iOS不具合修復

製品の使い方まだ質問がある場合

お問い合わせ

iOS 18 beta アップデート後に iPhone がAppleロゴで動かなかった問題の解決策

まったく新しい iOS 18 beta のリリースに伴い、最新機能を楽しむために iPhone や iPad をアップデートする人が増えていますが、インストールプロセスも若干異なるため、ユーザーはアップデート中に間違いを犯し、問題に直面することになります。たとえば、iOS 18 beta が Apple ロゴで動かなくなった 問題は、専門家だけが修正できる大きな問題のように見えますが、この記事が提供する適切なツールを使用すれば、ユーザーも修正できます。 Apple ロゴが表示されない問題を解決するための 5 つの使いやすい方法をまとめた、シンプルで効果的なガイドです。これにより、ユーザーは問題を心配することなく新しい iOS にアップデートできます。

Part1: iOS 18 beta アップデート後に iPhone が Apple ロゴで動かなくなったのはなぜですか?

アップデートをインストールした後、iOS 18 beta が Apple ロゴで動かなくなった一般的な理由がいくつかあります。iDevice でシステム アップデートを行う場合は、バッテリーが 50% 以上残っていることが必須です。強制的な再起動は、アップデートとデバイスに影響を与える可能性があります。ほとんどの場合、ユーザーがアップデート プロセス中に誤って再起動すると、デバイスが Apple ロゴで停止します。

iTunes経由で iOS をアップデートする場合、ケーブルの欠陥や充電ポートの損傷により、同様の問題が発生する場合もあります。また、不安定なインターネット接続や互換性の問題により、ダウンロードが不完全になる場合もあります。デバイスを Apple ロゴの上に貼り付けます。

Part2: iOS 18 beta が Apple ロゴで動かなくなった問題の修正方法ベスト5

「アップデート後に iOS 18 beta が Apple ロゴから動かなくなる」問題を解決するための信頼性が高く使いやすい方法をすべて紹介します。指定された手順に従って、確実な解決策をそれぞれ試してください。

解決策1: インターネット接続とサーバーのステータスを確認する

不安定またはインターネット接続が切れたことが原因で、更新が正常に行われないことがあります。また、ユーザーが新しいiOS 18 betaに更新しようとしたときにAppleのサーバーが利用できない場合にも発生することがあります。デバイスは更新が完了したことを示していても、Appleロゴ画面でフリーズしてしまうことがあります。

他のデバイスでインターネット接続を確認してみてください。問題がなければ、コンピュータや別のスマートフォンでウェブブラウザを開いてサーバーステータスを確認してください。Appleのシステムステータスの公開ページはこちらです。

解決策2: 十分なバッテリーと充電を確保

ソフトウェア更新後にiPhoneがAppleロゴでフリーズしている場合、バッテリー不足が原因である可能性があります。AppleはiOSの更新を始める前に、少なくとも50%のバッテリーバックアップを持つことを推奨しています。このプロセスは完了するまでに時間がかかることがあるためです。デバイスを充電し、電源を入れてみることでこの問題を簡単に解決できます。

解決策3: iPhoneを強制再起動

デバイスを再起動することでiOS 18 betaがAppleロゴでフリーズする問題を解決できる場合があります。iPhoneやiPadがフリーズしている場合でも再起動する手順は以下の通りです。

解決策4: iPhone をリカバリモードにする

不完全なアップデート後に iPhone が Apple ロゴ iOS 18 beta のままになった場合、それを修正する最も簡単な方法は、デバイスをリカバリモードにしてすべてのデータを消去することです。そのため、デバイスをアップデートする前に必ず元に戻してください。 Tenorshare ReiBoot を使用すると、動かなくなった iPhone をリカバリモードにできます。以下の手順に従って無料でダウンロードしてください。

  • デバイスがAppleロゴでフリーズしている場合、電源ボリュームボタンで強制再起動する必要があります。両方のボタンを同時に押して画面が暗くなるまで待ちます。

    iPhone リカバリーモード
  • その後、Appleロゴが表示されるまで電源ボタンを押し続けて再起動を試みてください。
  • USBケーブルを使って媒体をコンピューターに接続します。

    普通モードをクリック
  • 画面の「リカバリモードを起動」をクリックします。

    普通モードをクリック
  • 端末がリカバリモード状態になると「iTunesに接続」が表示されます。

    ダウンロード クリックします

解決策5: DFU モードに入る

デバイス ファームウェア アップデート モードまたは DFU では、新しいコードを記述することで不完全な iOS アップデートを修正できます。これを入手したら、MFI 認定ケーブルを PC に接続する必要があります。

  • 音量を上げるボタンを押してすぐに放します。音量を下げるボタンも同様に操作します。
  • 黒い画面が表示されるまで電源ボタンを押し続け、次に音量を下げるボタンも押し続けます。
  • 両方のボタンを 5 秒間押したままにして、最初に電源ボタンを放します。音量を下げるボタンは放さないでください。
  • 次に、コンピュータ画面の指示に従います。

    DFU モードに入る

Part3: iOSシステム修復ソフトReiBootでデータを失わずにApple ロゴで動かなくなった問題を修正

iOS 18 beta アップデート後に iPhone がAppleロゴで動かなかった場合に、データを失うことなく修正できるツールが必要な場合は、Tenorshare ReiBootを試してみてください。このツールは、ソフトウェア関連のすべての問題のためのワンストップソリューションであり、iOSを任意のバージョンに安全にアップグレードまたはダウングレードする環境を提供しています。以下は、データを失うことなくiOS 18 betaアップデート後に iPhone がAppleロゴで動かなかった問題を回避するためのデバイスを安全に修正する手順です。

  • ReiBoot for iOSを起動してiPhoneを接続したら「開始」をクリックします。

    開始をクリック
  • 2つの修復モードが表示されるので「普通モード」を選択します。

    iOS18 betaが Apple ロゴで動かなくなった reiboot
  • 「ダウンロード」をクリックしてファームウェアを読み込みます。

    ダウンロード クリックします
  • iPhone不具合の修復を始めます。

    iOS18 betaが Apple ロゴで動かなくなった reiboot

まとめ

iOS 18 beta アップデート後に iPhone がAppleロゴで動かなかった問題の解決方法についてのガイドはここで終了しましょう。最新のiOSバージョンにアップデートする際には、デバイスに十分なバッテリー残量があることとインターネット接続が安定していることを確認することは決して損ではありません。適切にすべてを準備していても、いくつかの問題に遭遇することがあります。今、問題を修正するためのさまざまな方法を試すか、Tenorshare ReiBootのような専門ツールを使ってiOSを一括修正することができます。また、デバイスを無料でリカバリーモードに入れたり戻したりすることもできます。

関連記事: 【随時更新】iOS 18 betaアップデートの不具合と改善方法まとめ

データを失わずにiPhoneフリーズ不具合を復元
  • 【無料・簡単】1クリックでiPhoneのリカバリモードを起動・解除可能
  • 【修復機能満載】 リンゴループ リカバリモード フリーズ 画面が真っ暗などの150以上iOS/iPadOS/tvOS故障をデータを消去せずに修復可能
  • iTunes/FinderなしでiPhone/iPad/iPodtouchをリセット
  • すべてのiPhone・iPad、最新のiOS 18 BetaとiPadOS 18 Betaに対応