま動かない場合のほかの対処法6つを紹介する

上記では、専門ソフトを使ってリンゴマークのまま動かない問題を修復する方法を解説しました。でも、ほかの修復方法もあります。ここからはiPhoneがリンゴマークのまま動かない場合のほかの対処法を6つご紹介します。

対処1、リンゴループを放置したまま放電する

リンゴループの状態でも電力は使っています。ですので、リンゴループのまま放置しておくと充電がどんどん減っていき、最終的には放電し動かなくなります。 その状態でもう一度充電をして起動させることで改善される場合があります。

対処2、SIMカードを抜いて再起動する

SIMカードの読み込みに不具合がある場合にリンゴマークのまま起動しなくなる場合もあります。この原因に対して、SIMカードを抜いて再起動してみてください。

  • Step1:SIMカードを抜く

  • Step2:電源を入れ直す を試してみてください。 これで正常に起動する場合があります。

  • iphone リンゴ マーク の まま

対処3、iPhoneを強制的に再起動する

iPhoneを再起動することで改善される場合もあります。しかし、この方法はシステム崩壊を引き起こす恐れがあります。

  • Step1:音量を上げるボタンを押してから素早く放します。

  • Step2:音量を下げるボタンを押してから素早く放します。

  • Step3:サイドボタンを押さえたままにします。

  • Step4:Appleロゴが表示されたら、サイドボタンを放します。

  • iphone リンゴ マーク の まま

対処4、iPhoneを最新のiOSにアップデートする

バッテリーの劣化が原因で画面が白くなっている場合には、バッテリーの交換が必要になります。iPhoneのバッテリーを交換してくれるお店がありますが、価格など事前にリサーチしてから依頼するといいでしょう。

  • Step1:iOS Developer ProgramでアップデートするiPhoneを登録します。

  • Step2:iPhoneをPCに接続し、iTunesを起動します。

  • Step3:スマホアイコンをクリックして「概要」を選択します。

  • Step4:「Option」キーを押しながら「アップデートの確認」をクリックします。

  • Step5:「ダウンロードしてアップデート」をクリックします。

    iphone リンゴ マーク の まま

対処5、リカバリモードにしてiPhoneを復元する

リカバリーモードにしてiPhoneを復元することで改善する場合があります。 復元した場合iPhoneは工場出荷状態に戻るので、バックアップを取っていないデータに関しては消えてしまうので注意が必要です。

  • Step1: iPhoneをパソコンに接続して、iTunesを開きます。

  • Step2: スマホアイコンをクリックします。

    iTunes 開く
  • Step3: 概要を選択して「iPhoneを復元」をクリックします。

  • iPhoneを復元

対処6、修理業者に連絡して専門家の助けを借りる

スマホ修理業者にみてもらう事で改善される場合があります。 例えばバッテリーの不具合が原因の場合は、バッテリー交換で改善される可能性があります。 その他にも改善策があるかもしれないので相談してみるのも良いでしょう。

iPhoneがリンゴマークのままに治らないについてよくあるご質問

質問1、アイフォンのリンゴマークが消えないのはなぜですか?

アイフォンでリンゴループが発生する主な原因は以下のようなことが考えられます:ソフトウェアの不具合、ハードウェアの故障、iOS アップデートの影響、設定やデータの問題アプリの設定ファイルや保存データの破損が原因で、起動時にループが発生する場合があります。 iCloud など外部サービスとの同期トラブルも要因の一つです。 リンゴループの解決には、ソフトウェアのリセットやハードウェアの修理など、状況に応じた対応が必要になります。原因を特定し、適切な修復作業を行う必要があります。もし上記の方法いずれも解決できない場合、ReiBootの利用をおすすめします。

まとめ

iPhoneがリンゴマークのまま消えない場合の原因と対処法を紹介しました。 様々な原因が考えられますので本記事で取り上げた原因と対処法を1つずつ確認してみてください。 iOSアップデートの問題やソフトウェアの不具合であればReiBootの普通モード修復を利用するとiPhoneのデータに影響を与えることなく対処できます。

関連記事: 絶対治る?iPhoneが起動しない・画面が真っ暗になる原因と直し方を紹介する

データを失わずにiPhoneフリーズ不具合を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでiPhoneのリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • すべてのiPhone・iPad、最新のiOS 18 BetaとiPadOS 18 Betaに対応