必見!iPhoneをリセットする方法まとめ

  iPhoneの初期化を行う必要に迫られた際に、どうすれば良いか困ってしまう人は少なくありませんね。実際のところ複数の方法がもありますが、異なる手順を踏む必要があり、どれがベストなのか迷ってしまうのもうなずけます。

  今回の記事は、スムーズに初期化作業を完了させることができるよう、実行方法別の手順・ポイントについてまとめました。iPhoneを初期化するのに失敗しないために、以下の内容を参考にしつつ実践することをおすすめします。

パート1:パソコンがない場合のiPhone初期化方法2選

  ロック解除や譲渡・売却、不具合修復などの原因でiPhoneを初期化したいですが、端末本体だけを持っていてPCを持っていないため、パソコンを使わずにiPhoneを初期化する方法を探している人はたくさんいますね。

  それではまず、パソコンがない場合のiPhone初期化方法を紹介していきます。

方法1:iPhone自体で初期化を行う

  iPhoneの本体を使用して初期化を行うのは一番簡単なパターンです。設定アプリでとくに複雑な操作をすることなく、簡単に済ませることができます。

ご注意:失いたくないデータに関しては、初期化を実行する前に忘れずにバックアップを取得しておきましょう。また、アクティベーションロックを解除しておくのも重要なので、「設定」>「ユーザー名」>「iCloud」の順に進み、「iPhoneを探す」がオフになっていることをご確認ください。

  ステップ1:iPhoneのホーム画面上から設定アプリを起動させ、「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順に選択していきます。

  ステップ2:iPhoneのパスコードを入力して、「iPhoneを消去」を選択し、再度表示される確認画面でも「iPhoneを消去」をタップします。

iPhoneを消去

  上記のステップを踏んでiPhone初期化を実行することで本体が再起動し、全部のデータが消え、設定がデフォルトに戻ります。

方法2:iCloudを使ってiPhoneの初期化を行う

  二番目に紹介するiCloudを使った方法は、パソコンとデバイス両方とも持っていない場合のiPhone初期化対策です。ただし、この方法は、「iPhoneを探す」が有効になっている状態しか利用することはできません。手順は以下のとおりです。

  ステップ1:タッブレトや別のスマホのブラウザで「icloud.com」にサインインして、メイン画面で「iPhoneを探す」を選びます。

iPhoneを探す サインイン

  ステップ2:画面上部の「iPhone」から初期化したiPhone選択して、「iPhoneを消去」をクリックします。

iPhoneを消去

  この操作によって、iPhoneは初期化されることになります。あとでiCloudからiPhoneの復元を実行して、新しいデバイスとして設定が可能です。

  パソコンがない場合のiPhone初期化方法に関する説明は、ここまでです。続いては、パソコンを使ってiPhoneを初期化する方法を確認していきましょう。

パート2:パソコンが必要とするiPhone初期化方法2選

  パソコンを利用してiPhoneを初期化する方法はたくさんありますが、ここでは、最も利用されている二つの方法をご紹介したいと思います。

iTunesを使ってiPhoneの初期化を行う(公式)

  iTunesを使ってiPhoneを初期化のは、Apple公式的な対策です。この方法を実行するにあたって、「iPhoneを探す」機能を無効にしなければいけませんので、要注意です。それでは早速やり方を見ていきましょう。

  ステップ1:iTunesを立ち上げてiPhoneとPCを付属ケーブルでつなぎ、左上の「iPhoneアイコン」>「概要」を選択します。

  ステップ2:接続した状態のまま、手動でiPhoneをリカバリーモードにします。(*iPhoneをリカバリーモードにする方法をチェック>>

  ステップ3:iTunesで下のウインドウが表示されたら、「復元」ボタンをクリックします。これで、iPhoneの強制初期化が行われます。

iTunesでiPhoneを強制的に初期化する

  iTunesを使った初期化方法は基本的に無事解決可能ですが、操作が少し複雑でエラーが時々発生するのでちょっと使いにくいなどの評価もあります。複雑な操作や処理中のエラーを避けるため、もう一つ安全かつ100%成功できる方法をご紹介したいと思います。iTunesよりずっと簡単で、初心者の方でも安心して利用できます。

初心者必見!iOS修復専門家を使ってiPhoneの初期化を行う

  iOS修復専門家「Tenorshare ReiBoot」を使ってiPhoneを初期化するのは、一番効率で簡単な方法です。なお、iPhoneをリカバリーモードに突入させる必要もなく、直感的に誰でも簡単に使える操作性とiOS修復機能に優れた点が魅力です。さっそくですが、まず下記よりソフトをPCやMacにインストールしましょう。

  ステップ1:ソフトを起動させて、初期化したいiPhoneをPCに繋ぎ、基本画面右上に表示されている三本線のマークをクリックして「iPhoneを工場出荷状態に戻す」を選択します。

iPhoneを工場出荷状態に戻す

  ステップ2:「修復開始」をクリックして、次の画面に最新のファームウェアが検出されたら、ダウンロードします。

ファームウェアをダウンロード

  ステップ3:ダウンロード完了後、「今すぐ修復」をクリックしてiPhoneの初期化作業を開始しましょう。

iPhone 画面ロックを解除

  あとはそのまま処理が完了するまでしばらくお待ちください。そして、途中にPCからiPhoneを外さないように気を付けてください。

まとめ

  以上は、確実に成功できる4つのiPhone初期化方法です。ご利用状況に合わせて、最適な方法をお選びください。

  ただ、初期化作業を実行したことがない初心者の方であれば、簡単操作で確実に成功できるiOS修復ツールTenorshare ReiBootがおすすめと言えるでしょう。iPhoneの初期化以外、画面フリーズや電源が入らない、リンゴループなど様々なiOSトラブルにも対応できますので、いざという時に是非お試しを!

ReiBoot
Tenorshare ReiBoot
あらゆるiPhone不具合を解消・iOS 12トラブルもバッチリ!
  • リカバリモードをワンクリックで起動・解除可能
  • リンゴループや起動障害をはじめ、50種類以上のiOS不具合に対応可能
  • データを消去せずにiPhone・iPad・iPodを様々なフリーズ状態から救出可能
お役に立ちましたか?

/ Posted by 山崎 あずさ to iPhone初期化 Follow @山崎 あずさ