iTunesエラー0xE8000015:iPhone/iPadに接続できない時の対策

iTunesエラー0xE8000015につて

  iPhoneやiPadではパスコードを11回も間違えるとロックされて操作不可能になってしまいます。しかし、iTunesに接続して初期化しようとしたら、画面に「このiPhone/iPadに接続できませんでした。不明なエラーが発生しました(0xE8000015)」というエラーが表示されました。

iTunesエラー0xE8000015

  簡単に言うと、それはパスコードを解除できないiOSデバイスがiTunesに認識されない時に発生するエラーです。それでは、iTunesでiPhone、またはiPadエラー0xE8000015が発生した場合の対処法について紹介します。

iPhoneエラー0xE8000015が出た時の対処法

iTunesエラー0xE8000015を修復

   パスコードロックを解除できないiPhoneをiTunesに接続すると、エラー0xE8000015が表示される場合は、iTunesを修復することによってエラーを解消することが可能です。

  iTunesエラー0xE8000015が表示される場合は、まずiTunesを最新バージョンであることを確認してください。

  ① iTunesを起動して、メニューバーで「ヘルプ」→「更新プログラムを確認」の順にクリックします。

  ② 「最新バージョンにインストールしますか?」というメッセージが表示されたら、指示通りに更新を確認して最新版のiTunesインストールします。

  iTunesを最新バージョンにアップデートした後、やはり症状が改善されない場合は、iTunes修復ソフト「Tenorshare TunesCare」を使ってiTunesの不具合を解消、及び再インストールすることをオススメします。それでは、iTunes修復ツール「TunesCare」を利用した対処法を紹介します。

  1:TunesCareを起動して、「全てのiTunesの不具合の解消」をクリックします。

iTunes不具合を解消

  2:「iTunesのエラーを修復する」をクリックして、iTunesドライブをダウンロードします。

iTunesをダウンロード

  3:ダウンロード完了後、TuneCareは自動的にiTunesを修復します。修復が完了するまでお待ちください。

iTunesをダウンロード

  これで、エラー0xE8000015が解決されるはずです。何度も試してもiTunesに接続できない場合、またエラー0xE8000015を回避してiPhoneのパスコードを解除できる簡単な方法があります。

「Tenorshare 4uKey」を使ってiTunesエラー0xE8000015を回避

  上記の方法を利用してもiTunesに接続できない問題が解決しない場合、「Tenorshare 4uKey」を使ってエラー0xE8000015を回避し、数分でアイフォンのパスコードを突破することができます。

ステップ 1:4uKeyを起動して、ロックされたデバイスをPCに接続

  画面にある「開始」ボタンをクリックして、ロック解除に必要な最新iOSソフトウェアを取得します。

iPhoneをパソコンに接続する

ステップ 2:iPhoneを初期化して、パスコードを削除

  iOSソフトウェアがダウンロードできたら、「今すぐ解除」をクリックして、iPhoneの初期化を開始して、パスコードを削除します。

アイフォンのパスコードを解除

  この方法では、iTunesエラー0xE8000015が発生することもなく、簡単にアイフォンのパスコードロックを解除することができます。

最後に

  iTunesで接続中にiPhone/iPadエラー0xE8000015が発生、また復元中に他のエラーコードが表示される場合、上記の方法を利用してとんどの不具合を直すことができます。また、どうしでも修復できない場合は、「Tenorshare 4uKey」を使えばロックされたデバイスを復活できますので、ぜひご参考にしてください。

4uKey
Tenorshare 4uKey
iPhoneのパスコードロックを素早く解除
  • 安全かつ効率的にiPhone・iPad・iPodのパスコードロックを解除可能(100%成功)
  • 4桁や6桁の数字コード、Touch ID/Face IDまたはカスタムの英数字コードなど各種パスコードに適用
  • 全てのiPhone・iPad・iPodをサポート(iPhone XS/XS Max/XRを含む)

/ Posted by 山崎 あずさ to iTunesエラー Follow @山崎 あずさ