パスコードを忘れたiPhoneを初期化する方法

iPhoneのパスコードを忘れた場合、基本的には初期化をする方法を取る形になります。実行することによって現在のパスコードが削除されて、設定し直すことが可能になるのです。ただ、初期化にいたるまでのルートは複数あります。それぞれの違いを理解して、ストレスなく作業を完了させることができる方法を選択したほうがいいでしょう。

iPhoneのパスコードを忘れるとどうなる?

どこかにメモを取っておいていない場合、思い出せる見込みは薄いといわざるを得ません。自分で正解を予想して繰り返し間違えるというやり方をしていると、まずいことになってしまいます。

iPhoneの設定で、Touch IDとパスコードまたはFace IDとパスコード内にあるデータを消去が有効にしている人もいるでしょう。この場合、繰り返しパスコード入力を失敗すると、デバイスのデータが完全に削除されます。新しいパスコードは再起動後に設定し直すことが可能です。

データを消去が無効になっている場合、繰り返しパスコードの入力を間違えると、ロックアウトしてしまいます。こうなると、iPhone単独での初期化を実行することができません。iTunesを使用するなどする必要性が出てくるのです。

なお、パスコードを忘れる前にバックアップを取得していなければ、iPhoneのデータを保存する手段はありません。デバイスを消さなければならず、データと設定内容は全部失われることになります。

パスコードを忘れたiPhoneを初期化する2つの方法

パスコードを忘れたiPhoneをリカバリーモードで初期化

パスコードを忘れてしまい、データを消去が有効になっていない状態で繰り返しの入力ミスをし、ロックがかかってしまったとしましょう。その場合には、リカバリーモードを使ってiPhoneを初期化することによって、問題の解決を図れます。やり方は下記のとおりです。

ステップ1.iPhoneとPCを付属のケーブルでつなぎ、iTunesを開きます。

ステップ2.iPhoneをつないだ状態で強制再起動します。(※ モデルによって方法が違いますので、事前に確認しておいたほうがいいです。)

ステップ3・iTunesで「復元」または「アップデート」を選択するようなメッセージが表示されたら、「復元」をクリックします。

これで、iPhoneが初期化されます。復元が完了するまでしばらく時間がかかりますのでそのまましばらくお待ちください。完了すれば設定し直すことが可能です。

iPhoneをリカバリーモードから復元する

パスコードを忘れたiPhoneをReiBootで初期化

iPhoneのパスコードを忘れた人が、何度も入力を失敗してロックがかかってしまった場合、iOS修復ツールを試してみる選択肢もあります。「Tenorshare ReiBoot」という、初心者に最適な操作が簡単なソフトをダウンロード・インストールして使ってみることで、解決する可能性があるでしょう。iTunesと比べて、動作が安定していると評価されています。さっそく手順を見ていきましょう。

まずは、ReiBootをお使いのMacやWindowsパソコンにインストールしてください。

ステップ1.PCとiPhoneを付属のケーブルでつなぎ、ReiBoot側の画面上で右上のメニューボタンをクリックして「iPhoneを工場出荷状態に戻す」を選択します。

iPadを初期化

ステップ2.「修復開始」をクリックして、ファームウェア情報を確認してダウンロードを選択します。

iPadを初期化

ステップ3.ダウンロード完了後、「今すぐ修復」を選択してiPhoneの初期化作業が開始しましょう。

iPad 初期化

初期化が終わればiPhoneは再起動され、初期設定が行えます。

パスコードを忘れた場合にiPhoneを初期化する方法はいろいろありますが、中でもiPhone強制初期化ソフトTenorshare ReiBootがおすすめです。

ツール上からリカバリモードに入ることもできますし、複数の解決方法を試せる点も魅力といえます。多種類のiOS不具合に対処できるため、入手しておいて損はないでしょう

  最終更新日 2019-10-25 / カテゴリ  iPhone初期化

(クリックしてこの記事へコメント)

(0 votes, average: 5.0 out of 5 )

この記事についてのご意見、ご感想をお寄せください